名門・ヨシムラ製パーツをフル投入したホンダ・モンキー125、見ためが超イイね!

2021年にホンダ・モンキー125は4速ミッションから5速ミッションに変更され、走りに磨きがかかった。そんなモンキー125をベースに、ヨシムラがチューニングしたのが写真のカスタム。ボディはヨシムラのワークスカラーにペイントされ、ヨシムラ伝統のストレートサイクロンマフラーやバックステップなどでカスタマイズ。

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
ヨシムラジャパン https://www.yoshimura-jp.com/

※2022.04.22 記事内の間違い部分を修正しました。
ヨシムラジャパン製パーツをメインにカスタマイズされたホンダ・モンキー125。

 鈴鹿8時間耐久レースを始め、数々のロードレースで活躍するバイクパーツメーカー・ヨシムラジャパン(以下ヨシムラ)。東京モーターサイクルショー2022のヨシムラブースでは、2021年、5速ミッションに進化したモンキー125をベースに、ヨシムラ製パーツを盛り込んだカスタムが展示された。丸みを帯びた愛くるしいモンキー125に、レースで培ったヨシムラ流のレーシングスピリッツがフル投入されている。

ノーマルのホンダ・モンキー125(パールネビュラレッド)。価格は44万円(税込)。
ノーマルのアップ型マフラーからヨシムラ製ダウンマフラーに変更してイメチェン。
ボディはレッド×ガンメタ(マット仕上げ)のヨシムラワークスカラーにペイント。

 ガソリンタンク、メーターバイザー、サイドカバーはレッド×ガンメタ(マット仕上げ)のアグレッシブなヨシムラワークスカラーにペイント。ボディカラーに合わせ、前後ホイールにはリムステッカーTYPE-Aをコーディネイト。

 マフラーは市販の機械曲ストレートサイクロン(政府認証)をベースに、“ヨシムラ”の立体ロゴを導入したワンオフ(参考出品)を装着。オーリンズ製のリザーブタンク付きリアショック、フェンダーレスKITとの組み合わせによりレーシーなリアビューに仕上げている。

 ステップは様々な走行シーンにおいて安定したグリップとダイレクトなシフトフィールを実現したステップKIT X-TREADに変更。このステップはライダーの好みや体型に合わせ、ステップ位置が2ポジション変更可能。さらにペダルピンの位置やシフトストロークも調整できるのがポイントだ。

 シリンダーヘッドにはアルミヘッドサイドカバー、クラッチカバーにはアルミエンジンケースガードKITクランクケースカバー「PRO SHIELD」とオイルフィラーキャップ Type-FB(M20xP2.5mm)を組み合わせ、存在感と高級感を大幅にアップしている。

装着パーツ

商品名価格
ストレートサイクロンマフラー参考出品
右サイドカバーSET1万8700円~
メーターバイザー1万780円~
フェンダーレスKIT1万3200円
ヨシムラ ステップKIT X-TREAD
アルミヘッドサイドカバー1万2100円
アルミエンジンケースガードKITクランクケースカバー「PRO SHIELD」参考出品
オイルフィラーキャップ Type-FB(M20xP2.5mm)3300円
フレームキャップSET5280円
※すべてヨシムラジャパン製

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭