MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

実用電動バイク「BENLY e:」「GYRO e:」が世界初公開。2020年春に発売予定! ホンダ「10年後の2030年には四輪車の3分の2をEVモデルに」バイクは新型電動スクーターを世界初公開!【第46回東京モーターショー2019】

  • 2019/10/23
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
カンファレンスで今後の方針などを語る、ホンダの代表取締役社長・八郷隆弘氏。

第46回東京モーターショー2019のプレスデーとなる10月29日(水)、ホンダのプレスカンファレンスが午前8時45分より開催。ホンダの代表取締役社長・八郷隆弘氏が登場し、今後のホンダの商品開発に関する展開案や目標を説明するとともに、新開発の電動コミューターを初公開した。
PHOTO/REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

2019年は「MOTO GP」「モトクロス」「トライアル」でシリーズチャンピオンを獲得!2020年も自動車レースの最高峰、F1に参戦!

壇上では、部品の供給不足のために発売が予定より遅れた新型の「フィット(写真右)」も初公開。発売は2020年2月になると発表。写真左は、2020年に国内販売予定の量産電気自動車「Honda E(ホンダ・イー)」。
 2019年の東京モーターショーのブース・コンセプトは、「自分を、もっと連れ出すんだ」。ブースには可能式の大型スクリーンを設置し、モータースポーツの歴史、Honda Jet開発に対する思いや意欲、市販の人気モデルやコンセプトモデルなどを多角的に紹介している。

 プレスカンファレンスの壇上で八郷社長は、時代に即したバイク・クルマづくり=EV(電動)化を推進すると明言。「10年後の2030年には、市販する四輪車の3分の2は、EVモデルという状態に持っていきたい」と語った。

 八郷社長の隣には、2020年に国内販売が予定されているEVモデルの量産電気自動車、「Honda E(ホンダ・イー)」のほか、ビジネス用電動コミューター「BENLY e:」「GYRO e:」も世界初公開。「BENLY e:」「GYRO e:」の両モデルは、2020年春に発売予定としている。

 「BENLY e:」と「GYRO e:」は、ガソリン仕様モデルで培った機能や実用性はそのままに、環境性能と静粛性を高めた画期的な電動バイク。両車とも、着脱式バッテリーの「Honda Mobile Power Pack」を搭載しているのがポイントだ。

 二輪の場合、ホンダはPCXなど、すでにEVモデルを市場に投入。また、その他のメーカーも、様々なEVモデルを市販しているが、現況、EVモデルの“最大のネック”となるのが航続距離。

 この問題をクリアするためには、充電エリアの増加や、充電済みバッテリーの供給方法(例えばガソリンスタンドで充電済みバッテリーが交換できる等)など、EVモデルを利用する際のインフラ整備も急がれるところ。

 また、ホンダは2019年、二輪レースの「ロードレース(MOTO GP)」「モトクロス」「トライアル」において、シリーズチャンピオンを獲得。2020年も引き続き、シリーズチャンピオンを目指してレース活動に推進していくことを発表した。なお、2020年は自動車レースの最高峰、F1にも引き続き参戦予定だ。

第46回東京モーターショー2019 ホンダのブースに注目!

宅配などで活躍する「BENLY」の電動モデル「BENLY e:」。
実用スリーター「GYRO」の電動モデル「GYRO e:」。
「BENLY e:」に搭載の着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」。
充電中をイメージしたEVモデルの量産電気自動車「Honda E(ホンダ・イー)」。

バイクなのにバックもできちゃう! 電動三輪バイク『GYRO e:』が登場【東京モーターショー2019】

 ホンダの新しい電動バイクが、第46回東京モーターショー2019で世界初公開された。ビジネスモデルの三輪スクーターとして活...

あわせて読みたい

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ