MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/11
  • MotorFan編集部

発売前試乗!? モンキー125と「ボアアップした旧型モンキー」を乗り比べ! 新型は約40万円でもお買い得?

4MINI(4ストミニ)カスタム歴20年のバイク系ライターが感じたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ モンキー125がいよいよ7月12日(木)にリリース開始。発売を前に、モーターファンjpでは他媒体に先駆けてモンキー125をストリート試乗。加えて、“キャブレター仕様のモンキー(50cc)を125ccにボアアップ(正確にはボア・ストロークアップ)したチューニング車”との違いを検証してみた。
REPORT●北秀昭(KITA Hideaki) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
125ccエンジンを搭載した原付二種のモンキー125。絶版となった50ccのモンキーやゴリラよりも、二回り大きな車体が特徴。初期ロットは早くも完売との噂。

 パワフルな125ccエンジンを搭載し、ポテンシャルの高い豪華な足周りを備えたモンキー125が登場する! という情報を聞いた時、モンキーカスタム歴20数年の筆者は思わず「う~ん」と唸り、こう思った。

「そんなことしたら、豪快にカスタムする必要がなくなってしまう」と。

 後日、東京モーターショーや東京モーターサイクルショーで参考出品された125ccエンジン、前後ディスクブレーキ、倒立フロントフォーク等を装備したモンキー125を見て、それは確信に変わった。

 モンキーといえば、筆者のように「カスタムしてなんぼ」というイメージを持っている人も多いはず。また、巷には「モンキー=可愛いフォルムの8インチが最高」という“8インチ支持派”も多数存在する。

「125cc化や足周りの強化など、カスタムして楽しい」「8インチのプリティな外観が魅力」のモンキーなのに…。いきなりパワフルな125ccエンジンに加え、強靭な倒立フォークや前後ディスクブレーキを与えられたモンキー125に、果たして「存在意義」はあるのだろうか?
「イジッてなんぼのモンキーなのに、もしも最初から“全部”揃ってたら、面白くなくなるんじゃない?」と、昔ながらのモンキーカスタマーである筆者は素朴に思ったわけだ。

 そんな思いを、先日モンキー未経験者の20代のA君に話した。すると彼は、モンキー125を見て、下記のような感想を述べた。

「モンキー=イジッてなんぼって、一体誰が決めたんですか? マッチョなフォルムのモンキー125は、ノーマルのままでも十分イケテますよ。125ccだからパワーもあるだろうし、50ccと違って公道でも走りやすいはず。ボク的にこのスタイリングは全然OK。むしろ最初から色々揃っていてありがたいです」

 さらにA君は続けた。「イマドキ、イジッてなんぼ、なんて思っている人は、あなた(筆者)のような“一部のコアな人”だけなんじゃないですか。モンキー125の場合、一般の人はノーマルでも十分満足すると思いますよ。特にボクのような世代(20代)は給料も安いから、カスタムにお金は掛けられないし」

 オレを“一部のコアな人”だとぉー! 最近の若者はモンキーのことを何も知らないくせに、生意気を言うなー! と心の中で筆者が怒ったことはともかく。確かに仕事を持って間もない20代や、家庭を持ち奥さんや小さな子供を持つ30代の若い世代は、カスタムに掛けられるお金も限られるだろう。

 平成生まれのA君には理解し難いだろうが、昭和40年前半生まれでバイクブーム真っ只中に運転免許を取得した筆者は、50ccの原チャリを速くすることに「男のロマン」を感じた世代。とはいえ、実際に50ccのバイクを125cc並みに速くしようとしたら、それ相応のお金が掛かる。まずは衣食住が優先。「男のロマン」云々などと言っている場合ではない。

「遅い50ccにお金を掛けて速くするよりも、最初から速い125ccを買って、必要だと思われる箇所のみにお金を掛けたほうが、合理的じゃありませんか(A君談)」

 うーん。その合理的で“実用的な”考えは理解できなくもないが、それじゃあ何となく物足りない……。この感覚の違いは、世代間のギャップ。具体的には、子供の頃から消費=美徳だと刷り込まれた昭和生まれと、高度成長期&バルブ経済時代を知らない節約世代の平成生まれの差、というわけなのか。
 たとえば50ccのモンキーを125cc並みに速くした場合、走行安定性を確保するために足周りの強化も必要だ。その場合、当然さらにパーツ購入費などお金も掛かるわけだが…。

 ここで “一部のコアな人”である筆者の愛車、エンジン&足周りを125cc並みにチューニングしたマシンをご紹介しよう。

モンキー125と50ccから排気量アップした“ゴリラ125”は 「全体に掛かるお金」も大違い?

50ccから125ccに排気量アップしたフルチューン仕様のゴリラ125。筆者の愛車である。

フロント周りやリヤ周りをカスタマイズ。ホイールは8インチから10インチに変更済み。

 ゴリラはモンキーの兄貴分としてリリース。タンクやシート等の一部外装類を除き、ほぼモンキーと共通だ。筆者のゴリラは、ノーマル50ccから125ccにフルチューン。排気量アップのため、シリンダーヘッド、シリンダー、ピストン、キャブレター、クラッチ、ミッション、オイルポンプ、オイルクーラー装備等々、細部まで手が加えられている。ここではゴリラ125(タイトルには便宜上“ボアアップした旧型モンキー”と書きましたが)と呼ぶ。

 排気量アップに伴い、足周りも徹底的に強化も済み。社外ステムに正立フロントフォーク&ディスクブレーキ、社外アルミスイングアーム、スポーツリヤショック、また走行安定性をアップさせるため、ホイールはノーマル8インチから社外アルミ10インチにアップしている。

 これだけカスタマイズするのに、一体いくらかかったのか? ざっくりと試算してみよう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る