テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/11/10
  • Motor Fan illustrated編集部

リレベリング機構で出庫が早い! IHI運搬機械がエレベーターパーキング新シリーズの販売開始

国内初の「リレベリング機構」を採用し、出庫時間の短縮と低騒音化を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
IHIのグループ会社であるIHI運搬機械株式会社は、リレベリング機構を採用することにより従来装置に比べて、出庫時間の短縮と低騒音化を実現したエレベータ式駐車装置「IHIエレベータパーキング」新シリーズを開発し、販売を開始する。

IHI運搬機械は、「タワーパーキング」・「エレベーターパーキング」・「フォークパーキング」などのタワー式パーキングや地下式パーキングから二多段式パーキングまで豊富なラインアップを有する機械式駐車装置のトップメーカーである。
「IHIエレベータパーキング」新シリーズは、首都圏を中心に集合住宅やオフィスビル向けに販売活動を行ない、2019年度までに3,000パレットの受注を目標としている。

IHI運搬機械が開発したエレベーター式駐車装置「IHIエレベータパーキング」新シリーズの特徴であるリレベリング機構とは、車両が横移動する際に、ケージ(昇降装置)の高さをリアルタイムで検出し、サーボロック位置制御(モーター停止時の定位置を保持する機能)とベクトル制御(モーター速度とトルクを精密に制御する技術)を組み合わせることで、円滑にケージを昇降させ、水平レベルを保つ仕組みのことをいう。

新シリーズでは、このリレベリング機構の採用で、IHI運搬機械の従来機と比べて出庫時間を約10%短縮できたという。

新シリーズでは、乗用エレベータで採用している「リレベリング機構」を国内で初めて採用することに成功した。従来装置では、車体の水平レベルを保つためにケージを一度棚に載せる必要があったが、新シリーズではこの工程を省くことで出庫時間の短縮を実現した。
また、横行中の最適な速度と、ケージを棚に載せる工程を省いたリレベリング機構との組み合わせを実現し、より低騒音のエレベーターパーキングへと進化した。騒音も、従来機種比で最大約10%低減している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー