ABB:シェルのグローバルEV充電ネットワーク構築を支援

ABB EモビリティはABBのACおよびDC充電ステーションのエンドツーエンドポートフォリオを供給するための新しいグローバル枠組み協定をシェルと締結した。

 ポートフォリオは、家庭、オフィス、店舗に設置するAC wallboxから、ガソリンスタンド、都市部の充電ステーション、店舗駐車場、フリートアプリケーションに最適なTerra 360まで多岐にわたる。この連携により、ABB Eモビリティとシェルは、EVの普及拡大に向けた2つの課題の解決に貢献する。1つ目は充電インフラ整備。シェルは2025年までに全世界で50万カ所以上、2030年までに250万カ所以上の充電ポイントを住宅、商業施設、シェルの小売店に設置することを目標としている。2つ目が充電速度。Terra 360充電器を含むABBの充電ステーションのポートフォリオがこれに貢献する。

 ABB EモビリティのCEOであるフランク・ミューロン氏は次のように述べている。
「ABB FIAフォーミュラEシリーズへの相互参加を通じて、ABBとシェルはeモビリティの発展を促進すべく革新を進めています。2019年以来、公共充電インフラの展開で協力してきましたが、今回の協定でその連携が次のレベルに引き上げられます」
「シェルのグローバル充電ネットワークを構築するという目標実現を支援できることを嬉しく思います。当社の全充電ポートフォリオを利用することで、シェルはあらゆるユースケースに最適なソリューションを選択でき、より多くの人が場所に関係なく充電できるよう支援します」

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部