MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/23
  • MotorFan編集部 北 秀昭

【これカワイイ!!】原チャリ界の名車「モンダビ」がモンキー125で大復活! 東京モーターサイクルショー2019・キジマ

本格派ハーレーレプリカ・モンキーダビッドソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクパーツメーカー「キジマ」がプロデュースした、モンキー125ベースのカスタム。モンキーとハーレーダビッドソンが融合した、別名「モンダビ」だ。反響次第では、限定販売もあり!
MAIN PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

ベースマシンはモンキー125!

 かつてキジマが50cc時代のモンキーでキット販売していたモンキーダビッドソンを、モンキー125のカスタマイズ。ハーレーダビッドソンのカウル&ケース付きモデル、FLHをイメージしたクラシカルなフォルムを忠実に再現。小さいけれど存在感たっぷりで、東京モーターサイクルショーの会場でも、注目を集めている。

【装着キット内容】
・フェアリング
・スクリーン
・フロントフェンダー
・リヤフェンダー
・フロントバンパー
・フィッシュテールマフラー
・フォグランプ(LED)
・リヤキャリア
・リヤセンターBOX
・サイドBOX
・リヤバンパー
・シングルシート
・リヤショック(NITRON)
・サイドカバーR
・ショートサイドスタンド
・フロントリフレクター
・オーバルミラー
・各種ステー類
※FRPパーツ類は黒ゲルコート仕上げ




モンキー125にはオールドスタイルのマフラーがよく似合う。ヨシムラ入魂の新型サイクロンが近日発売予定! 東京モーターサイクルショー2019

【発見】1台で自転車&電動アシスト自転車&電動バイクの3役こなす「パンテーラ3 RS」/東京モーターサイクルショー2019・プロト

OVERレーシング提案のモンキー125は”約14万円のアルミ鍛造ホイール”入りです /東京モーターサイクルショー2-19

+37万円で憧れのサイドカー生活を!【モンキー125で実現可】大阪モーターサイクルショー2019

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る