MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/16
  • MotorFan編集部

日本初お披露目の新型KATANA、ジロジロ眺めて、触って……またがってみた!! 大阪モーターサイクルショー2019【SUZUKI】

このエントリーをはてなブックマークに追加
GSX1100S KATANAのシャープなデザインを継承するが、タンクからシートカウルに掛けてのデザインはかなりコンパクト。小柄な人も楽しめるポジションになっているのだ
昨年秋にドイツのインターモトで発表され、大きな注目を集めたSUZUKIの新型「KATANA」が、大阪モーターサイクルショーの会場で、日本初公開となった。しかも、今回は車両展示だけでなく、実際にまたがってみることもできるのです!
PHOTO●重松浩平/山下博央/山田俊輔 REPORT●山下博央
大阪モーターサイクルショーに搬入される「KATANA」を激写。この数日前に京都でプレス向けの試乗会も行われた。発売は近い?

【速報インプレ】日本初お披露目の新型カタナ、さっそく乗っちゃった!
メーターは今どきの主流となる液晶タイプ。モード切り替えやトラクションコントロールももちろん装備する。

スズキ・カタナ……参考出品

 今年のSUZUKIブースで一番の話題、いや今年のモーターサイクルショー会場内でも最も注目を集めているといっても過言ではないだろう。SUZUKIの新型「KATANA」がついに日本で初公開された。昨年秋にドイツのインターモト(ケルンショー)で展示されて話題となったが、SNSなどでは特に日本のユーザーからの反響が多かったとのことで、今回は展示車両だけでない。

 ブース中央に2台並んだ「KATANA」は、またがることが可能。1台はシルバーのノーマル仕様で、もう1台はブラックとなるが、一部オプション設定予定のパーツが着いた仕様となる。開場して間もなく、またがり希望の来場者で列ができたほどで、時間帯によってはかなり混雑が予想されそうだ。
 著者も列に並んで順番を待つこと5分ほど。待望の「KATANA」にまたがってみると、まずは写真でも分かるように幅が広く、アップライトなハンドルにより、かなり上体が起きたライディング姿勢となる。1980年に登場した「GSX1100S KATANA」のスタイルからすると少しハンドルが高すぎるようにも思えるが、今どきのネイキッドモデルとしては標準的な高さと幅となる。横から見るとわかりやすいと思うが、タンクの全長も短く、ハンドルまでの距離も近いため、バイクにしがみつくようなポジションではなく、積極的に操ってやろう、という意欲をわきたてるポジションで、街乗りからワインディングまで、楽しめそうな1台だ。また、シート幅もスリムなため足着き性も良好で、年齢、体格を問わず幅広いユーザー層が楽しめるポジションになっていると言えるだろう。

 メーターは主流の液晶タイプのメーターを装着し、走行シーンに合わせたモード切り替えやトラクションコントロールも備えている。「KATANA」は日本国内での発売も発表されたが、発売時期などは未定で、今回展示されている車両はすべて参考出品車となる。しかし、実際にまたがれる状態の「KATANA」を展示していることを考慮すれば、発売間近?ということですよね?? 

大阪モーターサイクルショーでは2台の「KATANA」にまたがることが可能だった。ブラックはオプションパーツ装着車だ。
ファンの間では「スズキの聖杯」ともいわれている「湯呑」も2019年バージョンが登場。毎年、大阪モーターサイクルショー、東京モーターサイクルショーで販売されており、開場とともに真っ先に買い求める来場者も多いのだ。なお、インスタ映えする大きな「湯呑」も用意されていた。
SUZUKIのMotoGPマシン、GSX-RRの体感機ももちろん、ありますよ! なお、マシンのカラーリングは2019年カラーなのだ!!

新型カタナの登場でブーム再び! 旧型カタナ カスタム一挙/東京モーターサイクルショー2019・スズキ

【速報インプレ】日本初お披露目の新型カタナ、さっそく乗っちゃった!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る