MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

モーターサイクルジャーナリスト、ケニー佐川が大胆分析 【新型YZF-R25/250ccスポーツ考察】新採用のカウルと倒立フォークがもたらす恩恵とは? /ヤマハ[2/2]

  • 2018/10/23
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー進入から1次旋回で差が出るはず

 もうひとつ、倒立フォークの採用に関しての目的はただ一つ。コーナーリング性能の向上だ。倒立フォークは構造的に剛性が高く強いブレーキがかけられるし、バネ下重量が低減できるのでハンドリングも軽快になる。つまり、ブレーキングでもより突っ込めるし、フットワークも俊敏にできる。コーナリングの中でも特にブレーキを残したまま曲がっていく前半の部分、つまり1次旋回でのパフォーマンスを高めることができるのだ。
 これまでも250ccスポーツライバル対決などの雑誌企画でCBR250RRやNinja250などと同時にテストした経験からも言えるが、既に周知のCBR250RRの強さの秘訣はエンジンパワーだけでなく、それを活かすシャシー性能にあった。その要となったのが倒立フォークだと思っている。高速レンジで振り回してもビクともしない車体や、コーナリング中にフロントから伝わってくる剛性感などは倒立フォークの恩恵が大きいはずだ。もちろん、カチッとしすぎていてツーリングだと疲れるとか、荷重をちゃんとかけないとフィードバックが得られにくいなどのネガな側面もあるが、ことサーキット走行などのスポーツライディングにおいて有利であることは間違いない。リヤショックもセッティングを変更しているらしいので前後でのバランスもきちんと調整されているはずだ。

 また、エンジンそのものについては仕様変更のアナウンスはないため、最高出力その他の基本スペックは現状維持と言えそうだが、トータル的に見て戦闘力を高めてきたことは確かだ。その走りが果たしてどんなものなのか楽しみである。期待しつつ日本での発売を待ちたい。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ