MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. カスタマイズ

原チャリのチューニングは、今やサブコン・フルコンが当たり前の時代です!? ♯0

  • 2018/12/12
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

 DOHCヘッドでパワーアップしたモンキーにFCRキャブを入れたり、ボアアップしたグランドアクシスにPWKキャブを入れたり……。かつての原チャリチューニングといえば、パワーアップ時に高性能かつ大口径キャブレターを組み込むのが定番でしたが、排ガス規制の厳しい近年は原チャリといえども、ほぼすべての新車はFI(フューエルインジェクション)の時代です。

 じつはFI仕様の原チャリもカーチューンさながらに、サブコンやフルコンを使ってのチューニングが楽しめるのです。

 例えばホンダ・グロムやヤマハ・シグナスXといったチューニングの得意な原チャリの場合では、ディルツジャパン製のサブコン「ENIGMA FIRE PLUS(ファイアープラス)」が組み込み可能。エンジン回転数、スロットル開度、燃料噴射量を3Dマップで増減できるだけでなく、点火時期調整、燃料+点火リミッターの解除などを設定可能。しかもマップの書き換えがスマートフォンやノートPCで行える手軽さも自慢です。

 ボアアップ時はもちろん、ノーマル排気量のままハイカムを組んでパワーアップした際など、さまざまな場面で、このサブコンによるチューニングが効果的なのです。

たまに街中で見かける「妙に速い原チャリ」は、もしかしたらサブコンで燃調チューニングをしている……のかもしれませんね。

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ