MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

新色ブルーが渋カッコいい! ヤマハ、「XMAX ABS」の新色を発売 

このエントリーをはてなブックマークに追加
左)マットグリーニッシュグレー、中央)マットブルー、左)マットブラック

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・249㎤“BLUE CORE(ブルーコア)※”エンジンを搭載するスポーツスクーター「XMAX ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして3月25日に発売する。

ヤマハ XMAX ABS……645,500円(消費税10%を含む)

「マットグリーニッシュグレー」は、2020年の「MAXシリーズ」のブランドカラーとして、グリーンがかったマットダークグレーを基本色とした新規性が高く洗練されたカラーリングとなっている。「マットブルー」は現行モデルの基本色をアップデートし、上質さを向上させている。「マットブラック」は現行モデルの基本色を継続しつつ、ゴールドホイールなどコンポーネントカラーを刷新してアグレッシブな印象を加えた。なお、現行の「マットシルバー」と「マットレッド」は継続販売する。
「XMAX ABS」は、精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバーといった「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせたモデル。 製造はインドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行う。

※ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「XMAX ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。

発売日

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません

カラーバリエーション/ニューカラー3色

「XMAX ABS」新色/マットグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)
「XMAX ABS」新色/マットグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)
「XMAX ABS」新色/マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)
「XMAX ABS」新色/マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)
「XMAX ABS」新色/マットブラック2(マットブラック)
「XMAX ABS」新色/マットブラック2(マットブラック)

■継続カラー/2色

マットシルバー1
マットディープレッドメタリック3

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ