MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/16
  • MotorFan編集部

+37万円で憧れのサイドカー生活を!【モンキー125で実現可】大阪モーターサイクルショー2019

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪にて開催されている大阪モーターサイクルショー2019。ショー会場で見つけた、とびっきりのバイクネタをどーぞ!

REPORT●川島秀俊 PHOTO●重松浩平

エムクラフト・モンキー125 TC2

モンキー125の車格にピッタリな側車をセット。小さく見えるが、大人が十分に座れるスペースが確保されている。国内は左側通行なので、側車を左に付けるのが一般的だ。※サイドカー登録した場合、ナンバープレートは原付のピンクではなく軽二輪の白となります

 サイドカーというと、バイクライフを楽しみ尽くしたエンスーが味わう、かなりハイソなモーターサイクルという印象だ。少し前まではハーレーダビッドソンにてカタログラインナップされていたこともあり、高級車のイメージが定着している。もちろん、カスタムビルダーによって製作された様々な車両もわずかながら流通しているが、ほぼオーダーメイドという性格上、身近な乗り物とはなかなか言い難い認識だ。

 そんな高嶺の花のサイドカーが、まさかのプライスと車格で登場! エムクラフトが大阪モーターサイクルショー2019に持ち込んだのは、なんとモンキー125のサイドカー仕様。丸くて愛らしいレトロ調の側車は、モデルネーム「TC2」というタイプで同社のラインナップからモンキー125に最適なサイズとデザインをチョイスしている。驚くのはそのプライス。取り付け&1色塗装を施して税込み37万円!! デモカーのツートンカラーやスペアタイヤはオプションとなっているものの、車両を用意しても80万円程度からサイドカーライフが始められるのだ。何よりニクイのは、小さなモンキー125で一丁前にサイドカーを従える痛快さだろう。コミカルかつキュートな存在感は、行く先々でインスタ映えすること間違いナシだ。

 なお、125ccをサイドカー登録すると分類区分は軽二輪となり、250ccと同じナンバーが付くことになるり高速道路も利用できる(パワー的に無理があるので控えるのが賢明だろう)。カスタムパーツが豊富なモンキー125だけに、ボアアップなどのチューニングと合わせて仕上げるのが楽しそうだ。

デモカーのリヤタイヤは、軽自動車用サイズの135/80-12に変更されていた。サイドカーは車体を直立させたままコーナリングするので、真ん中ばかりが減ってしまうからだ。
バイクと側車を連結するパイプは、サイドスタンド部とスイングアーム下のフレーム部、さらにリヤショックのアッパー側マウントを介した3点でガッチリと固定されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る