MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

【動画】Ninja ZX-25Rは12000rpm以上を使うべし。Ninja250とはひと味違う

このエントリーをはてなブックマークに追加

最高出力45PS、鳴り物入りで登場したカワサキのNinja ZX-25R。250cc4気筒スーパースポーツは、同じカワサキの250ccモデル、Ninja250とはどういった違いがあるのか。乗ってみると、いろいろとわかってきました。

動画レポート●ケニー佐川(SAGAWA Kentaro)

カワサキNinja ZX-25R……82万5000円(10%消費税込)

カワサキNinja ZX-25R SE……91万3000円(10%消費税込)

 Ninja ZX-25Rでオートポリスを全力走行、ズバリ楽しかった!

 従来のNinja250との住み分けもきっちりできているのが、実際に走って明確に伝わってきた。
 Ninja ZX-25Rは待望の並列4気筒(直4)エンジンで45馬力、Ninja250は並列2気筒で37馬力というのが大きな違いとなっている。フレームはどちらもスチール製トレリスだが、Ninja ZX-25Rはガッチリ・しっかりとした剛性感あるのに対して、Ninja250は華奢なに感じる。

 車両重量もスペック上では異なっていて、Ninja ZX-25R はNinja 250よりも18kgほど重い。実際に乗るってみての印象は、Ninja ZX-25Rの方が確かに重いというか、手応えがある印象だ。

 Ninja ZX-25R とNinja 250ではエンジンの出力特性も大きく異なる。並列2気筒エンジンのNinja 250は回転数はそれほど上がらず中速トルクが分厚い。一方のNinja ZX-25Rは回転数が上がるに従って力が湧き出る、4気筒エンジンらしい高回転高出力型となっている。レッドゾーンが1万7000rpm以上からという設定は伊達ではなく、今回のサーキット試乗においてもNinja ZX-25Rは、ストレートエンドに向かっていくほどにどんどん速度が上昇していく。Ninja ZX-25Rの良さを感じるには1万2000〜1万7000rpmあたりを使って走るのがいいだろう。

 では、ホンダCBR250RRとの実力差は……。
 同じ条件で乗り比べていないので、はっきりとした答えは出せないのが正直なところだが、直4&高出力エンジンに利するNinja ZX-25Rに対して、CBR250RRはNinja ZX-25Rよりも車重が約15kg軽い。さらにCBR250RRは先日モデルチェンジの情報が発表されたばかりで41馬力仕様がスタンバイ中である。このあたりが走りにどのように影響してくるかが、見どころとなりそうだ。

主要諸元

型式:2BK-ZX250E
全長x全幅x全高:1,980mm×750mm×1,110mm
軸間距離:1,380mm
最低地上高:125mm
シート高:785mm
キャスター/トレール:24.2°/ 99mm
エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量:249cm³
内径x行程/圧縮比:50.0mm×31.8mm/11.5:1
最高出力:33kW(45PS)/15,500rpm
ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15,500rpm
最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/13,000rpm
始動方式:セルフスターター
点火方式:バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:2.9L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛6段リターン
クラッチ形式:湿式多板
ギヤ・レシオ:
 1速 2.928 (41/14)
 2速 2.055 (37/18)
 3速 1.619 (34/21)
 4速 1.333 (32/24)
 5速 1.153 (30/26)
 6速 1.037 (28/27)
一次減速比 / 二次減速比:2.900(87/30)/3.571(50/14)
フレーム形式:トレリス
懸架方式:
 前 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 37mm)
 後 スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル:
 前 120mm
 後 116mm
タイヤサイズ:
 前 110/70R17M/C 54H
 後 150/60R17M/C 66H
ホイールサイズ:
 前 17M/C×MT3.50
 後 17M/C×MT4.50
ブレーキ形式:
 前 シングルディスク 310mm (外径)
 後 シングルディスク 220mm (外径)
ステアリングアングル:(左/右)35°/ 35°
車両重量:184kg(スタンダードは183kg)
燃料タンク容量:15L
乗車定員:2名
燃料消費率(km/L):
 ※1 24.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
 18.9㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径:2.6m

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

カワサキ250cc 4気筒|+17kgはやっぱり重い? シートが素晴らしい? Ninja ZX-25Rにちょっと乗ってみた。

最高出力45PS、ついに登場したカワサキのNinja ZX-25R。250cc4気筒スーパースポーツの実力はいかほど? さっそく触って、ま...

あわせて読みたい

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ