炭酸ガスで膨らむ、着用型バイク用エアバッグシステム「ヒットエアー」|40ヵ国以上で販売中の安全装備

バイクにも自動車のようなエアバッグシステムが導入できないものか?この考えを元に、国内の「無限電光(本社:愛知県名古屋市)」が展開するのが、東京モーターサイクルショー2022にも展示された写真のジャケット型エアバッグシステム「ヒットエアー」シリーズ。各種プロテクター・各種パッド・ヘルメットなどでもガードできなかった首を最大限保護。身体の前後や側面をエアバッグシステムでガードしてくれるのもポイントだ(ガード部は各モデルにより異なる)。
PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
ヒットエアー(無限電光株式会社) https://www.hit-air.com/

 愛知県名古屋市に本社を置く「無限電光」がリリースするエアバッグシステム「ヒットエアー(hit-air)」シリーズ。この製品は安全性と信頼性が評価され、日本の白バイ隊を始め、フランスの憲兵隊、スペイン・中国・トルコの警察など、様々な国や地域で採用。現在、40ヵ国以上で販売されている(2022年3月時点/メーカー発表)。

 ヒットエアー(hit-air)シリーズは、多種多様なモデルをラインナップ。用途(例えば高速道路を利用するor利用しない等々)や予算により、任意にセレクトできるのが特徴だ。

バイク用エアバッグシステム「ヒットエアー」を展開する無限電光の東京モーターサイクルショー2022ブース。

バイク用エアバッグシステムのしくみは?

 乗車の際、あらかじめバイク本体の所定の位置(メインキー等)に取り付けた伸縮ワイヤー の先端部コネクター(オス)と、ウエア側のコネクター(メス)を接合し、 パイクとワイヤーでつながった状態で走行。降車時はワンタッチリリースを外してバイクから離れる。

 もしも転倒等でライダーとバイク本体が離れた場合、ウエアに固定されたCO2(炭酸ガス)カートリッジボンベ底部のキーボールが抜け、ウエアに炭酸ガスを一気に注入。エアバッグシステムを膨らますというシステムだ。エアバッグが膨らむには、約30kgの張力が必要。そのため、基本的にワンタッチコネクターの外し忘れにより、作動することはないので心配なし。

 なお、転倒等でエアバッグ展開後、ジャケットやベストに損傷が無ければ、CO2カートリッジボンベを交換すれば(附属の再生用工具を使用)、繰り返し使用可能だ。

エアバッグベストにセットされたCO2カートリッジボンベ(写真左側)。
手に持っているCO2カートリッジボンベのコネクターが、約30kg以上の力で引っ張られると(ライダーからバイクが離れると)、ウエアに固定されたCO2(炭酸ガス)カートリッジボンベ底部のキーボールが抜け、エアバッグシステムが膨らむ仕組み。

一体型エアバッグ・ハーネス

 所有のジャケット(エアバッグ非装備のもの)の上に着用する、オールシーズン着用可能なエアバッグシステムだけを着用可能にしたモデル。下記の3タイプをラインナップ。

1:首部から尻部までの、脊髄への衝撃緩和を重視したタイプ
2:上半身への衝撃緩和と、展開時間の早さを重視したタイプ
3:首部への衝撃緩和を重視したタイプ

エアバッグジャケット・ベスト

 ジャケット、もしくはベストにエアバッグシステムを内蔵。シーズンに応じた素材、また好みに応じた様々な機能・収納ポケット等を装備しているのがポイント。ジャケット版には肩肘にCE規格プロテクター、背中に脊髄ソフトパッドを標準装備。 ベスト版は所有のジャケットの上から着用するオールシーズン対応。背中には脊髄ソフトパッドも標準で装備する。

ヒットエアー エアバッグシステムの主要装備

無限電光の東京モーターサイクルショー2022ブース。


著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭