国産プレミアムSUV レクサスRXとマツダCX-60 個性際立つ2モデルを徹底比較

新型レクサスRX vs マツダCX-60 GA-K+新ハイブリッドシステムかFR+直6か | 国産プレミアムSUV 対決

右が新型レクサスRX、左がマツダCX-60
全長4.7を超えるラージクラスのプレミアムSUVは、欧州ブランドが強いカテゴリー。そのなかで絶対的な人気を誇るのがレクサスRXだ。いよいよ新型がヴェールを脱いだレクサスRX。国内でその牙城に挑戦するのがマツダCX-60だ。それぞれ、まだ詳細については明らかになっていないが、かたやTNGAで高い評価のあるGA-Kプラットフォームに新ハイブリッドシステムを搭載、かたやFRプラットフォームに直列6気筒エンジンを新開発と、とにかく注目度が高いニューモデルだ。
上が新型レクサスRX、下がマツダCX-60。こうしてみると、ボディサイズは近いが、醸し出す雰囲気はまるで別物だ。
上が新型レクサスRX、下がマツダCX-60。レクサスRXは、4代目から取り入れたフローティングピラーを踏襲。ここがデザイン上の強いアクセントになっている。

まずはプラットフォームから GA-KとLarge

レクサスRXが使うTNGAのGA-Kプラットフォーム。エンジン横置きの中大型車向けのプラットフォームだ。

レクサスRXは、TNGAのGA-Kプラットフォームを新たに採用した。GA-Kは、
カムリ、Avalon、レクサスESなどのセダン系と
RAV4、ハリアー、HighlanderなどのSUV系が使うエンジンをフロントに横置きするプラットフォームだ。つまり、FFベースのプラットフォームだ。先代のRXはTNGAの前の世代の「Kプラットフォーム」を使っていた。新型はGA-Kを使う。とは言っても、レクサスブランドの中心モデルであるRXだから、さまざまな手が入っている。

骨格の接合はレーザースクリューウェルディング(LSW)や構造用接着剤、短ピッチ打点技術のスポット溶接などさまざまな技術を駆使して、高いボディ剛性を実現した。Bピラーには世界初の2GPa級のホットスタンプ材を採用。またフロントフェンダーはアルミ化されている。

マツダCX-60が使うLargeプラットフォーム。エンジンはフロントに縦置きされている。

対するCX-60は、マツダの新しいラージプラットフォームを使う。こちらはフロントにエンジンを縦置きして後輪を駆動するFRベース。マツダは縦置き+後輪駆動のために、新たに8速ATを新開発した。このラージプラットフォーム採用の第一弾がCX-60。今後、CX-70、CX-80、CX-90の登場が予告されている。また、FRのセダン、クーペの登場も期待されている。

ボディサイズは? 

上が新型レクサスRX、下がマツダCX-60 

ボディサイズは
レクサスRX(プロトタイプ)
全長×全幅×全高:4890mm×1920mm×1695mm
ホイールベース:2850mm

マツダCX-60
全長×全幅×全高:4740mm×1890mm×1685mm
ホイールベース:2870mm
となっている。全長はレクサスRXの方が150mm長いが、ホイールベースは20mm、CX-60の方が長い。

新型レクサスRXのサイドビューはフード先端を上げバックウィンドウ後端を下げることで水平的で低重心な姿勢を表現。全長とフロントオーバーハングはキープしながらAピラーの付け根を後ろに下げ、フードの伸びやかさを強調してキャビンの重心がリヤに乗っているようなスタンスの良さを表現している。

対するCX-60は、レクサスRXよりもさらにAピラーの付け根を後ろに引いている。従って、フードはRXよりさらに長い。そのため、フロントアクスルセンターからフロンドドア開口部前端のいわゆる「プレミアムレングス」はFR車らしく非常に長い。これがCX-60のスタイルを決定づけている。キャビン全体が後ろ寄りになっていることと、ルーフも長いので、キャビン空間は外から見るとレクサスRXの方が広そうだ。

右が新型レクサスRX、左がマツダCX-60  レクサスRXは新しいスピンドルボディという塊感のあるデザインに合わせた新しいフロントデザインを採用している。
右が新型レクサスRX、左がマツダCX-60  レクサスRXは、新世代デザインになって、リヤに「L」マークがなくなった。その代わりに「LEXUS」のロゴが付く。

パワートレーンは? 新ハイブリッドシステムか直6か

パワートレーンは、両モデル共に多彩なラインアップを設定している。前述したとおり、レクサスRXはエンジン横置き、CX-60は縦置きだ。まずはガソリン、そしてハイブリッドパワートレーンだ。

新型レクサスRX

レクサスRXが搭載するエンジンは、2.4ℓ直4ガソリンターボと2.5ℓ直4エンジンだ。

まずは2.4ℓ直4ガソリンターボ、T24A-FTS型だ。
トヨタのエンジンラインアップのなかでももっとも新しいエンジンのひとつ。T24A-FTS型はすでにレクサスNXに搭載されている。排気量は2.4ℓ、燃料供給はトヨタ得意のD-4S(直噴とポート噴射を併用する)を使う。RXに搭載したときのスペックは未発表だが、NXに搭載したときのスペックは以下の通り。

T24A-FTS型2.4ℓ直4ターボ

T24A-FTS型
直列4気筒DOHCターボ
排気量:2393cc
ボア×ストローク:87.5mm×99.5mm
最高出力:279ps(205kW)/6000rpm
最大トルク:430Nm/1700-3600rpm
D-4S

RX500h F SPORT Performanceの2.4L-T HEV DIRECT4

T24A-FTS型は8速ATと組み合わせる「RX350」と、おそらくトップグレードとなる「RX500h」が搭載する。RX500hは、新しい「パラレルHybrid」システムを搭載。エンジンとモーターの間にクラッチを配置。さらにトランスミッションは6速ATで、通常トルクコンバーターが収まる部分にクラッチを入れる新しいシステムだ。モーターとエンジンを完全に切り離すことができるので、エンジンのみ、モーターのみ、混合を自在に使い分けられるシステムのようだ。また、RX500h F SPORT Performanceは、リヤに高出力のモーター「eAxle」を組み合わせたDIRECT4の4WDシステムをとる。

これが、前型のRX450h(3.6ℓV6+THSⅡ)の代替のパワートレーンとなる。つまり、新型はV6搭載モデルがない、ということだ。

ハイブリッドではない2.4ℓ直4ターボモデルは8速ATと組み合わせる。これがRX350となる。どちらも、AWDの場合はリヤにモーターを搭載することになる。バッテリーは、アクアで初採用した「バイポーラ型ニッケル水素電池」を使う。

2.5ℓ直4エンジン、A25A-FXS型

もうひとつが2.5ℓ直4エンジン、A25A-FXS型だ。

2.5ℓ直4+THSⅡ(シリーズパラレルHybrid)がRX350hである。これは基本的にレクサスNX350hと同じパワートレーンということになるだろう。

A25A-FXS型
直列4気筒DOHC
排気量:2487cc
ボア×ストローク:87.5mm×103.4mm
最高出力:190ps(140kW)/6000rpm
最大トルク:243Nm/4300-4500rpm
D-4S

RX350hの2.5ℓ直4+THSⅡ(シリーズパラレルHybrid)

マツダCX-60

対するマツダは、なんといっても新開発した直列6気筒エンジンがウリだ。

エンジンはガソリンが
2.5ℓ直列4気筒DOHC(=SKYACTIV-G2.5)
3.0ℓ直列6気筒DOHC(=e SKYACTIV-X 3.0)
3.0ℓ直列6気筒DOHCターボ(SKYACTIV-G3.0)

ディーゼルが
3.3ℓ直列6気筒DOHCディーゼルターボ(SKYACTIV-D3.0)
をラインアップする。

トランスミッションは、新開発の8速AT。48Vのマイルドハイブリッドを組み合わせるグレードもある。日本仕様は、3.0ℓ直6ターボ、3.0ℓ直6SKYACTIV-Xの導入の予定は残念ながらいまのところない。前者はおもに北米向け、後者はおもに欧州向けということになりそうだ。

3.3ℓ直列6気筒ディーゼルターボのSKYACTIV-D3.3

SKYACTIV-D3.3
形式:直列6気筒DOHCディーゼルターボ
排気量:3283cc
ボア×ストローク:86.0mm×94.2mm
圧縮比:15.2
最高出力:254ps(187kW)/3750rpm
最大トルク:550Nm/1500-2400rpm

MHEV-48Vは縦置きトランスミションの湿式多板クラッチ(そう、トルクコンバーターではなく、湿式多板クラッチを発進デバイスに用いる)の後方に、最高出力12.4kW、最大トルク153Nmのモーターを搭載する。

PHEVモデルは?

PHEVモデルのレクサスRX450h+
バッテリーは床下に18.1kWh分を積む。

しかし、両モデルがともに擁するのがPHEVモデルだ。
レクサスRXはRX450h+PHEVモデルだ。2.5ℓPHEV E-Fourで、
A25A-FXS型+シリーズパラレルHybrid+リヤモーターという構成だ。注目のバッテリー容量は
総電力量:18.1kWhとなる。EV走行距離は未発表だ。

マツダCX-60 PHEV
CX-60のPHEVモデルのパワートレーン。2.5ℓ直4ガソリンのSKYACTIV-G2.5にモーターを組み合わせる。

CX-60はエンジンは縦置き化された2.5ℓ直4SKYACTIV-G2.5。圧縮比13.0で最高出力は191ps/261Nm。これに175ps/270Nmのモーターを組み合わせる。バッテリー容量は17.8kWhでほぼレクサスRXと同じ。EV走行距離は61-63kmである。

SKYACTIV-G2.5
形式:直列4気筒DOHC+モーター
排気量:2488cc
ボア×ストローク:89.0mm×100.0mm
圧縮比:13.0
最高出力:323ps(238kW)/6000rpm
最大トルク:500Nm/4000rpm

インテリアは?

上が新型レクサスRX、下がマツダCX-60。

新型レクサスRXのコックピットは、新たなコックピットデザイン、Tazuna Conceptを採用している。Tazunaはもちろん、人が馬を操るときに使う「手綱」。ここに着想を得てステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させて視線移動や煩雑なスイッチ操作することなく、運転に集中できるように考えられている。センターディスプレイは14インチの大型だ。

マツダCX-60のインテリアもプレミアムを意識した上質なものに仕上がっている。インテリアの質感は実際に見て触れて操作してみないとわからないと、どちらも世界のプレミアムSUVにひけをとらないクオリティに仕上がっているはずだ。

価格は? CX-60のコストパフォーマンスが高そうだ

レクサスRX、マツダCX-60ともに、価格は未発表だ。前型は
レクサスRX:524~796万円
だった。エントリーモデルはRX300で2.0ℓ直4ターボモデルで最上級モデルは3.5ℓV6+ハイブリッドモデルだった。

となると、新型はエントリーがRX350(2.4ℓ直4ターボ+8AT)で500万円後半からのスタートとなりそうだ。PHEVモデルは800万円オーバーか。

対するCX-60は、
SKYACTIV-G2.5 FRが約300万円~
SKYACTIV-D3.3 FRが約324万円~
SKYACTIV-D3.3+48V MHEVが約505万円~
PHEVモデルが約539~626万円

と言われている。

プレミアムSUVに初参入するマツダCX-60のプライスタグは、レクサスRXと比べて圧倒的にリーズナブルになる。すでに多数のオーナーを抱えるレクサスRXの買い換え需要(もちろんトヨタ・ハリアーも)をどれほど掴めるか。このクラスのSUVが欲しい人は、輸入車勢、そしてこの2モデルを試乗してから決めるのが良さそうだ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部