マフラー重量はノーマル(約5.2kg)の半分以下! OVERレーシングのホンダ・モンキー125カスタマイズ|東京モーターサイクルショー2022

2022年にモンキー125は初のモデルチェンジを受け、エンジンをロングストルーク化して出力特性を変更するとともにマニュアル5速ミッションを採用。さらに進化を遂げたモンキー125をベースに、老舗の人気バイクパーツメーカー・OVERレーシングが自社パーツを駆使してカスタマイズ。
PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
オーヴァーレーシングプロジェクツ https://www.over.co.jp/
OVERレーシングがプロデュースしたホンダ・モンキー125カスタム。
ノーマルのホンダ・モンキー125(パールグリッターリングブルー)。価格は44万円(税込)
ノーマルのホンダ・モンキー125(パールネビュラレッド)

政府認証でストリートにも対応!ミニバイク初のSESMIC-miniマフラー

 ビッグバイク用からミニバイク用まで、幅広いカスタムパーツをラインナップするOVERレーシング。同社が東京モーターサイクルショー2022に展示したのが、写真のモンキー125改。

 マフラーはミニバイク初となる、SESMICシリーズの「SESMIC-mini(政府認証マフラー)」。 モンキー125のネオクラシックスタイルを尊重し、アルミサイレンサー&ステンレスエキパイというクラシックな組み合わせをマッチさせて開発。これまで手掛けたダウンマフラーのデータを活用し、他モデルに引けを取らない性能を発揮する。

 ステンエキパイ径はΦ35.0mm~Φ50.8mm、アルミサイレンサー径は300mm、重量は2.15kg(ノーマル5.2kg)、音量は86dB(近接)/79dB(加速)。エキゾーストノートはアルミサイレンサーがチタンサイレンサーとは一味違う音色を奏で、特徴あるサウンドでライダーを魅了。 整備性を向上させるため、SESMIC-miniは溶接ではなくリベット止めを採用し、ウール交換などメンテナンスにも対応している。

4ポジション選択可能なバックステップ

 走りやすさと自由に操る楽しさを追求した完全新設計の専用バックステップは、全体の剛性を高め、可動部にはベアリングを採用することでステップワークの基本動作をサポート。自然なポジションを獲得し、スポーツ走行から街乗りまで幅広く楽しめるステップに仕上げている。

 ステップのポジションは、113mmBACK/57mmUP、113mmBACK/67mmUP、123mmBACK/57mmUP、123mmBACK/67mmUPに変更可能。表面はシルバーアルマイト仕上げ。STDマスター/スイッチ/ブレーキホース対応で、逆チェンジ不可。

アルミ削り出しのセパレートハンドル

 高級感とカスタム度を高めたアルミ削り出しのセパレートハンドル(ハンドルバー、ハンドルクランプ、トップブリッジ、アップスペーサーのキット)にカスタマイズ。純正ハンドルはバーハンドル型のラバーマウントだが、アルミ削り出しのセパレートハンドルにすることにより剛性を高め、ハンドリングのダイレクト感をアップ。

 ポジションはノーマルよりも前傾になるため、スポーティな乗り味に変更。ハンドル位置や絞り角は、好みに合わせて調節可能。
・2ポジション 高さ調整:-80mm/-90mm(STD比)
・ハンドル幅調整範囲:648mmから657mm(バーエンド間)
・ハンドル絞り角:3度
・ハンドルバーサイズ:Φ22.2x282mm

スタビライザー付きのアルミ製スイングアーム

 剛性&カスタム度のアップを実現するアルミスイングアーム。写真のOVタイプは、メインパイプに55mmx27mmの極太素材を採用。長さはノーマルと同寸のスタンダード長で、さらなる剛性アップを獲得するスタビライザーを採用。

 ピボットにはベアリングを採用し、スムーズな動きを確保。本体の表面はポリッシュ仕上げ。STD/OVERホイール、STDキャリパー&キャリパーサポートに対応。スタビライザーなしタイプもあり(6万3800円)。

OVERレーシングとナイトロンのコラボRショック

 OVERレーシングとNITRON(ナイトロン)のコラボによるリアサスペンションが登場。NITRONの基本性能&クオリティはそのままに、OVERレーシング製スイングアームなどとの使用を想定したオリジナルセッティングを実施。

 このサスペンションは耐久性を重視し、特別にカシマコートを採用。カシマコートは通常のアルマイト加工に比べ、潤滑性に優れ、摩擦係数を大幅に低下させることで、フレッチング摩耗や凝着摩耗を顕著に低減させるのがポイント。カシマコート特有の深みのあるブロンズカラーは高級感を際立たせ、カスタム度も大幅にアップ。

リア周りの軽快感をアップするフェンダーレスキット

 フェンダーレスキットはアルミ削り出しによる剛性の高さを実現するとともに、デザイン性を追求。スリムな形状に設計することで、リア周りが一層軽快に仕上がるのがポイントだ。純正ナンバー灯が使用できるため、取り付け時に配線の加工等の必要なし。アルミ削り出しのボディはブラックアルマイト仕上げ。純正ナンバー灯に対応し、リフレクター(反射板)も付属。

サイドカバーはダウンマフラー装着時の必須アイテム

 ダウンマフラー装着時のスタイルアップに最適な、モンキー125専用のアルミビレット製サイドカバー(左右セット)。ノーマルマフラー&アップタイプのマフラーの場合、左側のみ装着可能。取り付けはボルトオンの専用設計で、表面はブラックアルマイト仕上げ。

 このサイドカバーは転倒時にプレートが曲がることにより、力を逃がしエンジン等へのダメージを軽減。強度と耐久性に優れたジュラコン(黒い樹脂部)を採用しているのもポイントだ。

フェンダーを下げるロゴ入りマウントステー

 純正フロントフェンダーの位置が変更できるステーキット。アルミ削り出しボディとの組み合わせにより、フロントフェンダーを確実なマウントでき、ロードバイクイメージを強調。タイヤとフェンダーが近くなることにより、市街地走行における泥除け効果も期待大。OVER Racingロゴ入り。

OVERレーシング ホンダ・モンキー125改 主要スペック

商品名品番価格(税込)
SESMIC-mini マフラー16-012-045万2800円
BACK-STEP 4ポジション シルバー51-013-016万6000円
スポーツライディングハンドルキット55-012-117万3700円
サイドカバーセット57-012-014万700円
フェンダーレスキット57-012-212万4750円
SWINGARM OVタイプ スタビ付/STD52-012-2117万4800円
フロントフェンダーマウントステー57-012-221万5400円
OVER×NITRON ツインショック R387-223-1118万7000 円

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭