2023新春サーキットテスト「ポルシェ 718 GTS編」

【荒聖治の2023新春サーキットテスト】718ケイマンGTS4.0は燃料切れまで走っていたくなる

ポルシェと他車の差を感じるのがブレーキだ。ブレーキペダルを踏んだ時のしっかり感と、短い距離で止まる制動感。これがポルシェに乗っていると実感させてくれる。
ポルシェと他車の差を感じるのがブレーキだ。ブレーキペダルを踏んだ時のしっかり感と、短い距離で止まる制動感。これがポルシェに乗っていると実感させてくれる。
ポルシェのエントリースポーツモデル「718」とはいえ試乗したのはGTS。4.0リッターを搭載する上位グレードの性能ははたしてどれほどか?

Porsche 718 Cayman GTS 4.0

エントリーモデルとはいえ

ドライブモードはスポーツ+でPSMはスポーツ、変速はオートで問題ない。スムーズにコントロールすれば、制御が介入する事はない。

ポルシェ・トラック・エクスペリエンスのインストラクターをしている事もあり、日頃からポルシェに乗る機会に恵まれている。ポルシェのラインナップでも軽量コンパクトな位置の718ケイマンは、乗りやすさと軽快な乗り味が特徴だ。今回は4.0リッター6気筒を搭載するGTS4.0を試した。

まずは一般道での乗り味からチェックした。高速道路を100km/h領域で走行させる。エンジンは低回転でもコントロールしやすく、追い越しで加速する時に頑張らなくても速いので、楽だし安全だ。高速を巡航しているとこのクルマの前後バランスの良さが体感できる。前後ピッチ方向の動きは少なく抑えられ、走行中路面に対してボディがフラットな状態を保っている。前後タイヤがきちんと接地している感覚で、抜群の安定性を味わえる。

一般道で感じたバランスの良さはサーキットでも同様

サスペンションはしなやかな味付けで、快適性も高い。フニャフニャではなくバシッとしたスポーツカーらしさの中にこのしなやかな乗り味があるのは、40代後半の筆者としては嬉しい。筑波サーキットまで楽しく快適に移動でき、このままヘルメットをかぶってすぐにサーキット走行したいという気持ちになった。

サーキットでの試乗は完全なドライコンディションでできた。ピットアウトして1コーナーから、そのバランスの良さに笑みを浮かべてしまうほどだ。ステアリング操作に対して良く曲がる。4輪が路面にバランス良く接地して、高いグリップレベルを感じながらドライビングできる。ポルシェを速いペースで走らせた時に、他車との差を感じるのがブレーキだ。ブレーキペダルを踏んだ時のしっかり感と、短い距離で止まる制動感。ポルシェに乗っていると実感する。一般道で感じたバランスの良さはサーキットを走っても同じ印象だ。低速でも高速でも同じイメージで走れる。

電子デバイスの絶妙な制御

最近のポルシェの進化で、電子デバイスを上手く使って走らせる時代になったと感じるが、今回もドライブモードはスポーツ+でPSMはスポーツ、変速はオートで問題なかった。スムーズなコントロールをすれば、タイヤがスライドするような場面でも制御が介入して抑えられてしまう事はない。エンジンもブレーキも熱による変化がほとんど感じられないので、このままガソリンがなくなるまでずっと走り続けていられる気分になるほどだ。

REPORT/荒 聖治(Seiji ARA)
PHOTO/市 健治(Kenji ICHI)
MAGAZINE/GENROQ 2023年2月号

SPECIFICATIONS

ポルシェ718ケイマンGTS4.0

ボディサイズ:全長4405 全幅1800 全高1285mm
ホイールベース:2475mm
車両重量:1440kg
エンジン:水平対向6気筒DOHC
総排気量:3995cc
ボア×ストローク:102×81.5mm
圧縮比:13
最高出力:294kW(400PS)/7000rpm
最大トルク:430Nm(43.9kgm)/5500rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション:前後マクファーソンストラット
ブレーキ:ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前235/35ZR20 後265/35ZR20
最高速度:288km/h
0-100km/h加速:4.0秒
燃料消費率:10.4km/L
車両本体価格(税込):1207万2000円

著者プロフィール

荒 聖治 近影

荒 聖治