MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

【Ninja ZX-25R最新情報】ヨシムラ製フルエキマフラー登場! YOUTUBEに動画公開中|カワサキインドネシア

  • 2020/05/03
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
「カワサキ Ninja ZX-25R」にヨシムラ製マフラーを装着中(映像より)。

カワサキインドネシアは、発売が待たれる「Ninja ZX-25R」の新たなイメージ映像(Stage 2)をYOUTUBEに公開。今回の映像は、男性2名のメカニックが「Ninja ZX-25R」のマフラーの交換風景。取り付けられるマフラーは、ニッポンが誇るヨシムラ製だ。カタカナで描かれた“ヨシムラ”の黒いロゴマークに注目だ。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

【動画】4本のエキパイからサイレンサーまで一体となった、フルエキゾーストシステムに交換!

[Stage 2] Kawasaki Ninja ZX-25R Modification: Yoshimura Exhaust

「カワサキ Ninja ZX-25R」にヨシムラ製マフラーを装着(映像より)。
 2019年10月に発表されて以来、盛り上がりを見せているカワサキの新型250cc4気筒スポーツモデル「Ninja ZX-25R」。インドネシアでは2020年4月4日に発表展示される予定だったが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で延期になった。

 4月30日公開されたカワサキ公式ティーザームービーStage 2はすでに22万回の再生回数(2020年5月3日現在)と反響は非常に大きい。内容はノーマルマフラーからヨシムラ製マフラーへの交換作業風景で、4本のエキパイからサイレンサーまでのマフラーを丸ごと、つまりフルエキゾーストシステムだ。

 映像の中で取り外されるノーマルマフラーは、クランクケース直下、サイレンサー前に大容量の膨張室を導入しているのが確認できる。一方、交換されるヨシムラ製フルエキゾーストシステムは、見た目から推測するに、超軽量なオールチタン製だ。
 また、4本のエキゾーストパイプが集合するエキパイ後端部と、バンク角を稼げる六角形のサイレンサー部は、整備性を高めるとともに衝撃を和らげるスプリングジョイント式を採用。サイレンサーの後端部はカーボン製とし、スプリングフックの伸縮部には、市販モデルにも採用のヨシムラのロゴ入りラバー(黒いゴム)を装備するなど、細部まで丁寧な作り込みが確認できる。

 次作のティザー映像では、ヨシムラ製エキゾーストサウンドを聞けるのか? 続報に期待したい!

サイレンサー接続部にはO2センサーを挿入接続するためのO2ボスも装備済み(映像より)。
サイレンサー前に大容量の膨張室(四角い箱)が導入された、ヘビーなイメージのノーマルマフラー(映像より)。

ぜひとも聞いてほしい、250cc4気筒のエンジン音。カワサキ Ninja ZX-25R×ジョナサン・レイの走行動画が公開に!

カワサキは2020年秋に国内で発売される250cc4気筒スポーツモデル「Ninja(ニンジャ)ZX-25R」のサーキット走行の模様を動画で...

あわせて読みたい

知るほどに欲しくなる。発売間近のカワサキ・Ninja ZX-25R出生の秘密を解き明かす!

昨年10月に公開され、大反響を得ているNinja ZX-25R。コロナウイルスの影響で、先行発売する予定だったインドネシアでの実車...

あわせて読みたい

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ