Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N BOX

新日鉄住金の超ハイテン&ソリューション技術がホンダ新型N-BOXに採用

  • 2018/02/03
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

新日鐵住金の外板用1180MPa級冷延ハイテン、高穴広げ型980MPa級冷延ハイテン、連続フランジ工法などの超ハイテンやソリューション技術が、ホンダの新型軽乗用車「N-BOXに採用された。これらはホンダの研究開発を担う、株式会社本田技術研究所と連携のもとボディ部品に適用され、新型N-BOXの軽量化・高剛性化に寄与している。

1.センターピラー外板部品に1180MPa級冷延ハイテンが世界初採用

ハイテンとは、High Tensile Strength Steel(高張力鋼板)の略称。引張り強さが980MPa以上ある鋼板を超ハイテンという。従来、センターピラーは、外板部品は外観、割れ、シワ、寸法精度等の問題から軟鋼、内板部品はハイテンという構造だったが、ホンダ、本田技術研究所、丸順との共同開発により、世界で初めてセンターピラー外板部品に「1180MPa級冷延ハイテン」の適用を実現した。この技術によって、従来の断面内部に用いたハイテンの補強材が省略可能になり、車体の軽量化が可能になる。

2.高穴広げ型980MPa級冷延ハイテンを骨格部品に世界初採用

成形が難しくかつ衝撃吸収性能が要求される骨格部品には、従来は穴広げ性が比較的高い590MPa、780MPa級のハイテンが適用されていた。新日鐵住金は、より高強度の980MPa級にて穴広げ性を改善した「高穴広げ型980MPa級冷延ハイテン」を開発し、新型N-BOXの骨格部品(フロントサイドフレーム)に世界で初めて採用された。高強度化により鋼板の薄手化が可能となり、部品の軽量化に寄与している。
なお、新日鐵住金開発の高穴広げ型980MPa級GA(合金化亜鉛めっき鋼板)ハイテンもホンダの燃料電池車「FCXクラリティ」に世界で初採用されている。

3.連続フランジ工法により部品の高剛性化に寄与

切欠き有りフランジ
連続フランジ

ハイテン部品をT字接合する場合、従来の接合法ではフランジ部分が高強度特性から切欠き形状にならざるを得ず、接合部の剛性に課題があった。新日鐵住金は、独自開発した切欠き形状がない連続したフランジを成形可能な「連続フランジ工法」を、本田技術研究所、エイチワンとの共同開発を通じてN-BOXのクロスメンバーに適用し、部品の剛性向上に寄与している。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ