フライングスパー ハイブリッド、英国と欧州での受注をスタート

ベントレー フライング スパー ハイブリッド、ベントレー史上最高レベルのCO2排出量を達成

ベントレー史上、最高の環境性能となるCO2排出量75g/kmを記録した、フライング スパー ハイブリッド。
ベントレー史上、最高の環境性能となるCO2排出量75g/kmを記録した、フライング スパー ハイブリッド。
ベンテイガ ハイブリッドに続く、ベントレー2番目のハイブリッドモデル「フライングスパー ハイブリッド」が、同社史上最高の環境性能を実現した。WLTP試験法による型式認証で測定された平均CO2排出量は、わずか75g/kmを達成している。

Bentley Flying Spur Hybrid

2024年までに全モデルにハイブリッドを導入

ベントレーにとっては、ベンテイガ ハイブリッドに続く2番目の電動モデルとして登場したフライングスパー ハイブリッド。2024年までに、全モデルへとハイブリッドが導入される。
ベントレーにとっては、ベンテイガ ハイブリッドに続く2番目の電動モデルとして登場したフライングスパー ハイブリッド。2024年までに、全モデルへとハイブリッドが導入される。

2022年、フライングスパー ハイブリッドの導入により、ベントレーとしては初めて複数のハイブリッドモデルがラインナップに揃うことになった。組織全体でのエンド・トゥ・エンドにおけるカーボンニュートラル達成と、持続可能なラグジュアリーモビリティのトップを目指すベントレーの姿勢が、より鮮明になったと言えそうだ。

今回、型式認証を受けたフライングスパー ハイブリッドは英国と欧州において受注を開始。日本を含めたその他の市場も、まもなく受注が開始される。ベントレーは全ラインナップへのハイブリッドモデル投入を2024年までに完了させる予定となっており、2025年には初のフルバッテリー電気自動車(BEV)を導入。2030年には全ラインナップをBEVに移行する計画を持っている。

燃料満タン状態で805kmの走行が可能

ベントレー フライング スパーハイブリッドの走行シーン。
平均CO2排出量75g/kmという環境性能を達成した「フライングスパー ハイブリッド」。燃料満タンの状態で、800km以上の航続距離を実現している。

フライングスパー ハイブリッドは、効率的な内燃エンジンと高性能電気モーターの組み合わせにより、現行のW型12気筒やV型8気筒エンジンと肩を並べるフレキシビリティと実用性を実現。さらに、ハイブリッドならではの優れたレスポンスと一体感、洗練されたドライビングを手にしている。

2.9リッターV型6気筒ガソリンエンジンと高度な電気モーターを搭載した新設計のハイブリッドパワートレインのシステム最高出力は、ベンテイガ ハイブリッドより95bhpもアップした536bhp(544ps)、最大トルクは750Nmを発揮。最新のハイブリッドモデルに相応しく、優れたパワーと力強いトルク、素早いスロットルレスポンスを誇り、0-100km/h加速は4.3秒を誇る。

この結果、新設計ハイブリッドパワートレインによる大幅な燃費向上と、ベントレーの持ち味であるエフォートレスで洗練されたパフォーマンスを両立させ、ベントレー史上最高の燃費を実現。燃料満タン状態で805kmの走行を可能とし、さらにモーターだけで41kmも走行することができる。

搭載されるリチウムイオンバッテリーは18.0kWh(実効容量)、わずか2時間半ほどでフル充電が可能。高圧バッテリーに蓄えられたエネルギーは、動力となる電気モーターに供給されるほか、従来の12Vバッテリー系統の補助にも使用される。

内外装に用意された豊富なカラーバリエーション

ベントレー フライング スパーハイブリッドのインテリア。
フライングスパー ハイブリッドは、他のベントレーモデルと同様に、内外装に豊富なカラーや素材を用意。自分自身の好みに合わせた仕様を作り上げることができる。

フライングスパー ハイブリッドのインテリアは、最高のラグジュアリーとモダンなイノベーションが共存。レザーは標準5色とオプション10色の全15色、ウッドパネルは8種類からチョイスが可能で、オーナーが自身の好みに合わせたインテリアに仕上げることができる。

ステッチとエンブレムは同色に加えて、コントラストカラーを指定することも可能。シートカバーに加えるコントラストパイピングは、1950年代にデビューした初代フライングスパーを思わせる趣がある。

エクステリアのオプションカラーは60色以上。マリナーを経由することで、自分だけのエクステリアカラーをオーダーすることも可能だ。「ブラックライン・スペシフィケーション」をチョイスすれば、エクステリアのブライトウェアがモダンな雰囲気のブラックへと統一される。また、オプションのイルミネーション付き電動「フライングB」マスコットもダークバージョンとなる。

ベントレーが2022年5月10日にワールドプレミアする新型車のティーザー画像

ベントレー第5のモデルが間もなく登場! 「謎の新型車」は5月10日にワールドプレミア

ベントレーは、2022年5月10日に新型車をワールドプレミアすると告知。同時に、その姿を予告…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部