【東京・奥多摩ツーリング/第二十五回 小机邸喫茶室 安居】村上菜つみのバイクでカフェめぐり

江戸時代から続く名家の邸宅がカフェに【東京・奥多摩ツーリング/第二十五回 五日市 小机邸喫茶室 安居(あんご)】

小机邸安居
時が止まったような店内。国産の紅茶をマイセンのカップで頂きました。
‘95年に秋川市と五日市町が合併して誕生したあきる野市。秋川渓谷を中心に、西には奥多摩の山々、東には秋留台地が広がるこの街は、自然豊かでお出かけにもぴったりのスポットです。今回はそんなあきる野市にある古民家カフェ「小机邸 喫茶室 安居」を訪れました。

REPORT●村上 菜つみ(MURAKAMI Natsumi)
PHOTO●高橋 克也(TAKAHASHI Katsuya)
小机邸安居
明治に建てられた館でほっと一息。贅沢なひとときです。

江戸時代後期に山林業で財をなした小机家。その七代目当主・小机三左衛門が建てた自邸を喫茶室としたのが「小机邸 喫茶室 安居」です。秋川街道沿いに建つこちらのカフェは石畳のエントランスと石垣の存在感が抜群なので、何となくその存在を知っていた方も多いのではないでしょうか。

明治初期の洋館である母屋をそのままカフェに。ところどころ和の趣も見られる。

喫茶室のある母屋は2階建てで、2階部分には眺めのよさそうなバルコニーがあります。レトロな趣があるこの洋館が建てられたのは、なんと明治8年頃。そのため完全な西洋建築ではなく、土蔵造りの伝統的な技法の中に洋風の意匠を取り込んだ和洋折衷様式となっています。

小机邸安居
営業日は金・土・日・月曜日と変則的なのでご注意を。
小机邸安居
レトロな装飾の街灯。当時から付いているものなのでしょうか。
小机邸安居
歪みのあるレトロなガラスの向こうに見えるお庭に癒やされます。

入口のアーチをくぐると、内部の意匠は意外にも和風で、なんだか落ち着く雰囲気。玄関の土間では、兎と波をあしらった鏝絵が出迎えてくれました。座席は1階のみで、板張りの洋室と畳敷きの和室があります。2階はイベントの時など特別な場合に開放しているそう。

小机邸安居
お庭を歩いて眺めていると、まるでタイムスリップしたような気持ちになりました。
小机邸安居
お庭で育った松からのおくりもの。一番大きい松ぼっくりは大王松のもの。
小机邸安居
繊細な細工が施されたステンドグラスのライトがありました。
小机邸安居
インテリアかと思ったら、販売もしているそう。綺麗なガラス細工です。
小机邸安居
壁に掛けられた振り子時計も時代を感じさせるデザインです。

ここがカフェとして開放されたのは2011年5月のこと。それまでは個人の居宅として、また、見学できる近代建築として使われていたのだそう。板張りの洋間もカフェのために改装したわけではなく、60年ほど前に家族団らんのためにリフォームしたものなのだとか。

小机邸安居
オーナー手作りのチーズケーキ(500円)と岡山産の紅茶(600円)。

カフェのドリンクメニューは、抹茶・紅茶・コーヒー・りんごジュースの全4種で、フードメニューは自家製チーズケーキがあります。元々は建物の見学に来る方に現当主の奥さまがサービスでお茶を出していたことがきっかけで始められた喫茶室なのだとか。

小机邸安居
小机邸安居
メニューは抹茶やジュースなど数点に絞られています。
小机邸安居
時が止まったような店内。国産の紅茶をマイセンのカップで頂きました。
小机邸安居
ふとテーブルの端を見ると、猫の置物が。ピンと伸びたしっぽがかわいい。

「安居」とは、僧が一定期間出歩かないで一カ所で修行すること。「建物をながめながら、せっかくだからゆっくりとくつろいで欲しい」そんな思いで付けられた店名の通り、お茶を頂きながら静かでゆったりとした時間を過ごすことができました。

小机邸安居
入口のアーチの上にいるのはバク。漆喰彫刻なのだそう。
小机邸安居
ひときわ目を惹く螺旋階段は、大八車で運び入れられたものなのだそう。
小机邸安居
室内に繊細な透かし彫りの装飾がありました。1日中眺めていられそうです。
小机邸安居
事前に連絡すれば見学できる2階の窓。ここからの眺めも美しいです。
小机邸安居
板張りの居間の奥には和室が。洋風な外観とのギャップがおもしろい。

明治時代に建てられた和洋折衷様式の建物でお茶を頂くことができる「小机邸喫茶室 安居」。気さくなオーナー夫妻が温かく迎えてくれる素敵なお店でした。これからもこの街の歴史を伝える建物として受け継がれていくことを願っています。

小机邸安居
喫茶室の隣に建つこちらの建物は事務所として使われているそう。
小机邸安居
●小机邸喫茶室 安居
〒190-0162 東京都あきる野市 三内490
TEL:042-596-0068
営業時間:11:00~16:00
定休日:火・水・木曜

著者プロフィール

村上菜つみ 近影

村上菜つみ