イタリア・ブレンボが最高峰ブレーキャリパー「GP4-MS」の進化版を発表! 通気フィンを設置してスポーツ性能を向上【EICMA2022】

世界最高峰のロードレース・MotoGP等のレーサーに加え、市販スポーツモデルにも多用されているイタリアのブレーキパーツブランド「ブレンボ」。同社は2022年11月8日~11月13日にイタリア・ミラノで開催された世界最大のモーターサイクルショー「EICMA(エイクマ)」にて、超高性能スポーツキャリパー「GP4-MS」のNEWモデルを発表。NEWバージョンは、ブレーキシステムの熱交換を改善。アウターボディに通気フィンを導入し、キャリパー各部の冷却効果を高めているのが大きなポイントだ。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
株式会社ブレンボ・ジャパン https://www.brembo.com/jp

世界最高峰のロードレース・MotoGPの技術を市販車用に反映した、ラジアルマウント型の新型「GP4-MSキャリパー」

新型の「GP4-MSキャリパー」はアウターボディに通気フィン(写真下部)を導入し、キャリパー各部の冷却効果をアップ。
新型の「GP4-MSキャリパー」。
新型の「GP4-MSキャリパー」。

イタリアの名門ブレーキメーカー「ブレンボ」は、世界最高峰のロードレース「MotoGP」やスーパーバイク世界選手権を始め、様々なレーサーや市販モデルに採用された信頼のブランド。国内の市販モデルには、極めてポテンシャルの高い、超高性能スポーツモデルをメインに導入。ドゥカティなどの海外モデルはもちろん、四輪のスーパースポーツモデルにも採用されるなど、「ブレーキ界のキング」として世界中に認められている。

ブレンボは様々なディスクブレーキ用キャリパーをリリースしているが、ラジアルマウント型の「GP4-MS」は、MotoGPマシン用のブレーキキャリパーを、一般公道走行用として開発。同品は「EICMA2018」で発表され、市販化された。

Φ30mm径ピストンを4個を備えた、4POT型のGP4-MSキャリパーは、アルミ削り出し製法とモノブロックの組み合わせによる設計。表面はニッケル仕上げ、またトポロジーを最適化した最先端の設計。MotoGP用に採用されているブレンボ製キャリパーならではの機能やポイントを、細部まで惜しみなく導入。世界最高峰のロードレースのレベルまで性能を引き上げ、既存の公道走行用キャリパーの概念を一新するクオリティに仕上げている。

MotoGPやスーパーバイク世界選手権で採用のブレンボ製キャリパーと同様に、GP4-MS(100mm ピッチ)は、アルミの塊りを、コンピュータ制御によるフライス盤など、最先端の専用工作機械で削り出して成形。GP4-MSは鋳造製法(溶かした素材を型に流し込む製法)に比べ、高温に対する耐性に優れ、ブレーキシステム全体の性能を向上するのがポイント。

GP4-MSはレース専用モデルと同様、精度向上のため、表面にニッケルメッキ処理を実施。また、ピストン内部に異物混入防止用の2重ピストンシールを用いているため、メンテナンスの回数も減少させている。

新型はキャリパー本体デザインをシャープなものに変更。「brembo」のロゴデザインもイメチェン

新型の「GP4-MSキャリパー」はキャリパー本体デザインを、よりシャープなものへと変更。
新型は赤い「brembo」のロゴデザインを、細みをもたせたタイプにチェンジ。スポーティさと親しみやすさを融合。

「EICMA2018」で発表された新型のGP4-MS は、前モデルを凌ぐスポーツ性能を追求。キャリパー本体デザインを、よりシャープなものへと変更するとともに、赤い「brembo」のロゴデザインをチェンジし、スポーティさと親しみやすさを融合。

最大のポイントは、アウターボディに空冷エンジンをイメージさせる、ベンチレーション用の通気フィンを導入し、キャリパー各部の冷却効果をアップしていること。

これにより、ブレーキシステムの熱交換を促して冷却効率を大幅に向上。走行による空気循環はもちろん、ブレーキディスクとホイールの回転によって引き起こされる空気の動きを、より活性化。装着時の存在感をアップするとともに、走りのポテンシャルを一層引き上げている。

フロント部の補強リブは、4本のアルミ製ピストンを取り囲み、システム剛性を最大限に高めることによって、走行中のバイクの安定感と信頼を獲得。ブレンボGP4シリーズの特長の一つである、ニッケルコーティングによる表面処理により、外観の美しさはもちろん、高温環境での強靭さとハイポテンシャルを実現した。

新型のGP4-MSは、欧州のビッグバイクに用いられる、標準的なラジアルフォークと互換性のある従来のGP4-MSキャリパー(取付ピッチ100mm)の人気を受け、日本のスーパースポーツバイク用として、108mmピッチ版をラインナップするなど、取り付け車種の範囲を拡大。新型のGP4-MSは、2023年よりリリース予定だ。

前モデルをチェック

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭