2種類のパワーユニットが用意された「ベントレー フライングスパー S」登場

コンチネンタルGT S/GTC Sに続き、ベントレー フライングスパーに「S」モデルが登場 【動画】

「ベントレー フライングスパー S」の走行シーン。
ベントレーは、ドライビングにフォーカスした「S」シリーズをフライングスパーに追加ラインナップすると発表した。
ベントレーはドライビングにフォーカスした「S」シリーズにフライングスパー Sを追加した。優れた動力性能とドラマチックなアピアランスが魅力の最高峰サルーンがSシリーズに加わったことになる。フライングスパー Sには4.0リッターV8ツインターボモデルに加えてハイブリッドモデルも用意され、ベントレーが掲げるサステナブルな未来に向けた「ビヨンド100」戦略がまた一歩前進した。

Bentley Flying Spur S

それぞれのキャラクターはますます明確に

4.0リッターV型8気筒とV6ハイブリッドを展開する「ベントレー フライングスパー S」のエクステリア。
先に発表された「アズール」に続き、よりドライビングを意識した「S」が加わったことで、フライングスパーの選択肢がより豊富になった。

フライングスパーは、自らハンドルを握るドライバーのためのクルマでありながら、妥協を排した快適な乗り心地が長年評価されてきた。先にデビューした「コンチネンタルGT S/GTC S」と同様にドライブする喜びを追求しながらも、パワートレインに「フライングスパー S」は4.0リッターV型8気筒エンジンに加えて、2.9リッターV型6気筒プラグインハイブリッドも用意する。

フライングスパーに「S」モデルが加わったことで、シリーズ各モデルの特徴がより明確になった。快適性を重視するカスタマーには「ウェルビーイング・ビハインド・ザ・ホイール」のコンセプトを掲げる「フライングスパー アズール」、五感を刺激するドライビングを体験したいカスタマーには「フライングスパー S」という選択肢があるという訳だ。

4.0リッターV8ツインターボと2.9リッターV6ツインターボPHEVを展開

4.0リッターV型8気筒とV6ハイブリッドを展開する「ベントレー フライングスパー S」のエクステリア。
コンチネンタルGT Sは4.0リッターV8のみの展開だったが、フラングスパー Sは4.0リッターV8に加えて、効率性を重視したPHEVモデルも用意された。

フライングスパー Sは2種類のパワートレインが用意された。どちらのパワートレインも巧みなエンジニアリングを通し、ベントレーの代名詞であるエフォートレスなパフォーマンスを損なわずに、満足度の高いスポーティなドライビングを実現した。

4.0リッターV型8気筒ツインターボ搭載モデルは、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発揮し、0-100km/h加速わずか4.0秒、最高速度は198mph(約318km/h)の瞬足を誇る。V8モデルは「ベントレーダイナミックライド」を標準装備。急カーブ時は、ベントレーダイナミックライドが0.3秒以内に最大1300Nmのアンチロールトルクを発生させ、ボディを水平かつ安定した状態にキープする。さらに、巡航時は左右ホイールをデカップリングすることによってスムーズかつしなやかな乗り心地を実現した。

「エレクトロニック・オールホイール・ステアリング」も標準装備。低速時にはこのシステムによって後輪が最大で 4.2度、前輪と逆方向に切られ、回転径が小さくなることで敏捷性が向上。高速走行時には後輪が前輪と同じ方向に操舵されるため、車線変更や追い越しの際の安定性が確保される。

街乗り中心や環境重視のドライバーには、プラグインハイブリッドモデルも用意される。2.9リッターV型6気筒ツインターボと電気モーターの組み合わせにより、システム最高出力544ps、最大トルク750Nmを発揮。フルEVモードでの航続距離は最長41km、1km当たりのCO2 排出量はわずか75g(WLTP)と、ベントレー史上最高の効率性を実現した。

V8搭載のフライングスパー Sは、スポーツエキゾーストの設計見直しにより、サウンドが向上。フライングスパーハイブリッド Sは、スポーツモード時のエンジンルーム内のサウンドにまでこだわり、キャラクターにマッチしたサウンドでドライバーの気分を盛り上げつつ、リヤキャビンの静粛性は維持された。

あえて輝きを抑えたシックなエクステリア

4.0リッターV型8気筒とV6ハイブリッドを展開する「ベントレー フライングスパー S」の22インチ・ホイール。
グロスブラックの22インチホイール。ブライトウェアにブラックを採用し、あえて輝くクロムパーツを排したことで、スポーティなエクステリアを実現した。

フライングスパー Sはどのエクステリアカラーを選んでも、ブラックのブライトウェアがスポーティなフォルムを演出。英国・クルー本社のデザインチームは、メタルパーツを減らすことでより低くワイドな印象を与えることに成功した。

グロスブラックのバンパーロワグリル、ダークティントのヘッドライトとテールライト、ブラックのクアッド・テールパイプフィニッシャー、フロントフェンダーの“S”バッジなどが、エクステリアを引き締める。また、グリルとサラウンドはブラックグロスで統一され、縦型のバーティカルベーンが配置された。トランクリッドに装着された「ウイングドB」バッジと“BENTLEY”ロゴのみが、ブライトクローム仕上げとなっている。

「S」モデルには完全新設計の22インチホイールを採用。Y字型5本スポークの仕上げは「グロスブラック」か、新登場の「ペールブロッガーサテン」からチョイスできる。グロスブラック仕上げとブライトマシニング仕上げを施した21インチトライスポークホイールも、「S」モデル専用として用意された。また、レッドにペイントされたブレーキキャリパーが標準で装備される。

走りを予感させるツートンカラーの室内

4.0リッターV型8気筒とV6ハイブリッドを展開する「ベントレー フライングスパー S」のインテリア。
スポーティなインテリアには、レザーと新素材「ダイナミカ」による専用のツートンカラー・スプリットが採用された。

フライングスパー Sのインテリアは、パフォーマンスを予感させるツートンカラー・スプリットを選択。滑らかなレザーとソフトな起毛仕上げの「ダイナミカ」が組み合わせられた。美しい室内は、英国・クルー本社のレザーショップにおいて、ハンドクラフトされる。

スエード調の新素材「ダイナミカ」は、ヒーター付きステアリングホイール、シフトレバー、シートクッション、シートバックレストに配置。レザーハイドはシートボルスター、ドアパッド、インストゥルメントパネル周り、コンソール周りにも採用されている。

Sデザインのフルートシートはオプションで、キルティングも選択可能。各シートのヘッドレストには“S”のエンブレムが刺繍される。こちらは無償オプションで、ベントレーウイングの刺繍に変更することも可能だ。

インストゥルメントパネルはモータースポーツとゆかりの深いクロノメーターからインスピレーションを得たデザイン。コンチネンタル GT スピードと共通のグラフィックが採用された。フェイシアの金属製“S”バッジはインテリアにさりげないアクセントを加えている。イルミネーテッドトレッドプレートには“Bentley Motors Ltd”の代わりに“S”のデザインが刻まれた。

2022年のグッドウッドにてワールドプレミア

ベントレーが新たに展開するドライビングを意識した「S」シリーズのラインアップ。
フライングスパー Sは、コンチネンタルGT S/GTC Sと共に、2022年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初披露される。

新たな「S」シリーズは、6月23~26日に英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」においてワールドプレミアが決まっている。今回、フライングスパー S、コンチネンタルGT S、コンチネンタルGTC Sが「ファーストグランス」クラスとしてヒルクライムに登場し、イベント開催中はパドックにも展示される。貴重なレーシングカーをはじめ、新旧ベントレーも併せて公開される予定だ。

ベントレー「S」シリーズを動画でチェック!

「ベントレー コンチネンタルGTC S」の走行シーン。

ベントレー コンチネンタルGTに、ドライビングパフォーマンスを重視した「GTC S/GT S」が新登場!

ベントレーはコンチネンタルGTに新シリーズとなる「S」モデルを追加した。「コンチネンタルGT…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部