テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/15
  • Motor Fan illustrated編集部

ルノー・スポールが手を加えるとどうなるか──RENAULT M5Mt

世界のエンジン オールアルバム file 031:RENAULT M5Mt:TCe150/160/165/200/205

このエントリーをはてなブックマークに追加
■M5Mt TCe200
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1618cc
内径×行程 79.7mm×81.1mm
圧縮比 10.0
最高出力 147/6000
最大トルク 260/2500
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In/×

 2013年に登場したルノー・クリオR.S.200をはじめとする1.6ℓターボエンジン・M5Mtシリーズは、アライアンスを組む日産のMR16DDT型エンジンを大幅にアップグレードさせたユニットである。直噴、DLCコーティングのカムフォロワー、ブレーキ回生システム、フリクションの低減、吸排気VVTの採用とさまざまなテクノジーが盛り込まれている。燃料噴射圧は15MPa。さらにルノー・スポールが手を入れたこのTCe200がクリオR.S.に搭載される際は、EDC(Efficient Dual Clutch)と名付けられたゲトラグ製の6速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる。EDCの開発もルノー・スポールが担当。また、パドルシフトでギヤチェンジを行なうことが可能だ(パドルシフトの採用はルノー市販車初だった)。

MR16DDT

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る