1952 Porsche 356 America Roadster【ポルシェ図鑑:05】

【ポルシェ図鑑】「ポルシェ 356 アメリカ ロードスター(1952)」北米市場向けのスパルタンなロードスター。

1952 Porsche 356 America Roadster
ポルシェ 356 アメリカ ロードスターの生産当時のスタイリング写真。
356によってスポーツカーメーカーとして頭角を現し始めたポルシェにとって、当時の最大マーケットになっていたのは北米市場。中でも有力なディーラーだったマックス・ホフマンの要請に応えるカタチで僅か16台のみ生産されたのが「ポルシェ 356 アメリカ ロードスター」だ。

1952  Porsche 356 America Roadster

北米からのリクエストに応えた「356」

1952 Porsche 356 America Roadster
当時、ポルシェにとって最大のマーケットだった北米のディーラーから要請を受けて誕生したのが356 アメリカ ロードスターだった。

ポルシェの北米市場での販売がスタートしたのは、シュトゥットガルトでの生産がスタートして間もない1950年のこと。それ以降、北米はポルシェを支える重要な市場へと存在感を増すようになる。

そのキーマンとなったのが、ニューヨークでディーラーシップを展開していたマックス・ホフマンだ。戦後大量に北米市場に上陸し成功を収めた英国製スポーツカーの様子を見たホフマンは、早くからポルシェにカブリオレとは異なる安価でスパルタンなロードスターをリクエストしていた。

356のワンオフモデルを参考に

1952 Porsche 356 America Roadster
ハインリヒ・ザウターによる356カブリオレを用いたワンオフモデルを元に、新たにポルシェが生産したのが356 アメリカ ロースター。

そこでポルシェが目をつけたのが、シュトゥットガルトのハインリッヒ・ザウターが1951年に製作した356カブリオレ・ベースのワンオフ・スペシャルだった。レース参戦をするにあたり、356の動力性能に不満を持っていたザウターは、低い2シーターのスチールボディへと換装。1951年から52年にかけ6回のクラス優勝を飾るなど非凡な速さをみせたのである。

ザウターからこのロードスターを買い取り研究したポルシェが1952年に製作したのが、その名も「356 アメリカ ロードスター」だ。

600kgの車重に70hp!

1952  Porsche 356 America Roadster
レースへの運用を念頭に置いた356 アメリカ ロードスターはハイコストなアルミ製ボディを採用。総生産台数は僅か16台と言われる。

シャシーは356カブリオレがベースで、コーチビルダーのクレイザーに委託しザウターによく似た2シーターのアルミ・ボディを製作。わずか600kgという軽量な車体に、70hpを発揮する最新の356 1500S用1488cc空冷水平対向4気筒OHVエンジンを搭載。最高速度は177m/hを誇った。

無論、性能的には十分に満足できるものだったが、アルミ・ボディは生産性も悪いうえにコストも高く、わずか16台の生産(ほとんどが北米に輸出された)に終わっている。しかしながら、走りにターゲットを絞ったスペシャル・ポルシェの元祖という意味において、その存在意義は大きいといえる。

【SPECIFICATIONS】
ポルシェ 356 アメリカ ロードスター
年式:1952年
エンジン形式:空冷水平対向4気筒OHV
排気量:1488cc
最高出力:70hp
最高速度:177km/h

TEXT/藤原よしお(Yoshio FUJIWARA)

合わせて読みたい
ポルシェ図鑑:01-04
ポルシェのヒストリーを追う! 最初の1台から礎を築いたグミュント時代 【ポルシェ図鑑:リンク集】

投稿 【ポルシェ図鑑】「ポルシェ 356 アメリカ ロードスター(1952)」北米市場向けのスパルタンなロードスター。GENROQ Web(ゲンロク ウェブ) に最初に表示されました。

著者プロフィール

藤原よしお 近影

藤原よしお