電動アシスト自転車おすすめ人気ランキング10選|価格比較

この記事では、人気の電動アシスト自転車おすすめ製品をランキング形式でご紹介!

通勤・通学に便利な機能が搭載されたシティサイクルタイプから、送り迎えに安心な機能搭載の子供乗せタイプまで、人気の電動アシスト自転車を厳選ピックアップしています。

各メーカーから特徴の異なる様々な電動アシスト自転車がラインナップされているので、選ぶ際のチェックポイントも参考にしながら自分に合った一台を見つけましょう。

※ランキングは価格コム「電動自転車 人気売れ筋ランキング」を参考

電動アシスト自転車とは

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車とは、モーターでペダルを漕ぐ力をサポートしてくれる自転車のことです。

あくまで自転車のためペダルを漕ぐ必要がありますが、モーターが最大漕ぐ力の2倍までアシストしてくれるため、坂道や向かい風でも快適に走行することが可能です。

近年、電動アシスト自転車の売上は伸び続けていて、自転車総合研究所の調査によると、電動アシスト自転車の使用率は全体の7.5%、主婦層に至っては19.8%と5台に1台が電動アシスト自転車の計算になります。

※参照:電動アシスト自転車の活用可能性と効果

電動アシスト自転車の基礎知識

  • 電動アシスト自転車の3つのメリット
  • 電動アシスト自転車と電動自転車の違い
  • 電動アシスト自転車は免許不要。電動自転車は免許が必要

電動アシスト自転車の3つのメリット

電動アシスト自転車には、以下の3つのメリットがあります。

  • モーターの力で“グイグイ”進む
    上り坂や向かい風、子供と2人乗りなどペダルが重くなりがちな時にも、モーターのサポートでグイグイ自転車が進みます。
  • 維持費のリーズナブルさ
    自動車やバイク、公共交通機関と比べて、維持費がリーズナブルに済むのも大きなメリットです。
  • 環境にも優しい乗り物
    電動アシスト自転車はもちろん排気ガスを排出しません。地球のことを考えても環境に優しい乗り物です。

電動アシスト自転車と電動自転車の違い

モーターの力を利用する自転車には、「電動アシスト自転車」と「電動自転車」の2種類があります。

両者には以下のような違いがあるので、選ぶ際にご注意ください。

【電動アシスト自転車】
・人の力をモーターが補助
・モーターは時速24kmまでアシスト
・道路交通法上は自転車と同じ扱い

【電動自転車】
・モーターの力のみで走行可能
・24km以上でもモーターがアシスト
・道路交通法上は原付バイクと同じ扱い

電動アシスト自転車は免許不要。電動自転車は免許が必要

電動アシスト自転車は、道路交通法上は「駆動補助機付自転車」と呼ばれ、自転車に該当します。そのため一般の自転車と同じように、利用するのに免許は不要です。

しかし電動自転車は、道路交通法上は「原動機付自転車」に該当するため、運転するのに原付きバイクを運転できる免許が必要になります。

免許の他にも、ヘルメットの着用や自賠責保険の加入、ナンバープレートの表示などが必要です。

※参照:「ペダル付電動自転車」の走行(使用)に注意してください!|警視庁

電動アシスト自転車のタイプ|子供乗せや折りたたみなど

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、大きく分けると用途に応じた以下の4つのタイプに分類できます。

特徴や機能性が異なるため、使用シーンをイメージしながら使いやすい電動アシスト自転車を選びましょう。

電動アシスト自転車のタイプ

  • シティサイクルタイプ
  • 子供乗せタイプ
  • スポーツタイプ
  • 折りたたみタイプ

シティサイクルタイプ|通勤・通学用の定番

「ママチャリ」とも呼ばれる一般的な電動アシスト自転車のタイプ。

通勤から通学、買い物など、近距離の移動をメインにした日常生活での使用に適しています。

各メーカーが特に力を入れているタイプのため選択肢が多く、必要としている機能性やバッテリーサイズ、毎日使いたくなるデザインなど、欲しい1台を見つけやすいのが魅力です。

子供乗せタイプ|安全・安心な機能をプラス

子供乗せタイプは、小さな子供を前か後ろに乗せられるチャイルドシートを標準装備している電動アシスト自転車です。

また、子供を乗せた状態でも安定して走行できるよう小径&低床設計になっていたり、転倒を防ぐための機能が搭載されていたりするなど、安全性にこだわった製品が多いです。

スポーツタイプ|前傾姿勢でアクティブに楽しむ

ロードバイクやマウンテンバイクなど、スポーツ用途に適した自転車にアシストユニットを搭載したスポーツタイプの電動アシスト自転車も人気があります。

前傾姿勢で空気抵抗が小さく、長距離の通勤・通学でも軽快に走行できるのが特徴です。

また、アシストフィーリングがより自然なスポーツタイプ専用のアシストユニットを搭載した製品を販売しているメーカーもあります。

折りたたみタイプ|電動アシストで走行性向上

エレベーターを使って電動アシスト自転車を自宅保管したり、旅行時に持ち運び外出先でサイクリングを楽しんだりするのに便利なのが折りたたみタイプです。

モーターのアシストがあることで、一般の折りたたみ自転車よりも高い走行性を得られるのが魅力です。

頻繁に持ち運ぶような使用を考えている方は、折りたたみやすさや重量も確認するようにしましょう。

電動アシスト自転車の選び方【比較・チェックポイント】

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は一般の自転車と比べると高価な分、購入する際にはしっかりと比較検討して選ぶことが重要です。

電動アシスト自転車の要であるバッテリー性能だけでなく、タイヤサイズや適応身長、シフト段数など、電動アシスト自転車を選ぶ上で確認したいチェックポイントをご紹介します。

電動アシスト自転車の選び方

  • 使用環境に合わせてバッテリーサイズを決める
  • 電動アシスト自転車の一般的なタイヤサイズは4種類
  • 通販で購入するなら適応身長をしっかり確認
  • シフト段数は走行シーンに合わせて選ぶ

使用環境に合わせてバッテリーサイズを決める

モーターによるアシストを受けられる“補助走行距離”は、バッテリー容量(Ah:アンペアアワー)によって大きく変わります。

そのためバッテリー容量は、電動アシスト自転車を使う頻度や距離に応じて選ぶことをおすすめします。

主な目安は以下の通りです。

  • 6.0~8.0Ah:週に数回、近場の買い物程度という方
  • 12.0Ah~:通勤・通学や、子供の送迎など毎日使う方
  • 16.0Ah~:電力を使う坂道や長距離での移動が多い方

電動アシスト自転車の一般的なタイヤサイズは4種類

電動アシスト自転車のタイヤサイズは一般的に20インチ・24インチ・26インチ・27インチの4種類です。

サイズによって次のような特徴があります。

  • 20インチ
    小回りが利き、狭い道でも走行しやすい。漕ぎ出しが軽く、スピードに乗りやすい。子供乗せタイプや折りたたみタイプで人気の高いタイヤサイズ。
  • 24インチ
    適応身長は20インチとほとんど変わりませんが、より高い安定感や走行性が得られる。
  • 26インチ
    シティサイクルタイプで人気のタイヤサイズ。スピードが出やすく、道路の段差や細かい凹凸を乗り越えやすい。
  • 27インチ
    スポーツタイプで人気のタイヤサイズ。アシスト限度である時速24km以上のスピードを出しやすく、長距離サイクリング向け。

通販で購入するなら適応身長をしっかり確認

電動アシスト自転車は、店頭在庫のあまりない自転車屋さんも多く、通販で購入する方も少なくありません。

オンラインショップで購入する場合には、必ず適応身長を確認するようにしましょう。適応身長は、サドルを一番下げた状態で、両足のつま先が付く程度の身長の目安です。

子供乗せタイプの自転車は、より安全性を高めるため、子供を乗せた状態で両足の裏の全面が着く身長の目安が表記されています。

シフト段数は走行シーンに合わせて選ぶ

電動アシスト自転車はモーターのサポートを受けられますが、それでもシフト段数が複数ある方が足やモーターにかかる負担を減らせます。

一般的には内装3段の製品が多く、市街地を走行するには十分な性能です。

長距離サイクリングや、スポーツ走行を楽しみたい方は、7段以上のより段数の多い電動アシスト自転車を選びましょう。

電動アシスト自転車おすすめ人気ランキング

以下では、人気の電動アシスト自転車おすすめ製品をランキング形式で紹介します。

特徴や性能、価格などを比較しながら、自分に合った電動アシスト自転車を見つけてください。

おすすめ1位:パナソニック ビビ・SX BE-ELSX632

パナソニック ビビ・SX BE-ELSX632

ビビSXは、パナソニックのシティサイクルシリーズの中でも使いやすさに配慮したお買い得モデル。

リーズナブルな価格設定ながら、内装3段アシストモードがワンタッチで切り替えられるバックライト付手元スイッチかばんが傷つきにくい樹脂バスケットなど、必要十分な機能が搭載されています。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 ビビ・SX BE-ELSX632
バッテリー容量 8.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 パワーモード:約31km
オートマチックモード:約35km
エコモード:約50km
タイヤサイズ 26インチ
サドル高さ ■最低地上高~最高地上高
74.0~89.0cm
乗車適応身長目安 141cm以上
シフト段数 内装3段
重量 26.2kg
カラー チリレッド/シャイニーシルバー/チェスナットブラウン/ソリッドネイビー
価格(税込み) 94,380円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ2位:ブリヂストンサイクル アシスタU STD A6SC11

ブリヂストンサイクル アシスタU STD A6SC11

アシスタU STDは電動アシスト自転車をお手軽に始めたい方におすすめのシンプルな機能性のモデルです。

バッテリー容量は6.2Ahと小さめですが、その分充電時間は約2時間と短く、アシスト強モードでも21kmは走行できるので、近場の買い物などにおすすめです。

ニーズに合わせたオプションで防犯性の高いカバー付きのバスケットやチャイルドシートが選択可能。

メーカー ブリヂストンサイクル(Bridgestone Cycle)
製品名 アシスタU STD A6SC11
バッテリー容量 6.2Ah
充電時間 約2.0時間
走行距離目安/1充電 オートモード:36km
標準モード:25km
強モード:21km
タイヤサイズ 26×1-3/8WO
サドル高さ
乗車適応身長目安 ■乗車可能最低身長
139cm~
シフト段数 3段
重量 25.4kg
カラー サンドピンク/モダンブルー/ナチュラルオリーブ/シルバー/カラメルブラウン/マリノブルー
価格(税込み) オープン価格
公式サイト ブリヂストンサイクル(Bridgestone Cycle)公式サイト

おすすめ3位:パナソニック SW BE-ELSW012

パナソニック SW BE-ELSW012

毎日のライフスタイルにフィットするおしゃれなデザイン性が魅力のSW。

またぎやすいU型フレームで女性にも使いやすく、操作は電源のオン・オフのみのシンプルスイッチです。

バスケットや荷台、チャイルドシートなど、ライフステージに合わせて豊富なオプションが用意されています。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 SW BE-ELSW012
バッテリー容量 8.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 オートマチックモード:約36km
タイヤサイズ 前:20×1.75HE
後:20×2.125HE
サドル高さ ■最低地上高~最高地上高
78.0~94.0cm
乗車適応身長目安 147cm以上
シフト段数
重量 20.9kg
カラー マットジェットブラック/マットクラウディグレー/デザートイエロー
価格(税込み) 83,380円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ4位:パナソニック ティモ・S BE-ELST635

パナソニック ティモ・S BE-ELST635

ティモ・Sは、週に1回の充電で通勤・通学から週末のサイクリングまでこなせる大容量バッテリーを搭載しているのが特徴の電動アシスト自転車です。

16.0Ahのバッテリーで、ロングモードなら約100kmの走行が可能。

フレームサイズにゆとりをもたせる設計でゆったりと乗れるので、長距離の走行でも疲れにくいのが魅力です。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 ティモ・S BE-ELST635
バッテリー容量 16.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 パワーモード:約59km
オートマチックモード:約70km
ロングモード:約100km
タイヤサイズ 26インチ
サドル高さ ■最低地上高~最高地上高
81.0~96.5cm
乗車適応身長目安 150cm以上
シフト段数 内装3段
重量 28.3kg
カラー マットジェットブラック/ファインホワイト/マットオリーブ/マットネイビー/サンドイエロー
価格(税込み) 130,680円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ5位:ブリヂストンサイクル TB1e TB7B41

ブリヂストンサイクル TB1e TB7B41

TB1eは、走行性の高いクロスバイクに大容量バッテリーを搭載したスポーツタイプの電動アシスト自転車。

地面を掴むようにアシストする“DUAL DRIVE”を搭載しているため、長い坂道もスイスイ進んでいきます。

走りながら自動充電することで、14.3Ahのバッテリー容量でも130kmの走行が可能です。

メーカー ブリヂストンサイクル(Bridgestone Cycle)
製品名 TB1e TB7B41
バッテリー容量 14.3Ah相当(+走りながら自動充電(36.5V×9.9Ah=361Wh))
充電時間 約4時間10分
走行距離目安/1充電 エコモード:130km
オートモード:90km
パワーモード:54km
タイヤサイズ 27×1-3/8WO
サドル高さ
乗車適応身長目安 ■乗車可能最低身長
151cm~
シフト段数 7段
重量 22.4kg
カラー マットグレー(ツヤ消しカラー)/ブラック/オーシャンブルー/ネオンライム(ツヤ消しカラー)
価格(税込み) 142,780円
公式サイト ブリヂストンサイクル(Bridgestone Cycle)公式サイト

おすすめ6位:パナソニック ギュット・クルームR・EX BE-ELRE03

パナソニック ギュット・クルームR・EX BE-ELRE03

ギュット・クルームR・EXは、ギュットシリーズのフラッグシップモデルです。

“ラクイック”で、電子キーをかばんに入れておけば、電源スイッチを押すだけで自動開錠してくれるので、子供から目を離さずにスマートに発進可能。

クルームリヤシートは、サンシェードを標準装備で強い日差しから子供を守ってくれます。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 ギュット・クルームR・EX BE-ELRE03
バッテリー容量 16.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 パワーモード:約50km
オートマチックモード:約60km
ロングモード:約80km
タイヤサイズ 20インチ
サドル高さ ■​​最低地上高~最高地上高
73.5~86.0cm
乗車適応身長目安 142cm以上

■幼児2人同乗時適応身長
155cm以上(※幼児2人同乗時適応身長とは両足裏全体が地面につく高さです。)

シフト段数 内装3段
重量 33.4kg
カラー マットチャコールブラック/マットオリーブ/オレンジ×グレー/マットキャメル/マットネイビー/マットハニー
価格(税込み) 177,980円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ7位:パナソニック ビビ・DX BE-ELD636

パナソニック ビビ・DX BE-ELD636

ビビ・DXは、快適な装備をしっかり搭載したパナソニックのロングセラーモデルです。

スタンドを立てると同時にハンドルが固定される“スタピタ2”荷物が傷つきにくく見えにくい“大型スムースインバスケット2”高い被視認性を実現した“足も灯4”など、快適機能が充実しています。

バッテリーサイズは16.0Ahで最大100kmの走行が可能で、毎日の使用にもしっかり対応しています。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 ビビ・DX BE-ELD636
バッテリー容量 16.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 パワーモード:約59km
オートマチックモード:約70km
ロングモード:約100km
タイヤサイズ 26インチ
サドル高さ ■最低地上高~最高地上高
74.0~89.0cm
乗車適応身長目安 141cm以上
シフト段数 内装3段
重量 29.2kg
カラー オニキスブラック/フェザーホワイト/ペアグリーン/フレアレッドパール/チョコブラウン/ファインブルー
価格(税込み) 121,880円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ8位:パナソニック ベロスター BE-ELVS773

パナソニック ベロスター BE-ELVS773

通勤・通学の時間をスポーツに変えてくれるベロスター。パナソニックのスポーツタイプの中でもコストパフォーマンスに優れたエントリーモデルです。

外装7段のスムーズなギアチェンジに加えて、電動アシストもパワー・オートマチック・ロングの3段階をボタン一つで調節できます。

手軽に施錠できるサークル錠が標準装備。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 ベロスター BE-ELVS773
バッテリー容量 8.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 パワーモード:約28km
オートマチックモード:約36km
ロングモード:約50km
タイヤサイズ 700×38C
サドル高さ ■最低地上高~最高地上高
79.0~96.5cm
乗車適応身長目安 149~185cm
シフト段数 外装7段
重量 22.4kg
カラー ミッドナイトブラック/クリスタルホワイト/グリーン/フラットアクアブルー
価格(税込み) 109,800円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ9位:パナソニック ベロスター・ミニ BE-ELVS073

パナソニック ベロスター・ミニ BE-ELVS073

ベロスター・ミニは、扱いやすい20インチのタイヤサイズを採用したスポーツタイプの電動アシスト自転車。

小柄な方や女性でも乗りやすい390mmのフレームサイズで、万が一の転倒の際にフレームを守るリプレーサブルエンドを採用しています。

手軽に施錠できるサークル錠が標準装備。

メーカー パナソニック(Panasonic)
製品名 ベロスター・ミニ BE-ELVS073
バッテリー容量 8.0Ah
充電時間 約4.5時間
走行距離目安/1充電 パワーモード:約31km
オートマチックモード:約40km
ロングモード:約60km
タイヤサイズ 20×1.50HE
サドル高さ ■​​最低地上高~最高地上高
76.5~94.0cm
乗車適応身長目安 146~181cm
シフト段数 外装7段
重量 20.9kg
カラー クリスタルホワイト/マットオリーブ/フラットアクアブルー
価格(税込み) 109,800円
公式サイト パナソニック(Panasonic)公式サイト

おすすめ10位:ヤマハ PAS CITY-C PA20CC

ヤマハ PAS CITY-C PA20CC

PAS CITY-Cは、街乗りで取り回しのしやすい20インチモデルのシティサイクルです。

新たに採用された“スマートパワーアシスト”は、平坦な道から坂道まで、負荷に合わせてアシストフィーリングを全自動で制御。

適応身長が140cm以上と、小柄な方にも扱いやすいサイズ感が特徴です。

メーカー ヤマハ(YAMAHA)
製品名 PAS CITY-C PA20CC
バッテリー容量 25.5V/12.3Ah(JIS C 8711による定格容量は12.0Ah)
充電時間 約3.5時間(バッテリー残量がほぼ無い状態から、満充電までの時間を指します。環境や条件によって充電時間が異なる場合があります。)
走行距離目安/1充電 オートエコモード:83km
スマートパワーモード:57km
強モード:48km
タイヤサイズ 20×1.75HE
サドル高さ 71.5〜86.5cm
乗車適応身長目安 140cm以上
シフト段数 リヤハブ内装3段式
重量 20.8kg
カラー グロススモークイエロー/マットブラック(ツヤ消しカラー)/マットアンバー2(ツヤ消しカラー)/パウダーブルー(ツヤ消しカラー)
価格(税込み) 124,300円
公式サイト ヤマハ(YAMAHA)公式サイト

電動アシスト自転車おすすめ製品の価格比較表

電動アシスト自転車 価格
パナソニック ビビ・SX BE-ELSX632 94,380円
ブリヂストンサイクル アシスタU STD A6SC11 オープン価格
パナソニック SW BE-ELSW012 83,380円
パナソニック ティモ・S BE-ELST635 130,680円
ブリヂストンサイクル TB1e TB7B41 142,780円
パナソニック ギュット・クルームR・EX BE-ELRE03 177,980円
パナソニック ビビ・DX BE-ELD636 121,880円
パナソニック ベロスター BE-ELVS773 109,800円
パナソニック ベロスター・ミニ BE-ELVS073 109,800円
ヤマハ PAS CITY-C PA20CC 124,300円

【Q&A】電動アシスト自転車について多い質問

以下では、電動アシスト自転車について多い質問・疑問に回答します。

電動アシストQ&A

  • 電動アシスト自転車の充電って難しくない?
  • 電動アシスト自転車の電池寿命はどれくらい?
  • 電動アシスト自転車は雨に濡れても大丈夫?

Q. 電動アシスト自転車の充電って難しくない?

パナソニックやヤマハ、ブリジストンなど大手のメーカーの電動アシスト自転車は、バッテリーを自転車から取り外せるように設計されているため、充電はバッテリーを外して充電器に差し込むだけです。

バッテリー自体は2kg~3kg程度のものが多く、ハンドルが取り付けられるなど持ち運びやすいように工夫がされています。

Q. 電動アシスト自転車の電池寿命はどれくらい?

電動アシスト自転車には、電池寿命の長いリチウムイオン電池が採用されていますが、それでも電池は消耗品です。

一般的に700回~900回の充放電で、電池容量は約半分になると言われています。計算上は、週に2回の充電なら約7年~9年、週に3回の充電なら約5年~6年使えることになります。

※参照:電動アシスト自転車のバッテリー寿命は?|Panasonic

また、各メーカーのホームページや購入した自転車店を通して、純正の交換用バッテリーを購入することもできるため、電池の持ちが悪くなってきたと感じたら相談してみましょう。

Q. 電動アシスト自転車は雨に濡れても大丈夫?

大手メーカーのモーターやバッテリーなどは、生活防水の基準を満たしているため、通常の使用範囲で雨が掛かる程度であれば電気系統に問題はありません。

ただし、電動アシスト自転車に限らず自転車は濡れたままにしておくと各部が錆びるなど劣化の原因となるため、屋外で保管する際にはサイクルカバーなどを使用することをおすすめします。

サイクルカバーは高価な電動アシスト自転車の盗難防止にも効果が期待できます。

電動アシスト自転車は口コミや評判も比較しながら購入しよう

モーターの力でペダルを漕ぐのをサポートしてくれる電動アシスト自転車。

通勤・通学に適したシティサイクルタイプからチャイルドシートを標準装備した子供乗せタイプ、長距離走行に適したスポーツタイプなど、各メーカーから様々な製品がラインナップされています。

一般の自転車と比べると高価なため、実際のユーザーの口コミや評判も参考にしながら、自分に合った電動アシスト自転車を選びましょう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部