MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

林道ツーリングの友、ヤマハセロー250が国内販売終了。FINAL EDITIONは2020年1月15日発売

  • 2019/12/06
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

「セローなら行ける、セローだから行けた」、そんな厚い信頼をライダーから集めてきたベストセラーモデルセロー250にもついにFINAL EDITIONが登場。マウンテントレールの新境地を開拓してきたバイクの最終モデルは初代225のカラーリングをまとって2020年1月15日に発売

ヤマハセローFINAL EDITION……588,500円

 ずっと終わらないものと勝手に思い込んでいた……。トレールバイクの代名詞、ヤマハセロー250が2020年1月15日より発売されるFINAL EDITIONをもって国内の販売を終了する。初代の225から実に35年、他のトレールモデルとはまったく違ったコンセプト「二輪二足」をキーワードにコンパクトな車体、扱いやすいハンドリングで山の奥深くへ溶け込むように入り込んでゆく楽しさを教えてくれたセローはキャンプや林道ツーリング、そして時にはレースやトライアル的な遊びにも駆り出されるオールラウンダーだった。現オーナーはもちろん、今は乗っていなくても、実は過去一度も所有したことはなかったとしても、このバイクに深い愛着を持つライダーの数は多い。そんなバイクがどれだけあるか。それだけに今回のニュースが与える衝撃の大きさは計り知れない。

 なお、最終モデルとなるSEROW250 FINAL EDITIONには1985年に発売された初代セロー225を彷彿とさせるパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)、2つのカラーリングが用意される。価格は58万8500円(税込み)。長きにわたりライダー達に愛されてたセローとあって、もしも「あの時、買っておけば良かったバイクランキング」があるなら、TOP10入り間違いなしの名車だと断言できる。

パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)

復活してほしいバイクNo.1候補(!?)「ヤマハ・セロー」〜誕生からの30年を振り返る〜

2017年は新たな排ガス規制によって、モンキーやズーマー、SR400など一度に多くのバイクが市場から姿を消した。その中の1台、...

あわせて読みたい

【564,840円】水冷エンジンじゃないのが嬉しい!? 新型セロー250発売【ヤマハ・250cc】

惜しまれつつ2017年に生産を終了してしまったセロー250。しかし、新型への期待が同時に高まってもいた。ファンの間ではその発...

あわせて読みたい

メリットが多すぎる! スペック値から考察する、新型セロー250への期待【ヤマハ・250cc】

環境性能を高めただけじゃなく、エンジンのパワーアップに低燃費化と、ツーリングファンにはうれしい進化を果たして登場した...

あわせて読みたい

ヤマハ・セロー250で街へ、山へ。新型になっても、セローはセローだった【試乗インプレ】

マウンテントレールとして知られるセロー250。8月31日に復活デビューを果たしたのは既報の通り。平成28年排出ガス規制をクリ...

あわせて読みたい

【ヤマハ・新型セロー250】3日間・600km走ったなかで、見えてきたこと。

セロー225オーナーでもある筆者が、環境性能を高めて2018年に復活したばかりの新型セロー250をインプレッション。格段にアッ...

あわせて読みたい

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ