【初心者大歓迎トライアルバイク】屋内で遊べる!電動だから実現できた!レンタルだからお手軽!「e-TRAIL PARK」が海老名にオープン

バイクの全国レンタルサービス『レンタル819』を運営する「株式会社キズキレンタルサービス(本社:埼玉県川口市)」は、日本初の試みとして、電動バイク専用のインドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK」をオープン。バイクの日である2021年8月19日(木)、1号店として神奈川県海老名市にある「イオン海老名ショッピングセンター」に、e-TRAIL PARK、レンタル819、EVバイクの販売などバイクに関連するコンテンツを集合させた「モトパラ@エビナ」が誕生した。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
「e-TRAIL PARK」のある大型商業施設・イオン海老名ショッピングセンターは、小田急線・相鉄線・JR線「海老名駅」から徒歩5分。圏央道「海老名IC」より車で10分。東名高速道路「綾瀬スマートIC」から車で15分。広域からの集客も期待できる、交通至便な立地環境にある。大型駐車場も完備。
広大な屋内に、初級、中級、上級の各コースを設置。各自のレベルに合わせ、ゲーム感覚で思いっきり遊べるのが特徴。

 バイクの日である2021年8月19日(木)、神奈川県海老名市の大型商業施設「イオン海老名ショッピングセンター」に、家族や仲間はもちろん、一人でも存分に楽しめる「e-TRAIL PARK」がオープンした。e-TRAIL PARKは、EVバイクのための新しい遊び場として設置された、日本初の全天候型屋内施設。

 イオン海老名にあるe-TRAIL PARKは、原付以上の免許保有者を基本に、下記(※注1)の条件をクリアした15歳以上であれば誰でも利用可能。走行車両としては、軽量コンパクトなSUR-RONのスタンダードモデル「Light Bee S」や、パワフルな出力特性とオフロードの走破性が高いサスペンションなどを装着した「Light Bee X」が用意されている。

 初級、中級、上級の各コースが設けられており、各自のレベルに合わせ、ゲーム感覚で思いっきり遊べるのがポイント。コロナ禍の自粛続きによる気分転換や運動不足に、ぜひチャレンジしてみては?

※注1:安全性を考慮して、対象年齢は15歳以上(ただし18歳未満の方は保護者の同意が必要です)、身長150cm以上で対象車両に乗って両足が着く人が対象

e-TRAILPARKコース2
パワフルな出力特性とオフロードの走破性が高いサスペンションなどを装着した電動バイク「SUR-RON Light Bee X」。
e-TRAILPARKは今後、南箱根(屋外施設)、北軽井沢(屋内施設及びキャンプ場併設の屋外施設)にも展開予定。※写真はイメージです

e-TRAIL PARKの料金・利用方法

■利用料金(価格は全て消費税込み)
・1回約20分:1,650円 (レンタルEVバイク+コース走行料)
・延長料金:1,320円(1回約20分)
・レンタルヘルメット、プロテクター:各330円/回

<初回のみ>
電動バイクの特性や操作方法、e-TRAIL PARK独自のルールの説明時間として、初回講習を受講すれば、今後展開予定のe-TRAIL PARKが初回講習なしで利用可能
登録料:550円
講習料:1,320円 

■場所
イオン海老名ショッピングセンター内 神奈川県海老名市中央2-4-1 https://www.aeon.jp/sc/ebina/

■予約方法
店頭にて予約を受付

■対象者:安全性を考慮して、対象年齢は15歳以上(ただし18歳未満の方は保護者の同意が必要です)、身長150cm以上で対象車両に乗って両足が着く人が対象

■問い合わせ・詳細:https://www.rental819.com/ev/ 

レンタルEVバイク(電動バイク)の「eレンタル819」などのサービスも開始

 e-TRAIL PARKを運営する「キズキレンタルサービス」は、e-TRAIL PARK以外にも、レンタルバイクの「レンタル819」に加え、レンタルEVバイク(電動バイク)の「eレンタル819」をオープン。また、電動バイクのインポートセレクトブランドを扱う「XEAM(ジーム)」、オフロードバイクとMTBをミックスしたような軽量でスリムな車体が特徴の「SUR-RON(サーロン)」の展示・販売も開始した。

 キズキレンタルサービスでは、e-TRAIL PARK、レンタル819、EVバイクの販売など、バイクに関連するコンテンツを集合させ、「イオン海老名ショッピングセンター内 モトパラ@エビナ」として展開していく。

イオン海老名ショッピングセンター内 モトパラ@エビナ

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭