MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

ついに国内仕様が正式発表! カワサキNinja ZX-25Rってどんなバイク? ザクっと解説。|82万5000円〜

  • 2020/07/17
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真は豪華装備のNinja ZX-25R SE KRT EDITION(ライムグリーン×エボニー)。価格は91万3000円(10%消費税込)。

2020年7月17日、インドネシア仕様(7月10日正式発表)に続き、国内仕様が正式に発表され、スペック、バリエーション、価格が明らかになった。インドネシア仕様の最高出力は、ラムエア加圧時で51ps/15,500rpmだが、日本版はラムエア加圧時で46ps/15,500rpmに抑制。価格はスタンダードが82万5000円(税込)、SEとSE KRT EDITIONが91万3000円(税込)。2020年9月10(木)に発売予定だ。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

日本仕様の最高出力=ラムエア加圧時→46ps/15500rpm、ラムエア加圧なし→45ps/15500rpm

カワサキNinja ZX-25R……82万5000円(10%消費税込)

メタリックスパークブラック

カワサキNinja ZX-25R SE……91万3000円(10%消費税込)

メタリックスパークブラック×パールフラットスターダストホワイト

カワサキNinja ZX-25R SE KRT EDITION……91万3000円(10%消費税込)

ライムグリーン×エボニー

 並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「Ninja ZX-25R」の国内仕様がついに登場。インドネシア仕様の最高出力は、ラムエア加圧時で51ps/15,500rpmだが、国内仕様はラムエア加圧時で46ps/15,500rpmにデチューンされているのが特徴だ。

 新設計のエンジン、官能的なエキゾーストサウンド、エンジンパフォーマンスを最大限に引き出すフレーム、アグレッシブなスタイリング、KTRC(カワサキトラクションコントロール)など数多く採用された先進のライダーサポートシステムなど、Ninja ZXシリーズを名乗るにふさわしいモデルに仕上がっている。サーキット走行性能の高さに加え、街乗りでの快適性を併せ持っている。

カワサキNinja ZX-25R|インドネシアで正式発表!お値段は1億1290万ルピア!!

2020年7月10日、カワサキインドネシアは予告通り「Ninja ZX-25R」をオンラインにて正式発表。ついにスペック、バリエーション...

あわせて読みたい

Ninja ZX-25R(国内仕様)はココがポイント!

・最高出力33kw(45PS)、17,000rpm以上の高回転域を誇る完全新設計の水冷4ストローク並列4気筒エンジン

・吸排気に入念なサウンドチューニングが施された、スクリーミング・サウンド

・並列4気筒エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出す、新設計の高張力鋼製トレリスフレーム

・クラス初装備のSFF-BPフロントサスペンション、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション

・クラス最高峰の存在感を放つNinja ZXシリーズ共通のアグレッシブなスタイリング

・鮮明な視界を確保するツインLEDヘッドライト

・ハイクラスなイメージで多くの情報を表示するインストゥルメントパネル

・スポーツライディングでのパフォーマンス強化と安心感を高めるKTRC(カワサキトラクションコントロール)

・好みや条件に合わせた出力特性が設定可能なパワーモード

・スムーズな加速とクイックでイージーな減速を実現するアップ/ダウン両対応のKQS(カワサキクイックシフター)※SEモデル標準装備(スタンダードモデル:アクセサリー設定)

・吸気効率とエンジン性能を高めるセンターラムエアシステム

・軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ

・大径ディスクにラジアルマウントモノブロックキャリパーを組み合わせたフロントブレーキ

・150/60R17のハイグリップラジアルタイヤGPR300を採用したリアタイヤ

SEモデル標準装備(スタンダードモデルはアクセサリー設定)

KQS(カワサキクイックシフター)
USB電源ソケット
ウインドシールド(スモーク)
フレームスライダー
ホイールリムテープ

その他のアクセサリー

スポーツシート
シングルシートカバー
ラジエータスクリーン
タンクパッド
タンクバッグ
スマートバッグ

カワサキNinja ZX-25R 主要スペック

型式:2BK-ZX250E
全長x全幅x全高:1,980mm×750mm×1,110mm
軸間距離:1,380mm
最低地上高:125mm
シート高:785mm
キャスター/トレール:24.2°/ 99mm
エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量:249cm³
内径x行程/圧縮比:50.0mm×31.8mm/11.5:1
最高出力:33kW(45PS)/15,500rpm
ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15,500rpm
最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/13,000rpm
始動方式:セルフスターター
点火方式:バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:2.9L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛6段リターン
クラッチ形式:湿式多板
ギヤ・レシオ:
1速 2.928 (41/14)
2速 2.055 (37/18)
3速 1.619 (34/21)
4速 1.333 (32/24)
5速 1.153 (30/26)
6速 1.037 (28/27)
一次減速比 / 二次減速比:2.900(87/30)/3.571(50/14)
フレーム形式:トレリス
懸架方式:
前 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 37mm)
後 スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル:
前 120mm
後 116mm
タイヤサイズ:
前 110/70R17M/C 54H
後 150/60R17M/C 66H
ホイールサイズ:
前 17M/C×MT3.50
後 17M/C×MT4.50
ブレーキ形式:
前 シングルディスク 310mm (外径)
後 シングルディスク 220mm (外径)
ステアリングアングル:(左/右)35°/ 35°
車両重量:184kg(スタンダードは183kg)
燃料タンク容量:15L
乗車定員:2名
燃料消費率(km/L):※1 24.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
18.9㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径:2.6m

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

カワサキNinja ZX-25R|インドネシアで正式発表!お値段は1億1290万ルピア!!

2020年7月10日、カワサキインドネシアは予告通り「Ninja ZX-25R」をオンラインにて正式発表。ついにスペック、バリエーション...

あわせて読みたい

ぜひとも聞いてほしい、250cc4気筒のエンジン音。カワサキ Ninja ZX-25R×ジョナサン・レイの走行動画が公開に!

カワサキは2020年秋に国内で発売される250cc4気筒スポーツモデル「Ninja(ニンジャ)ZX-25R」のサーキット走行の模様を動画で...

あわせて読みたい

わずか5秒の映像から予測。Ninja ZX-25Rの最高速は189km/h以上……か?|カワサキ

昨年の第46回東京モーターショー2019で初公開されたZX-25Rは、現在クォーターエンジンでは唯一となる4 気筒エンジン搭載で熱...

あわせて読みたい

チタンマフラーが素敵! 話題の250クォーターマルチ、カワサキ Ninja ZX-25Rにレースイメージ車が登場

2020年秋に国内で発売される250cc4気筒スポーツモデル「カワサキ Ninja(ニンジャ)ZX-25R」。初公開となった黒いレースイメ...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ