テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/09/04
  • Motor Fan illustrated編集部

マグナ:成長し続ける世界のバックドア市場に可能性を広げる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年の世界車両売上の約3分の1をSUVとクロスオーバーが占め、世界の排出ガス規制も合わさると、その人気がとどまることはなく、多くの自動車メーカーが軽量な熱可塑性プラスチックバックドアモジュールを採用している。マグナは、リサイクル可能で、スチール製のバックドアと比較すると 25%の重量削減も可能、且つ幅広いデザイン自由度が提供できるユニークな技術を 自動車メーカーに提案している。

 マグナ エクステリアのプレジデントである Grahame Burrow氏は「マグナの熱可塑性プラスチックバックドアモジュールは、車両重量の削減や燃費効率の改善、排出ガス削減、電気自動車の走行距離拡張、空力の改善された製品への需要に応える自動車メーカーが求めるモジュールです」とし、 「また、デザインの自由度も高いため、自動車メーカーのブランドイメージを車両デザインで柔軟に表現することが可能になり、コスト効率も良いため、短いサイクルでモデルチェンジができ、選択肢が増えます」とコメントしている。

 マグナは、1999年にヨーロッパの高級自動車メーカー向けに熱可塑性プラスチックバックドアを生産開始し、その後複数の欧州メーカーの車両モデルにも採用された。北米市場デビューは、日産 ローグ(エクストレイル)の2014年モデルへの搭載で、その後、ジープ チェロキーの2019年モデルやアキュラRDXの2019年モデルにも採用された。今年中に、中国で2機種に搭載され、中国市場デビューも果たす予定。

 マグナの世界中の拠点で、合計300万台以上の熱可塑性プラスチックバックドアモジュールが生産されてきた。重量削減やデザインの自由度に加え、マグナのフルシステムアッセンブリと納入アプローチが顧客にもたらす主な利点は、バックドアモジュールの複雑形状の実現と初期投資コスト削減、生産能力のアップなどが挙げられる。
 
 IHS Markit は、世界のSUV/コンパクトSUVの市場規模が、2018年の3400万台から、2025年には4300万台まで増加すると予測。マグナは、それを商機の増加と考え、熱可塑性プラスチックバックドアを成長セグメントとして捉えている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated