【スクープ!】最高出力を高めたパフォーマンス仕様「レンジローバースポーツ SVR」

【スクープ!】最高出力600psオーバーは堅い? レンジローバースポーツに最強の「SVR」は2023年初デビュー

厳重にカモフラージュが施されたレンジローバースポーツ SVRが、ニュルブルクリンク近郊の公道で撮影された。
厳重にカモフラージュが施されたレンジローバースポーツ SVRが、ニュルブルクリンク近郊の公道で撮影された。
現在、ラインナップの刷新を進めているランドローバー。2022年5月に発表したばかりの新型「レンジローバースポーツ」に、ハイパフォーマンス仕様の「SVR」を追加する。厳重にカモフラージュが施された状態だが、ドイツ・ニュブルクリンク近郊において開発中のレンジローバースポーツ SVRの撮影に成功した。

Range Rover Sport SVR

アグレッシブなスタイルで2023年にデビューか

厳重にカモフラージュが施されたレンジローバースポーツ SVRが、ニュルブルクリンク近郊の公道で撮影された。
2022年5月に発表された標準仕様に続き、クワッドテールパイプなどが採用されたハイパフォーマンスモデルの「SVR」は2023年初頭に投入されると見られている。

3代目に進化した新型「レンジローバースポーツ」は、2022年5月にワールドプレミア。実に9年ぶりのモデルチェンジを果たすことになった。今回、ニュルブルクリンク近郊で撮影されたスパイショットは、かなり厳重なカモフラージュが施されているが、強化型ブレーキや4本出しエキゾーストパイプなどから、ハイパフォーマンス仕様の「SVR」であることが分かる。

よりパワフルなパワーユニットの搭載に加えて、アグレッシブなエクステリアが与えられたレンジローバースポーツ SVRは、2023年前半にそのベールを脱ぐ可能性が高い。フロントバンパーは大型エアインテークを備え、スポーティなクワッドテールパイプの間にはレーシーなディフューザー処理を採用。空力を意識し、ルーフ後端にはスポイラーも装着される。

BMW製4.4リッターV8ツインターボを搭載

厳重にカモフラージュが施されたレンジローバースポーツ SVRが、ニュルブルクリンク近郊の公道で撮影された。
パワーユニットは、BMW X5 Mなどにも採用されている、4.4リッターV型8気筒ツインターボを搭載。最高出力は先代モデルを大きく上まわり、615psにまで達すると見られている。

パワーユニットはBMW X5 Mと同じ、M仕様の4.4リッターV型8気筒Mツインパワー・ターボエンジンが搭載される。最高出力は現行型を大きく上まわる最高出力615ps(451kW)、最大トルク750Nmを発揮。ギヤボックスは8速ATとなる。0-100km/h加速のタイムは4.5秒未満、最高速度に関してはリミッターで280km/hに制限される見込みだ。

インテリアにはステッチとパイピングのコントラストが鮮やかな専用シートを装着し、インフォテイメントシステムとデジタルメーターディスプレイも、SVR専用グラフィックが与えられる。走行モードもSVR専用に変更され、最もスポーティな設定では舗装路においてスポーツカーをも凌駕するパフォーマンスを楽しむことができるという。

新型レンジローバースポーツは、先だって日本にも上陸したレンジローバーと同じく、新開発のアーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」が採用された。柔軟性を謳うこの新型アーキテクチャーは、内燃機関だけでなく、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、さらにフル電気パワートレインを搭載することも可能。今後、SVRだけでなく、レンジローバースポーツにも様々なパワーユニットを搭載したモデルが追加されることになる。

ジャガーF ペイス SVR(左)とランドローバー レンジローバースポーツ SVR

新型レンジローバースポーツ登場を機に旧型のSVRと同門ジャガー Fペイス SVRを比較してみたら5.0リッターV8スーパーチャージャーへのリスペクトが高まった

SUVがクルマの中心となって久しいが、大排気量のSUVは徐々にしかし確実に減っている。過給機…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部