MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

今もファンが多し! カワサキ KSR110はクラッチ操作不要。クラッチ操作ありの「KSR PRO(プロ)」も選べる! 今でも欲しい隠れた名車「カワサキ KSR110」! 実はクラッチ操作なしだから小型AT免許で乗れる【全カラー&全モデル掲載】

  • 2019/10/19
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真は2007年モデル(ライムグリーン)。

2ストロークエンジンを搭載した攻撃的なモデル、KSR-Ⅰ(49cc)/ Ⅱ(79cc)。排ガス規制によって生産終了となった両モデルに変わり、2003年に登場したのが「KSR110」。クリーンで低燃費な4ストローク111ccエンジン搭載のKSR110は、ストリート、カスタムベース、レースなど幅広く愛されたマルチなモデル。スーパーカブと同じ、左手でのレバー操作を省いた自動遠心式クラッチを採用したKSR110をクローズアップ!
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

モタードルックのスパルタンな外観、パワフルな8.4馬力の111ccエンジン、贅沢な足周りながら、リーズナブルな価格を実現!

2003年(平成15年)登場 カワサキ KSR110

2003年に発売された初期型のKSR110(ライムグリーン)。
初期型のKSR110(ライムグリーン)。
初期型のKSR110(ライムグリーン)。

社外アンダーカウルやアップマフラー等でカスタムしたストリート仕様のKSR110。
 オフロードバイクを可愛くデフォルメした独創的なスタイリングに、本格的なメカニズムを随所に投入したモデル「KSR110」。ミニサイズならではの機動力で、街乗り、通勤&通学、ツーリングまでもこなす、絶版となった今でも人気のマルチパーパスな1台だ。

 コンパクトなボディながら、精悍なフロントフェイスを形成するヘッドライトカウル、レーシーなルックスを演出するボリューム感のあるシュラウド、跳ね上がったテール周りのデザインなど、ストリートに映える、シャープでエッジの効いたスタイリングが特徴。

 フレーム・足周り・外観のベースは、2ストロークエンジンを搭載したKSR-Ⅰ(49cc)/ Ⅱ(79cc)。パワーユニットは、オフロード競技用モデル「KLX110」の4ストロークエンジンをベースとしている。
 
  エンジンは空冷4ストロークOHC単気筒111cc。腰上部分(シリンダーヘッドとシリンダー)をフロントタイヤ方向にレイアウトした、スーパーカブ、モンキー、ゴリラなどのホンダ製モデルと同じ、“横型レイアウト”に設計。

 最高出力は8.4馬力。低回転域から太いトルクを発生させるとともに、優れたスロットルレスポンスを発揮。吸排気の最適化とキャブレターのセッティングにより、排出ガス中の有害成分を抑え、静粛性を高めているのもポイントだ。

 ミッションは、N→1速→2速→3速→4速へとシフトする、独特の「ボトムニュートラル式リターン」を採用。また、クラッチはスーパーカブにも採用の、左手の操作を省いた「自動遠心式(AT小型限定免許で乗車可能!)」を導入。ギアチェンジの楽しさを残しつつ、スタート時や変速時のクラッチ操作は不要として、イージーなライディングを可能としている。

カワサキ KSR110の細部をチェック

レースにも即対応!「KSR110」はゼイタクでスポーティーな機能を、バーゲンプライスにて実現!

ダウンタイプのスポーツマフラーなどでチューンされた、レース仕様のKSR110。
 足周りは、フロントサスペンションにインナーチューブ径Φ30mmの倒立型フォーク。リヤサスペンションは、スタビライザー付き角型スイングアームに、シングルショックを組み合わせた本格的なつくり。

 オンロードパターンのチューブレスタイヤを装着した12インチのホイールには、ローター外径フロントΦ200mm、リヤΦ184mmの油圧ディスクブレーキを装備して、制動時の信頼性を大幅に高めている。

 燃料タンクは7.3Lの大容量を確保。55km/Lという低燃費によって、給油の回数を低減。スピードメーターはホワイトパネル。表示を大きくして視認性を高めるとともに、ニュートラルやターンのインジケーターランプも見やすく配置している。また、キー操作で取り外しができるシート下には、ツールキットとMF(メンテナンスフリー)バッテリーを収納。ダブルシートやタンデムステップなど、タンデム(2人乗り)の走行機能を省き、乗車定員は1名のみ。

 またチューニングにも耐えうる耐久性の高いエンジンや、前後ディスクブレーキや倒立型フロントフォークなど、ポテンシャルは極めて高く、贅沢な機能を与えられながらも、25万円前後というバーゲンプライスを実現したことも魅力の一つ。ライバル車のモンキーやエイプなどに比べ、低予算で、しかも容易に過激な走りを楽しめるのも特徴といえる。

 生産はタイカワサキ。排ガス規制の厳格化によって、日本仕様車は2009年モデルをもって生産終了となった。

初期型のKSR110(エボニーブラック)。
初期型のKSR110(エボニーブラック)。
初期型のKSR110(エボニーブラック)。

KSR110は4速ミッション採用車なのに、AT免許でも乗れるって本当?

左手でのクラッチ操作を省いたKSR110。
 2018年7月に道交法が改正され、110ccスクーターや125ccスクーターなどの原付2種スクーターに乗車できる「普通二輪小型AT限定免許(以下、AT小型限定免許)」は、普通自動車免許を持っていれば“最短2日”で取得可能となった。

 「AT小型限定免許=スクーター専用」というイメージが強いだろう。しかしこの免許は、原付2種のKSR110を始め、スーパーカブ110、スーパーC125、クロスカブ110も運転できるのがポイント。その理由は……

 “AT限定”という言葉は、「ミッション(ギヤ)操作の有無」のことではなく、「左手でのクラッチレバー操作の有無」を意味するものだから。

 そのため、KSR110、スーパーカブカブ110、スーパーカブC125などは、4速リターン式の変速機構ながら、クラッチレバーの操作を省いた「自動遠心式クラッチ」を採用しているため、AT小型限定免許で運転できる。

スーパーカブ110やクロスカブ110は4速ミッションなのに、AT免許でも乗れるってなんで?

「マニュアルクラッチ化」も可能!KSR110はチューニングパーツが豊富だから、イジッても楽しい!

モンキーなど4ストロークミニカスタムのエキスパート「水本レーシング」が製作したKSR110改。ダウンタイプのスポーツマフラーやマニュアルクラッチキットなどを装着。オリジナルペイント済み。

 KSR110は、スポーツマフラー、ボアアップキット、マニュアルクラッチキット、スポーツミッションキット、強化型リヤショック等々、誰でも手軽に装着できる、専用ボルトオンパーツも各種ラインナップ。そのため、絶版後もカスタムベースとして非常に人気が高い。

■スポーツマフラー
 ノーマルよりも“抜け”を良くすることで、潜在的なエンジンパワーを引き出すことが可能。ノーマルと同じ取り回しのアップタイプ、イメージが大きく変わるダウンタイプなど、様々なタイプがある。

■ボアアップキット
 「もう少し(もっと)パワーが欲しい!」という人に最適。KSR110用は125cc、138cc、143cc、160cc、178cc、4バルブバージョンなどがある。

■マニュアルクラッチキット
 左手でのクラッチ操作を省いたノーマルの「自動遠心式」を、「マニュアル式」に変更するキットもリリース。市販のクラッチ付きミッション車と同様、スポーティーでキレのある走りが体感できる。

■スポーツミッションキット
 ノーマルのKSR110は、「ニュートラル・1速・2速・3速・4速」の順でシフトするボトムニュートラル式。これを一般的なスポーツモデルと同じ、「1速・ニュートラル・2速・3速・4速」の順で、しかもスポーティーなギアレシオでシフトできるキット。ノーマルのギヤ比を一部変更した4速ミッションに加え、5速クロスミッションキット、6速クロスミッションキットもラインナップ。

クラッチレバーを装着してマニュアル化されたKSR110改。
SP武川製のマニュアルクラッチキット、5速クロスミッションキット、クラッチカバー、ヨシムラミクニTM-MJNΦ24キャブレター、エアファンネルが組み込まれたKSR110改。
高性能シリンダーヘッド、大口径シリンダー&ピストン、ハイカムシャフト等が1セットになったキタコ製のKSR110用ボアアップキット。
SP武川製のマルチメーターやアルミバーハンドルなどでドレスアップされたKSR110。

マニュアルクラッチ付きのスポーツ仕様 カワサキ KSR PRO(プロ)

KSR PRO(プロ)/ライムグリーン

 左手でのクラッチ操作を省いた「自動遠心式クラッチ」採用のKSR110をベースに、マニュアル式4速リターンミッションを採用した、スポーティーな「KSR PRO(プロ)」。

 前後ホイールはKSR110とは異なる、スポーティーかつ軽量な12インチキャストを装備し、フロントカウルなどの外装も変更。なお、KSR PRO(プロ)をベースに、ダート用タイヤやアジャスター付きリアショックを備えた「KSRダート」もあり。「KSR PRO(プロ)」と「KSRダート」はタイカワサキで生産され、日本にも平行輸入されている。価格は30万円前後(2019年10月現在)。

≪KSR110との主な違い≫
・クラッチレバー付きのマニュアルミッションを採用
・下から1速-N(ニュートラル)-2速-3速-4速の「1ダウン3アップ式」の4段リターンミッションを採用
・最高出力を8.4ps→8.6ps、最大トルクを 0.83kgm→0.88kgmにアップ
・始動方式はキックスターターに加え、セルスターターを装備
・肉抜き処理を施した5スポーク型の12インチキャストホイールを採用
・フロントマスク等の外観を変更
・ホイールベースを1165mm→1170mmに拡大
・全長、全幅、全高、シート高を拡大

 なお、ギアレシオはKSR110もKSR PRO(プロ)も同じ。

1速 3.000(36/12)
2速 1.937(31/16)
3速 1.350(27/20)
4速 1.087(25/23)

KSR PRO(プロ)/エボニーブラック

●KSR PRO(プロ)のSPEC
全長:1725mm/全幅:740mm/全幅:1020mm/ホイールベース:1170mm/シート高:750mm/重量:95kg/燃料タンク容量:7.3L/エンジン形式:空冷4サイクルOHC単気筒111cc/ボア×ストローク:53.0mm×50.6mm/圧縮比:9.5/最大出力:8.6ps/8000rpm/最大トルク: 0.88kgm/6000rpm/点火方式:CDI式/変速機:4速リターン/クラッチ:湿式多板マニュアル式/タイヤサイズ:前後100/90-12

カワサキ KSR110 歴代モデルをチェック

2004/2005年モデル ライムグリーン/ブレイジングオレンジ/シュネーホワイトの3色

2004/2005年モデル ライムグリーン
2004/2005年モデル ライムグリーン
2004/2005年モデル ライムグリーン
2004/2005年モデル ブレイジングオレンジ
2004/2005年モデル ブレイジングオレンジ
2004/2005年モデル ブレイジングオレンジ
2004/2005年モデル シュネーホワイト
2004/2005年モデル シュネーホワイト
2004/2005年モデル シュネーホワイト

2006年モデル ライムグリーン/ギャラクシーシルバー/キャンディサンダーブルーの3色

2006年モデル ライムグリーン
2006年モデル ライムグリーン
2006年モデル ライムグリーン
2006年モデル ギャラクシーシルバー
2006年モデル ギャラクシーシルバー
2006年モデル ギャラクシーシルバー
2006年モデル キャンディサンダーブルー
2006年モデル キャンディサンダーブルー
2006年モデル キャンディサンダーブルー

2007年モデル ライムグリーン/ファイアクラッカーレッド/ブルーの3色

2007年モデル ライムグリーン
2007年モデル ライムグリーン
2007年モデル ライムグリーン
2007年モデル ファイアクラッカーレッド
2007年モデル ファイアクラッカーレッド
2007年モデル ファイアクラッカーレッド
2007年モデル ブルー
2007年モデル ブルー
2007年モデル ブルー

2008年モデル ライムグリーン/エボニーブラック/オリエンタルブルーの3色

2008年モデル ライムグリーン
2008年モデル ライムグリーン
2008年モデル ライムグリーン
2008年モデル エボニーブラック
2008年モデル エボニーブラック
2008年モデル エボニーブラック
2008年モデル オリエンタルブルー
2008年モデル オリエンタルブルー
2008年モデル オリエンタルブルー

2009年モデル(ファイナルカラー) エボニーブラック×ライムグリーン

 国内仕様のファイナルモデル。価格は27万2000円(税込)。外装パーツのカラー変更の他、フロントフォークのアウター部もブラックカラーに変更された。

2009年モデル(ファイナルカラー) エボニーブラック×ライムグリーン
2009年モデル(ファイナルカラー) エボニーブラック×ライムグリーン
2009年モデル(ファイナルカラー) エボニーブラック×ライムグリーン

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ