アプリリアからミドルアドベンチャーが登場! トゥアレグ660を実際に見てみた。|大阪モーターサイクルショー2022

アプリリアから発表された新型アドベンチャーモデルのトゥアレグ660が、日本に初上陸して大阪モーターサイクルショー2022で一般公開された。

PHOTO/REPORT●川島秀俊
アプリリア・トゥアレグ660
展示されたカラーは、1988年のトゥアレグ・ウインド600をオマージュしたインディゴタゲルマスト。ほかにアシッドゴールド、マーシャンレッドが用意される。

 搭載するエンジンはスーパースポーツモデルのRS660と同じDOHC並列2気筒で、より低回転でトルクフルなパフォーマンスを発揮するようリセッティング。専用フレームに搭載した車体は軽量&コンパクトなのが特徴で、パワフルなミドルクラスアドベンチャーに仕上がっている。

 車名から分かる通り、そのフォルムはかつてパリダカやファラオラリーに参戦したコンペティションモデルからインスパイアされており、ホイールトラベルは前後とも240mmと余裕のストロークを確保。オフ系フルサイズのタイヤや大容量18Lタンクなど、機能の追求が本格ラリーレイドスタイルに昇華している。電子制御マネージメントはもちろん最新で、トラクションコントロールやABS、クルーズコントロールなどを搭載。4種のライディングモードをセレクトすることで、どんなシチュエーションでも快適な走行が可能となっている。

 トゥアレグ660が特にこだわっているのは軽量化で、構成パーツ単位で複数の役割を持つよう設計。あえて重量増となるコーナリングABSは搭載せず、乾燥重量187kg/装備重量204kgという軽量ボディを実現した。大型アドベンチャーモデルの車格に戸惑っていた人にとって、この軽さはまさに朗報! ラリーマシンを彷彿させる機動力で、あらゆるステージを駆け抜けることができそうだ。注目の国内リリースは6~7月を予定しており、現在は予約キャンペーンを実施している。

アプリリア・トゥアレグ660
RS660と同じ並列2気筒エンジンを、トルク重視にリセッティングして搭載。それでもパワーは80HPと強力で、70.0Nmというトルクもより低回転で発揮される。オイルパンは地上高を確保する専用品だ。
アプリリア・トゥアレグ660
軽量化を追求するため、パーツ単位で役割を共用。たとえばウインドスクリーンのステーは、メーターのマウントブラケットを兼ねている

エンジン: 4ストローク 水冷並列 2 気筒 DOHC 4 バルブ 
総排気量: 659cc 
ボア × ストローク: 81 x 63.93mm 
圧縮比: 13.5:1 
最高出力: 80 HP (58.8 kW) / 9,250 rpm 
最大トルク: 70 Nm (7.13 kgm) / 6,500 rpm 
燃料供給方式: 電子制御燃料噴射システム、Φ48 mm ツインスロットルボディ、 ライド・バイ・ワイヤ エンジンマネージメントシステム 
点火方式: 電子制御イグニッションシステム 
潤滑方式: ウェットサンプ 
トランスミッション: 6速 
クラッチ: 機械式スリッパ―システム付湿式多板クラッチ 
駆動方式: チェーン、2 次減速比 15/42 
電子制御:  APRCシステム ATC (トラクションコントロール), AEB (エンジンブレーキ) AEM (エンジンマップ), ACC (クルーズコントロール) 4ライディングモード (Urban, Explore, Offroad, Individual) 
フレーム:チューブラースチールフレーム及びアルミ製エンジン接続プレート 
フロントサスペンション: KYB製テレスコピック倒立フォーク Φ43 mm フルアジャスタブル 
ホイールトラベル: 240mm 
リアサスペンション:アルミニウム製スウィングアーム 
プログレッシブリンク: KYB製フルアジャスタブルモノショック 
ホイールトラベル: 240mm 
フロントブレーキ: Φ300mm ダブルディスク ブレンボ製異径2ピストンフローティングキャリパー 
リアブレーキ: Φ260mmディスク ブレンボ製 Φ34mmピストン フローティングキャリパー 
ABS: マルチマップABS 
ホイール: ドロップセンター式アルミリムスポークホイール 
 フロント: 2.15”X21” 
 リア: 4.25”X18” 
タイヤ: チューブレス 
 フロント: 90/90-21 
 リア: 150/70 R 18 
サイズ:全長: 2,220mm、全幅: 965mm、シート高: 860mm 
ホイールベース: 1,525mm ヘッドストック角: 26.7°トレール: 113,3 mm 
車両重量: 204 kg (乾燥重量:187 kg) 
環境基準: Euro 5 燃費: 4.0 litres/100 km (WMTC モード) 
燃料タンク容量: 18 L (3-litre reserve) 
カラー: インディゴタゲルマスト、マーシャンレッド、アシッドゴールド

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部