ホンダ PCXでガス欠するまで走ってみた。|東海道ガス欠チャレンジ [Part04]

大人気スクーター ホンダ PCXはガソリン満タンでどこまでイケる? 東京・日本橋から京都をめざす東海道ガス欠チャレンジ第4弾![4日目]

バカ売れ原二スクーター、ホンダ PCX。AFO RIDERタカハシが、PCXで東京・日本橋から京都を目指し、満タンきっちり使い切りの東海道ワンウェイ・アタックに挑む。そして訪れた濃厚みそ味の結末……。PCXはどこまでたどり着けたのか?

REPORT●AFO RIDER タカハシ(AFO RIDER Takahashi)
PHOTO●高橋克也(KATSUYA Takahashi)
ILLUSTRATION●高橋克也(KATSUYA Takahashi)

嵐の予感

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
東海道35番目の宿場、御油(ごゆ)宿あたりで雨が降り出した。今も残る松並木は1604年(慶長9年)に整備されたもの。

長旅で汚れた荷物をPCXのシート下に放り込み、豊橋の宿を走り出したのは午前10時。国道1号を名古屋方面へ向かい、国府駅近くから旧街道に、つまり県道374号に乗り換えればすぐ御油宿だ。
天気予報は、数日前からじわじわ接近中の台風8号が、今日明日にもこの近くに上陸すると言っている。その前ぶれか、松林を見物していると、じっとり湿った風とともに脈打つような雨が降りだした。

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
全長約600mにわたって江戸の松並木が残る県道374号。『東海道中膝栗毛』の弥次さん・喜多さんは、ここでキツネに化かされた。並木を抜ければすぐ赤坂宿だ。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠 イラスト 高橋克也
歌川広重が『東海道五拾三次之内』に描いた御油はこんな感じ。御油宿から赤坂宿までの距離がわずか16町(約1.7km)とめちゃくちゃ短かったことを尻尾になぞらえ、当時の江戸では尻尾の短い猫を「御油猫」と呼んでいたそうだ。

御油宿から隣の赤坂宿までは、歩いても20分くらい、バイクなら松林を眺めてふらふら走れば3分くらいで着いてしまう。小雨の中、古めかしい旅籠(はたご)前でPCXの写真を撮っていると、係の人が招き入れてくれただけでなく、記念品までもたせてくれた。

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
赤坂宿に残る古い旅籠。江戸期に「鯉屋」だった屋号をあらため、今の名は「大橋屋」になっている。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
大橋屋のしつらえには江戸情緒が色濃く残る。1809年(文化6年)に起きた大火災のあとに建てられ、21世紀に入った2015年まで実際に営業していたというから驚きだ。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
これが訪問の記念品。かんじんの使い道がよくわからないが、手作り感が嬉しい。

たいした見どころがないと思われがちな御油宿、赤坂宿、藤川宿あたりだが、じつは東海道をたどるライダーにとっては、江戸の雰囲気を濃密に残した素晴らしいエリアだ。ガッツリ整備・広報すれば、普通の観光客だって呼べそうで、現状はもったいない気もするが、それこそよけいなお世話というもんだろう。

フィナーレは突然に

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
雨の国道1号、PCXは愛知県岡崎市へ突入。

国道1号が岡崎市街に入ってしばらくすると、わずかにスロットルレスポンスが鈍ってきた。気のせいかとも思ったが、トリップメーターが374km台に入ると、断続的にはっきりとレスポンスがおかしくなってきた。車体が前後にガクガク揺れるような不安定な挙動が数分つづき、ついにガス欠旅のフィナーレが訪れた。

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
国道1号、愛知県岡崎市島町でガス欠。ここが旅の終着点に。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
おあつらえ向きに、ガス欠地点には326.6kmの国道キロ程標が立っていた。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
トリップメーターの実測距離は376.4km。お役人が律儀に測定した国道キロ程標に比べると、約50kmも遠回りしたことになる。

PCXは、愛知県岡崎市街の国道1号島町でガス欠停止。日本橋からの走行距離は376.4kmで、満タン8.1ℓのガソリンをきっちり使い果たしたとすれば、燃費は約46.5km/ℓだ。ただしメーター表示の平均燃費49.2km/ℓとはズレがある。日本橋できっちり満タンになってなかったからなのか、もともとメーター表示がそんなに厳密なもんじゃないからなのか、この差がうまれた理由はよくわからない。

ところでPCXのカタログでは、WMTCモード燃費は51.2km/ℓとなっている。今回の実測値にしてもメーター表示にしても、まったく同じにはならなかったが、だからってわざわざあげつらうほどの差があるわけでもない。つまりバイクの燃費なんて、カタログさえ読めば誰でもわかるわけで、バイクメディアの面々が、わざわざ取材してまでいちいちそれを確かめたがる気持ちのほうが、じつはあんまりよくわからないんだが……。

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
ガス欠完了後はガソリンスタンドで給油を済ませ、さっさと近くのウマイもの屋、カクキューへ。宮内庁御用達の名誉と、創業370年以上の歴史を誇る八丁味噌の名店だ。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
八丁味噌をねぶり倒して喜ぶほどの通人じゃないタカハシは「味噌ソフトクリーム 八丁味噌パウダーがけ」(400円)を食べることに。味噌パウダーのみならず味噌煎餅がついていて、味噌感は文句ナシにたっぷり。なのにサラッとクリアでやさしい甘さだ。

無事にガス欠も済ませたことだし、早いところ東京に帰りたいのが本音だが、このまま帰りはじめれば、まもなく上陸する台風と途中でぶつかってしまう。どこかで泊まって台風をやりすごすにしても、暴風吹き荒れる戸外にPCXを放り出して寝るわけにもゆかない。

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
バイクステーションは、レッドバロングループが運営するライダーのための整備工場付き宿泊施設。全国4か所にある施設のうちの一つが岡崎だ。

だが幸運なことに、ここは岡崎だ。ライダー専用の宿泊施設「バイクステーション岡崎」が近い。ダメもとで連絡してみると、(たぶん)台風のおかげで空室があり、泊まることができた。
ぐーぐー眠って目覚めた翌朝は、台風一過、カラリとぬけるような青空が頭上に広がっていた。

AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
施設内は宿泊施設というより、きれいなガレージという感じ。レッドバロン会員なら個室1泊2200円。タカハシは会員じゃないからビジター料金の4400円だったが、それでも大満足の一泊だった。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠
PCXとともに目覚めたタカハシ。ふだんからバイクをやたら粗末に扱うガサツなタカハシですら、バイクと寝られる安心感は絶大だった。バイク好きのマトモなライダーなら、泊まってみても損はない。
AFORIDER ホンダ PCX 東海道 ガス欠 イラスト 高橋克也
■東海道ガス欠チャレンジMAP/PCX/日本橋~岡崎

著者プロフィール

AFO RIDER タカハシ 近影

AFO RIDER タカハシ

イラストレーター、カメラマン、ライター、ムービークリエイターなど、世間をあざむく幾つもの顔をもつが…