MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

【台湾情報】ヤマハ・シグナスXが新型に!水冷エンジン化で車重は5kg増、新旧モデルの諸元を比べてみた。|シグナス GRYPHUS

  • 2020/07/23
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
空冷式エンジンから水冷式エンジンに変更された「台湾ヤマハ シグナス GRYPHUS(グリフィス)」。国内では「シグナスX」として発売中のシグナス GRYPHUSは、間もなく日本でも発売される模様。

日本でも人気の原付2種125ccスクーター「ヤマハ シグナスX(台湾名はシグナス GRYPHUS)」の新型モデルが、台湾ヤマハ(YMT)より正式に発表。エンジンは空冷式から優れた冷却性能を誇る水冷式に変更。最高出力は12馬力にアップされるなど、各部のポテンシャルも大幅アップ。日本での発売日等は未定。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

台湾仕様は12馬力を発揮!戦闘力を増した新型シグナスXは、日本でも間もなく発売か!?

「CYGNUS GRYPHUS」 | Yamaha Motor Taiwan

12馬力を発揮する、新型の水冷エンジン。
 通勤バイクとしての利便性はもちろん、スクーターレースにおける戦闘力の高さから、スクーター王国の台湾を始め、日本でも人気の高い125ccスクーター「ヤマハ シグナスX」。1シグナスXは台湾ヤマハ(YMT)で生産されているが、同社より新型(台湾名はシグナス GRYPHUS)が発表。詳細が明らかになった。

 最大のポイントは、完全新設計のVVA(可変バルブ式)エンジン。4ストローク単気筒SOHC 4バルブ125ccエンジンは、空冷式から水冷式に変更。最大出力は約30%アップ、最大トルクは約17%アップされ、特性も大幅に変更。パフォーマンスアップと低燃費性を両立するなど、新世代のエンジンとして生まれ変わっている。

【新型(数値は発表会時の資料より。主要諸元では非公表)】
最高出力 12ps/8000rpm
最大トルク 11.2Nm/6000rpm
ボア×ストローク 52mm×58.7mm
圧縮比 11.2:1

【日本仕様の現行モデル(前モデル)】
最高出力 9.8ps/7500rpm
最大トルク 9.9Nm/6000rpm
ボア×ストローク 52.4mm×57.9mm
圧縮比 10.0:1

 ボディサイズは、日本仕様の現行モデル(前モデル)に比べてやや大型化。

【新型】
全長1935mm×全幅690mm×全高1160mm
ホイールベース 1340mm
シート高 785mm
重量 124kg(ABSモデル)

【日本仕様の現行モデル(前モデル)】
全長1890mm×全幅690mm×全高1120mm
ホイールベース 1305mm
シート高 775mm
重量 119kg

新型の前後ディスクブレーキ。
 タイヤサイズは、日本仕様の現行モデル(前モデル)よりもサイズアップされている。

【新型】
前 120 / 70-12 51L
後 130 / 70-12 56L

【日本仕様の現行モデル(前モデル)】
前 110/70-12 47L
後 120/70-12 51L

 前後ブレーキは、日本仕様の現行モデル(前モデル)と同じくディスク式を採用。フロントディスクローター径はΦ245mmと同寸だが、リアディスクローター径は、Φ200mmからφ230mmに大径化。

 日本仕様の現行モデル(前モデル)よりも25%剛性アップした非対称フレーム、グレードアップした前後サスペンション、2チャンネルABS(ABSモデル)、スムーズなエンジン始動を可能にするSMG、デュアル式になったアグレッシブなデザインのLEDヘッドライト、視認性に優れたLEDレールランプ、フルLCDコードテーブル採用の多機能メーターなど、着実に進化を遂げた各部にも注目だ。

 「シグナス GRYPHUS(グリフィス)」として発売される台湾では、「シグナス GRYPHUS ABS」「シグナスGRYPHUS UBS(ユニファイドブレーキシステム)」「シグナスGRYPHUS Monster EnergyヤマハMotoGPエディション」の3グレードをスタンバイ。

 なお、日本での発売時期、発売グレードなどは未定となっている。

フロントマスクのイメージもチェンジ。
スポーティーなテール周り。
フルLCDコードテーブル採用の多機能メーター。
日本仕様の現行モデル(前モデル)よりも25%剛性アップした新設計の非対称フレーム。

台湾ヤマハ シグナス GRYPHUS(新型シグナスX) 主要諸元

エンジン:水冷4ストローク単気筒SOHC 4バルブ
排気量:125cc
最高出力:ー
最大トルク:ー
全長×全幅×全高:1935mm×690mm×1160mm
ホイールベース:1340mm
シート高:785mm
重量:123kg(ABSモデルは124kg)
燃料タンク容量:6.1L
ブレーキ:
 前 ディスクブレーキ/Φ245/ワンウェイダブルピストンキャリパー
 後 ディスクブレーキ/Φ230/ワンウェイシングルピストンキャリパー
タイヤ:
 前 120 / 70-12 51L
 後 130 / 70-12 56L
試験値(平均燃費):48.9(km/ L)

日本仕様の現行モデル(前モデル)は下記をチェック!

【ホントに発売に!】モンスターエナジー仕様のシグナスX/Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・124㎤エンジンを搭載した原付二種スクーター「CYGNUS(シグナス)...

あわせて読みたい

新・旧シグナスX を走ってバラして、徹底比較 【その1 インプレ編】

125ccスクーターユーザーの気になるところが、国内モデルとして新登場した「5型シグナスX」と「先代モデル」の違い。外観だけ...

あわせて読みたい

”普通に良い”は褒め言葉。シグナスXは車体も装備も街に◎! しかもエンジンの素性もイイッ!【ヤマハ125ccスクーター試乗レポート 】

ヤマハのスクーターは原付二種だけで何と6機種ものバリエーションを持つ。3輪のトリシティを除外すると、226,800円のアクシス...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ