よく分かる! 新型クラウンの買い方・選び方【新型CROWNバイヤーズガイド】

新型クラウンが衝撃の発表以来、大きな話題を呼んでいる。「これはクラウンじゃない!」という声もある一方で、現車を見た人たちからは「格好良い!」の声もたくさん届く。いずれにしても、スタイルも中見もすっかり変わってしまい、クラウンの選び方が分からない!という人が多いだろう。そんな皆さんのために、クラウンのアウトラインをまとめてみた。この記事を読んでからカタログを見ていただければいっそう理解が深まるはずだ。

スタイリングも中見もバリエーションもすっかり変貌した新型クラウンは、どの順番で、何を基準にセレクトしていけば良いのか。選択するべき順番に、分かりやすく解説していこう。

新型クラウン選びの要点チェック

1.ボディを選ぶ
2.駆動方式を選ぶ
3.パワーユニットを選ぶ
4.ホイールサイズを選ぶ
5.グレードを選ぶ
6.ボディカラーを選ぶ

1.ボディを選ぶ

・クロスオーバー
・スポーツ
・セダン
・エステート

新型クラウンは驚くことに、4つもの異なるボディバリエーションを掲げて登場した。クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステートの4種である。ということはつまり「まずどのボディを買うのか」をはじめに決めなければならない。とはいえ、7月15日のワールドプレミアとともに車両詳細データや価格が発表されたのは「クロスオーバー」のみである。他の3機種については、詳細データも価格も現時点では示されず、展示車両もモックアップ。発売は2023年とされている。

クラウン クロスオーバー
クラウン スポーツ
クラウン セダン
クラウン エステート

そして何よりも、まず第一弾として発表された「クロスオーバー」が、トヨタが次世代クラウンとして自信を持って投入する先鋒と位置づけられている。というわけで、現段階ではまずこの「クロスオーバー」を購入検討してみたい。次世代サルーンの新提案としてクラウン・クロスオーバーが、写真で見る以上に豊かな面構成の魅力的なスタイリングをしていることは確かだ。

全長4930mm、全幅1840mm、全高1540mm。FFプラットフォーム、リフトアップしたクロスオーバースタイル、個性の強いリヤエンドのまとめ方など、従来の「クラウン的なイメージ」はどこにもない。躍動的で存在感があり、新鮮さや高揚感をもたらすスタイリングだ。

2.駆動方式を選ぶ

・四輪駆動

これまでのクラウンは、長らく後輪駆動を採用していたが、新型クラウンでは一転、これまでのFRプラットフォームから、FFのGA-Kプラットフォームへと変更。これまでのクラウンの歴史の中で初めてFFベースへと一新された。今回、発表されたクロスオーバーは、全グレードがFFベースのE-Fourすなわち電気式四駆が採用される。つまり、現状新型クラウンは全車が四輪駆動になるため、「駆動方式を選ぶ」という項目は立てたものの、四駆のみという意味ではその選択肢はない。(パワートレーン別に、二タイプの電気式四駆が用意されている)

E-Four Advavced 電気式4WDシステム(2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッド)
E-Four 電気式4WDシステム(2.5L ハイブリッド)

3.パワーユニットを選ぶ

・2.4Lターボ(デュアルブーストハイブリッドシステム)
・2.5L(シリーズパラレルハイブリッドシステム)

PHEV、BEVなど、今後発展の可能性は考えられるものの、現状新型クラウンのパワーユニットは、ハイブリッドのみだ。ハイブリッドを構成するエンジンは2種類。直4 2.5Lと、直4 2.4Lターボである。とくに上級に位置する2.4Lターボハイブリッドは、デュアルブーストハイブリッドシステムと呼ばれるまったく新しいハイブリッドシステムを採用。フロントに2.4Lターボエンジン、モーター、6速ATが組み合わされたパラレルハイブリッドであり、リヤ側には、モーター、トランスミッション、インバーターを一体化した「eAxle」を採用した電気式四駆を構築する。新世代クラウンらしい先進性をフルで味わいとなれば、上級2.4Lターボを選択したいところか。

2.4Lターボエンジン

エンジン種類 直列4気筒
エンジン型式 T24A-FTS
総排気量 2393cc
最高出力 200kW(272ps)/6000rpm
最大トルク 460Nm(46.9kgm)/2000〜3000rpm
トランスミッション 6AT

フロントモーター型式 1ZM
最高出力 61kW
最大トルク 292Nm
リヤモーター型式 1YM
最高出力 59kW
最大トルク 169Nm
2.5L NAエンジン
エンジン種類 直列4気筒
エンジン型式 A25A-FXS
総排気量 2487cc
最高出力 137kW(186ps)/6000rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/3600〜5200rpm
トランスミッション 6AT

フロントモーター型式 3NM
最高出力 88kW
最大トルク 202Nm
リヤモーター型式 4NM
最高出力 40kW
最大トルク 121Nm

4.ホイールサイズを選ぶ

・21インチ
・19インチ
225/45R21タイヤ装着車

225/55R19タイヤ装着車

新型クラウンは、トヨタ初の21インチ大径タイヤを採用しているのもトピックだ。グレードによって225/45R21か、225/55R19が装着される。開発者によると新型クラウンは、まず最初のパッケージ検討の時から、「21インチを入れる」ことが前提とされ、そのためにプラットフォームがGA-Kになり、結果横置きのFFに決まったと言う。また、45扁平の21インチとは想像がつかない乗り心地であると開発陣は自信を見せる。ミシュランの新ブランドタイヤを履くなど、何しろ今回の21インチにはトピックが多い。2.4Lターボ車は、全車21インチで、2.5L車は、グレード仕様の選択によって、19インチ、21インチをセレクトできる。(※グレード仕様によりレスオプションで18インチも装着可能)

5.グレードを選ぶ

・CROSSOVER RS
・CROSSOVER G
・CROSSOVER X

クラウン クロスオーバーには、上から「RS」「G」「X」の3グレードが用意される。構成はシンプルだ。「X」「G」は2.5Lのみ。「RS」は2.4Lターボのみなので、まず、エンジンを選ぶとグレードは限定される。ベースグレードの「X」は1仕様のみの設定で価格は435万円。ディスプレイオーディオレスで、インパネセンターの12.3インチHDディスプレイも唯一付かないのが上級モデルとの違い。

4仕様を用意することから見ても、クラウン クロスオーバーのメイングレードは「G」だ。価格は475万円から用意される。「RS」は、エンジンが2.4Lターボとなり、パワフルかつ新開発のデュアルブーストハイブリッド搭載のぶん、価格は605万円からと跳ね上がる。

「X」はファブリックのみ、「RS」は本革のみだが、メイングレードの「G」ではその両方が選べる。「レザーパッケージ」(65万円高)を選択すると、本革内装となる他、21インチホイールが装着される点が大きな違いだ。また、「G」と「RS」では、「アドバンスド」(35万円高)も選択できる。見た目上の大きな違いはないが、「アドバンスド」を選ぶと、デジタルキー、ハンズフリーパワートランクリッド、イージークローザーなど快適装備が充実する。

6.ボディカラーを選ぶ

・バイトーン(6カラー)
・モノトーン(6カラー)

新型クラウンならではの特徴として、ボディカラーにも触れておきたい。クラウン クロスオーバーは、ツートーン前提で、デザインされている。ボンネットのカットライン、プレスライン、フロントエンド、リヤエンドなど、かなり大胆なツートーンを採用しているが、塗り分け前提でスタイリングしたというのは珍しい。実車でも、たとえばレッド×ブラックなどは非常に馴染みも良くツートーンがボディに映えている。大胆過ぎるという意見もあるだろうが、ボディカラー選択ではまずツートーンにするかどうかから悩んで見るといいだろう。モノトーン、ツートーンともに、6色が用意されている。

バイトーン カラーラインナップ
モノトーン カラーラインナップ
クラウン CROSSOVER RS


全長×全幅×全高 4930mm×1840mm×1540mm
ホイールベース 2850mm
最低地上高 145mm
車両重量 1900kg
駆動方式 四輪駆動
サスペンション F マクファーソンストラット式 R マルチリンク式
タイヤ 225/45R21

エンジン種類 直列4気筒
エンジン型式 T24A-FTS
総排気量 2393cc
最高出力 200kW(272ps)/6000rpm
最大トルク 460Nm(46.9kgm)/2000〜3000rpm
トランスミッション 6AT

フロントモーター型式 1ZM
最高出力 61kW
最大トルク 292Nm
リヤモーター型式 1YM
最高出力 59kW
最大トルク 169Nm

価格 6,050,000円

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部