MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

なんと初代Ninjaが大集結! その数ざっと100台超!! GPZ900R/GPZ750Rが100台集まるミーティングにいってみた。/カワサキ

  • 2019/05/31
  • MotorFan編集部 大家 伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

GPZ900Rこそが真のNinjaだと言わんばかりの公開グループ(ホントはそんなことないそうです)がFacebookにあり、じつに2,281人(2019年5月29日現在)もの参加者を集めている。その北関東ミーティングに潜入取材を敢行してきたのでレポートをお届けしよう!
開催日時:4月28日(日) 開催場所:群馬県前橋市大室公園南口駐車場 主催:GPZ900Rのみ忍者と呼ぶ会・前橋支部/栃木支部
TEXT●大家伝(OYA Den)

GPZ900R のみ忍者と呼ぶ会・北関東ミーティング in 大室

この日、お嬢さんのかほさんとタンデムで参加していた会の代表(GM)である高橋さん
 「真のNinjaはGPZ900R/GPZ750Rのみ。発売終了後も多くのファンを魅了し続けるGPZ900R/GPZ750Rを愛する者達の集まりです」と謳い、Facebookの公開グループとして立ち上げられたのがGPZ900Rのみ忍者と呼ぶ会だ。それが2014年7月9日のこと。それから5年が経過し、現在は2,281人が参加するまでにこの公開グループは巨大化している。

 そう聞くと、なにやらコワモテ集団を想像してしまうが実際はどうなのだろう? そこで会の代表・高橋GMにお話をうかがってみた。すると「基本、ワガママなバイク乗りばっかりなんで決めゴトはなし。それで集まりとかミーティングはやりたい人がやり、誰かがやれば協力はするという感じです。定期的に開催するとかも決めてません。最低限のルールとしては暴走はしないってことだけですかね」とのこと。

 そして「立ち上げてから今で5年なんですけど、(ミーティングなどは)年に5~6ヶ所でいろんなメンバーがやってますね。定期的に必ずというのはないです。箱根で毎年開催のニンジャミーティングはウチのメンバーでもある方が個人でやっていて、それを会でも協力してたりします。決まったイベントとなるとそれくらいじゃないですかね。小規模なやつならけっこうやってるんですよ。各支部単位でちょっと集まって走るというレベル。それならかなりあると思います。ただ今回みたいに大々的に呼びかけて開催の、100台規模のミーティングとなると年に5回とかじゃないですかね。これまでに日本全国、北は北海道から南の九州までやってはいます。それに大規模ミーティングの参加者はだんだん増えているようにも思います。今回は約100台のニンジャが集結してくれましたしね」と続ける。

 どうやら決めゴトのほとんどない、意外にもユルい(各自が責任感をもっている)大人な集まりのようだ。クラブ的な会費もなく、決まった定期開催イベントもなしだというが、今回の「北関東ミーティングin大室」に関しては、栃木支部の二人の神谷さん&前橋支部の中川さんら三人が発起人となって開催されたそう。事前にFacebookで告知され、当日は100台超のニンジャが各地から大集結。予定されていた開催時間の締めのタイミングで集合写真撮影を行ない、そのままジャンケン大会に。豊富な協賛品により参加者たちの笑顔が溢れ、そのままイベントはお開きとなった。

 最後に今後の会の目標を高橋GMに尋ねると、「全国ミーティングなんて大きなものをやる機会があるなら嬉しいですけど、なかなか現実的には難しいんじゃないかと思うんですよ。なので、これからどれだけ各支部/各地区がまとまっていくか、そっちの方が重要だと考えてます」というので、会としての結束を強めていくということのようだ。興味のある人はFacebook(https://www.facebook.com/groups/696355030413881/)をチェックしてみよう!

GPZ900R のみ忍者と呼ぶ会・北関東ミーティングにニンジャ乗りが大集結

一喜一憂、大盛り上がりだったジャンケン大会

会場で「GPZ900Rを選んだ理由」について聞いてみた!

羽鳥亮太さん/25歳●2000年式に乗る羽鳥さんがGPZ900Rを選んだ理由は、20歳のころに見たトップガンの影響なんだとか。買うときに赤と黄色があって、「黄色はレアだよ。滅多に出ないよ」と言われ、それで黄色に決めたそう。今後も現状のまま、カスタムなどは特に考えていないそうだ
水上亨さん/61歳●1984年式が愛車の水上さんは、20年ほど前に大型免許を取得。「なんでもいいから大型バイクないか?」とショップに相談すると、「じゃあこれ乗ってろ」と出てきたのが現在の愛車。以来、ちょっとずつ手を加え始めたら乗りやすくなってきて、思いの外おもしろく乗り続けているのだという

ここからは会場スナップをご覧ください

この日、運営されていた会の幹部連

会の幹部。左から長野支部/田中さん(宴会部長)、栃木支部/神谷さん(発起人)、栃木支部/神谷さん(発起人)、高橋GM(会の代表、お嬢さん・かほさんと参加)、前橋支部/中川さん(発起人)、長野支部/大島さん(舎弟)、北陸支部/桃井さん(支部長)、石川支部/榊原さん(支部長)

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ