メルセデスAMGのCクラス史上、4気筒を初採用したC 43誕生!

新型AMG C 43はターボが鍵を握る! F1由来の技術を搭載した直4エンジンの秘密

メルセデスAMG C 43 4MATICのフロントビュー
メルセデスAMGの新型C 43 4MATICは、408hp/500Nmを発生する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。F1由来のテクノロジーを採り入れた、次世代過給システムを投入している。
メルセデスAMGは、2022年4月27日に新型のC 43 4MATICを発表した。408hp/500Nmを発生する2.0リッター直列4気筒ターボを搭載した高性能モデルで、セダンとワゴンの2タイプが同時リリースとなった。

Mercedes-AMG C 43 4MATIC

あえて4気筒をC 43に搭載した理由

メルセデスAMG C43 4MATICとメルセデスAMG C43 4MATIC エステートの2台イメージ
メルセデスAMGが2022年4月27日に発表した新型のC 43 4MATIC(写真左)とC 43 4MATIC エステート。エクステリアには専用のグリルやエアロパーツを採用し、ひと目でAMGと分かる外観を与えている。

メルセデス・ベンツの高性能車部門であるAMGが、新型Cクラスをベースとした「C 43 4MATIC」を発表した。セグメントとパワースペック的には、ずばりBMWのM340i xDriveに好敵手が登場した恰好だ。

M340iが搭載するのは、最高出力387ps/5800rpm、最大トルク500Nm/1800〜5000rpmを発生する3.0リッターの直列6気筒ターボ。一方、C 43は2.0リッター直列4気筒ターボで408hp/6750rpm、500Nm/5000rpmを達成している。CクラスのAMGモデルは歴代V8、もしくはV6を搭載するのが通例で、総排気量も3.0リッターを下回ることはなかった。今回、あえてアファルターバッハが4気筒をC 43の心臓として選択した背景には、AMG肝煎りの次世代ターボの存在がある。

M139“改”ユニットは次世代ターボを採用

新型のC 43がフロントに縦置きするのは、AMG系のコンパクトモデルに導入されてきた直4シリーズ、M139型。その優れたパフォーマンスはA 45 SやCL 45 Sで実証済みだが、今回C 43に搭載されているのはさらなる進化版であり、M139“改”ともいえるユニットである。

今回AMGがC 43の直4エンジンに採用したのが、「エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャー」。ターボチャージャーに電動化技術を組み合わせることで、いわゆる“ターボラグ”を解消するための最新機構だ。AMG曰く、これは「F1のテクノロジーから直接採り入れた」システムであるという。

ターボのラグを電動モーターが埋める

メルセデスAMGとギャレットモーションが共同開発した電動アシストターボ「エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャー」の概念図。
メルセデスAMGとギャレットモーションが共同開発した電動アシストターボ「エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャー」の概念図。センターハウジング部におよそ4cm厚の電動モーターを組み込んでいる。

メルセデスAMG SL 43が採用する4気筒の技術的ハイライト「エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャー」は、約4cm厚のスリムな電動モーターをセンターハウジング部に搭載。排気ガスのエネルギーが不足する時にはターボチャージャーのシャフトを直接電気駆動することで、コンプレッサーホイールを回転させる。排気エネルギーによりタービンホイールが回転するまでの“隙間”を、電気モーターのアシストで埋めることが可能となったのだ。

車載の48Vバッテリーにより電力を供給し、コンプレッサーは最高17万rpmの回転数を実現。また、ターボチャージャーと電動モーター、パワーエレクトロニクス機構はエンジンの冷却回路に繋げられており、常時最適な温度がキープされるようになっている。

一時的に14馬力のブーストも

M139型には他にもF1マシンと同じ技術が使われている。例えばシリンダーライナーに使われている、ピストンとシリンダー間の摩擦を低減するためのNANOSLIDEコーティング。このコーティング技術はAMG 63シリーズでおなじみのM156型から採用されてきたもので、F1用のエンジンでも活用されている。

さらに、ベルト駆動のスタータージェネレーター(RSG)のアシストにより、一時的に14hpのブーストも可能となっている。使用しているのは第2世代のRSGで、48Vシステムのマイルドハイブリッドシステムとしてエネルギー回生も行うなど、効率性の向上にも寄与しているそうだ。

後輪操舵システムも標準装備

トランスミッションには、湿式多板クラッチをスターティングデバイスに使う軽量な9速AMG SPEEDSHIFT MCT(マルチクラッチ・トランスミッション)を組み合わせている。サスペンションはアダプティブダンパーとスチールばねで構成するAMG RIDE CONTROLが標準装備。

さらに、後輪操舵システムも全車に搭載し、おおよそ100km/hまでの走行時は後輪を最大2.5度まで逆位相に操舵し、100km/h以上になると最大0.7度同位相に操舵する。

“架空のレースエンジニア”も搭載

フロントマスクには、最新のAMG顔としてすっかりお馴染みになった縦型フィンの「パナメリカーナグリル」を装着。さらに、専用のフロント/リヤエプロンやクロームで周りを装飾したエアインテークなどにより、ノーマルのCクラスとの差別化を図っている。ホイールは18インチが標準で、最大20インチまでオプションとして用意している。

また、ハイパフォーマーたるC 43は、ローンチコントロール機構はもちろん、“バーチャル・レース・エンジニア”とも称される「AMG TRACK PACE」も搭載。車速や加速度など80を超える項目を常時記録するとともに、セクション毎のタイムやラップタイムなどを随時表示可能としている。同モードを選択すると、ドライバーが一目で必要な数字を読み取ることができるよう、ディスプレイのインターフェイスも専用のものに変更される。

内燃機関はまだまだ多くのポテンシャルを秘めている

メルセデスAMGのフィリップ・シーマ−CEOは次のように語っている。

「Cクラスはいつの時代も、メルセデスAMGにとって素晴らしい成功譚をもたらしてくれます。エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャーという革新的なテクノロジーを得て、最新世代の魅力は一気に高まりました。この新しいターボチャージャー機構と車載48Vシステムは目の覚めるようなドライビングダイナミクス性能に貢献するだけでなく、効率化にも寄与しています。このような手法を通じて、我々は電動化した内燃機関は、まだまだ多くのポテンシャルを秘めているのだということを証明しているのです」

メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCEのフロントビュー

AMG流ハイブリッドはここが凄い! 最新モデルGT 63 Sを海外試乗した渡辺慎太郎が「感嘆」した理由

メルセデスAMGは独自のハイブリッド機構「E PERFORMANCE」を、今後コアテクノロジ…

【SPECIFICATIONS】
メルセデスAMG C 43 4MATIC
ボディサイズ:全長4791 全幅1824 全高1450mm
ホイールベース:2865mm
車両重量:1765kg
エンジン:直列4気筒DOHCツインターボ
ボア×ストローク:83.0×92.0mm
総排気量:1991cc
最高出力:300kW(408hp)/6750rpm
最大トルク:500Nm/5000rpm
ブースト出力:10kW(14hp)
トランスミッション:9速MCT(AMG SPEEDSHIFT MCT)
駆動方式:AWD
サスペンション形式:前後ダブルウィッシュボーン
タイヤサイズ(リム幅):前後245/45ZR18(8.0J)
最高速度:250km/h(AMGドライバーズパッケージ装着車=265km/h)
0-100km/h加速:4.6秒

メルセデスAMG C 43 4MATIC Estate
ボディサイズ:全長4791 全幅1824 全高1466mm
ホイールベース:2865mm
車両重量:1810kg
エンジン:直列4気筒DOHCツインターボ
ボア×ストローク:83.0×92.0mm
総排気量:1991cc
最高出力:300kW(408hp)/6750rpm
最大トルク:500Nm/5000rpm
ブースト出力:10kW(14hp)
トランスミッション:9速MCT(AMG SPEEDSHIFT MCT)
駆動方式:AWD
サスペンション形式:前後ダブルウィッシュボーン
タイヤサイズ(リム幅):前後245/45ZR18(8.0J)
最高速度:250km/h(AMGドライバーズパッケージ装着車=265km/h)
0-100km/h加速:4.7秒

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…