MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/15
  • MotorFan編集部

KTMの新型電動バイクは、充電1時間で2時間以上走れる!【EICMA2018/KTM SX-E 5】

【EICMA2018/KTM】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリアのミラノで開催されたEICMA2018(ミラノショー)で、オーストリアのバイクメーカー「KTM」が新型の5モデルを発表。革新的でエクストリームなモデルがラインアップされた。2019年のラインナップの主役として熱望されていたKTMの各モデルを詳しくご紹介しよう。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

「KTM SX-E 5」

KTM SX-E 5

 新開発の電動バイク「KTM SX-E 5」は、KTMの革新的なラインナップの更なる一歩を表現したモデル。若者向けのモーターサイクルでの先駆的な知識と、e-sectorにおける何年もの開発経験を駆使して誕生した。

 KTM SX-E 5 は、高い評価を得ている「KTM 50 SX」がベース。ハイエンドのシャシー、また電動モーターを動力源としているのがポイントだ。

 開発理念はシンプルで、「初心者でも簡単に乗れる、極めてポテンシャルの高いマシン」。

 KTM SX-E 5 は、スポーティな外観ながら排ガスの排出ゼロ、低騒音、最小限のメンテナンスでOKという利点を活かし、若年層にも親しみやすいのが最大の特徴。シート高の調節機能など、利便性の高い機能も盛り込まれている。

 「KTM PowerPack」と呼ばれるバッテリーは、世界各国で使用できる充電器により、充電は約1時間で完了。ストリートでの走行時間は、一般的に2時間以上。常にフルスロットルで走るレース使用時でも、25 分の走行が可能だ。

 KTM SX-E 5 は、小型電気バイクの中ではパフォーマンス、乗りやすさ、安全性のすべてにおいて、高次元で確立しているのが大きなポイントだ。

「KTM 790 ADVENTURE」「KTM 790 ADVENTURE R」

KTM 790 ADVENTURE
KTM 790 ADVENTURE R

「790 ADVENTURE」と「790 ADVENTURE R」は、“ユーザーの声に耳を傾ける”をスローガンに設計・製造。KTMはライダーのための会社であり、ユーザーからのフィードバックとKTM の経験と専門的知識を駆使し、これらの新型モデルを開発した。

 この2 モデルを発表することで、KTM は中排気量トラベル・エンデューロ市場のオフロード走破能力に、新たなベンチマークを打ち立てた。

 790 ADVENTURE は、ライダーの野心と能力をかき立てる、トラベル・エンデューロファンのためのモデル。

 790 ADVENTURE R は、トリッキーな地形を走破しようとするライダーのため、先進技術をつぎ込んだ軽量で俊敏なマシン。

 どちらのモデルも、「790 DUKE」でお馴染みの、799cc LC8c パラレルツインエンジンを搭載。アドベンチャーライディングの特性を踏まえてエンジン回転域をあえて引き下げ、低回転域でのトルク特性を重視しているのがポイント。その結果、スムーズな加速と、十分なパフォーマンスを発揮してくれるのがポイントだ。

 容量20Lの燃料タンクは、450km という航続距離を実現。両モデルは世界トップレベルのアドベンチャーライダーを起用して開発。さらに「Red Bull KTM Rally Factory Racing Team」との連携によって、様々な体格、意思を持ったライダーに対応し、低重心化と乗りやすさを獲得している。
 バーマウントスイッチによって簡単に操作可能なライダーアシスト機能一式と、それに対応したTFT ディスプレイにより、“冒険家”でもあるライダーが様々な状況下で必要とする全ての機能を使いこなすことも可能。

 KTM トラベル・エンデューロのラインアップは、他にも「1090 ADVENTURE R」「KTM 1290 SUPER ADVENTURE S」「1290 SUPER ADVENTURE R」がシャープで大胆なカラーリングに刷新されている。

KTM 1290 SUPER ADVENTURE S
KTM 1290 SUPER ADVENTURE S
KTM 1290 SUPER ADVENTURE R

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る