【東京・奥多摩ツーリング/第十九回 源流レストラン】 村上菜つみのバイクでカフェめぐり

清流で育てられた大自然の恵を味わえるテラス付きイタリアンレストラン【東京・奥多摩ツーリング/第十九回 小菅村・奥多摩 源流レストラン】

多摩川の源流域にあたる小菅村は、総面積の95%が森林という山里。人口はわずか700人ほどの小さな村ですが、都心から2時間ほどというアクセスの良さから人気の観光スポットとなっています。今回はそんな小菅村にあるイタリアンレストランを訪れました。

REPORT●村上 菜つみ(MURAKAMI Natsumi)
PHOTO●高橋 克也(TAKAHASHI Katsuya)7

※2021年07月10日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やメニュー、情報が現在とは異なる場合があります。
東京・奥多摩ツーリング

豊かな森林に囲まれる小菅村。森から流れる水は村の東西に流れる小菅川に集まり、奥多摩湖へ注がれます。この清流で育てられた大自然の恵を味わうべく、今回は小菅村の特産の野菜や魚をつかった料理が魅力のイタリアンレストラン「源流レストラン」へ向かいました。

東京・奥多摩ツーリング
ぬくもりある木製の看板がお出迎え。

小菅産の食材にこだわる源流レストランは、道の駅こすげの敷地内にあるイタリアンレストラン。本格的な石窯で焼かれたピザが絶品です。ちなみに石窯の燃料も小菅産の薪を試用しているそうです。また、コロッケなど一部のメニューはテイクアウトでも楽しめますよ。

東京・奥多摩ツーリング
落ち着いた色の店内にある、真っ赤な石窯が印象的。

木の温もりを感じるナチュラルな雰囲気の店内は、テーブル席とカウンター席があります。真っ赤な石窯からは、ピザの焼ける良い香りが漂っていました。天気が良い日は開放感溢れるテラス席がおすすめ。山里の空気と香りを直に感じながらの食事は一味違います。

東京・奥多摩ツーリング
お花模様の看板。良く見ると、おさかなの形に切り抜かれていました。
東京・奥多摩ツーリング
日帰りじゃなければワインを楽しみながら…なんて贅沢もあり!
東京・奥多摩ツーリング
道の駅限定のワインもありました。物産館でも売られています(2000円、赤/白)。
東京・奥多摩ツーリング
もちろんソフトドリンク各種もあります。こちらは一杯300円。
東京・奥多摩ツーリング
素朴なドライフラワーがセンス良く飾られていました。
東京・奥多摩ツーリング
パチパチとはぜる石窯からは、ほのかにピザの香りが漂います。

小菅産の食材をふんだんにトッピングされた石窯ピザは「フレッシュトマトのマルゲリータ」と「山女魚のアンチョビクリームピッツァ」の2種類。今回はアンチョビピザを頂くことにしました。アンチョビは骨まで柔らかくなるよう、2~3時間じっくり煮込んでいるそう。

東京・奥多摩ツーリング
ピザ生地をのばす動作は見ていて飽きませんね。
東京・奥多摩ツーリング
芳醇なきのこは、小菅産のヒラタケ。昔ながらの原木栽培です。
東京・奥多摩ツーリング
石窯にピザを出し入れするピザピールは、壁に掛かると立派なオブジェのよう。
東京・奥多摩ツーリング
火加減を見極めながら焼きに入ります。
東京・奥多摩ツーリング
小菅産の薪でパリッと焼き上げます。
東京・奥多摩ツーリング
「山女魚のアンチョビクリームピッツァ」は1枚1400円。
東京・奥多摩ツーリング
自家製タルタルソースがたっぷりかかった「山女魚のフリット」は800円。

民間として国内で初めてヤマメの人工ふ化に成功したことから「ヤマメの郷」ともよばれる小菅村。源流レストランでもその味を楽しめます。「ヤマメのフリット」は、ヤマメが骨までサクッと揚げられた一皿。紫キャベツのマリネと菊が彩りを添えます。

東京・奥多摩ツーリング
近隣の「小菅養魚場」ではヤマメたちが元気に泳ぎまわっています。
東京・奥多摩ツーリング
手入れをされた山から流れる冷たい水が川の幸を育みます。
東京・奥多摩ツーリング
清流・多摩川から取り込んだ水がキラキラとしぶきを上げていました。
東京・奥多摩ツーリング
小菅村の鹿肉100%のハンバーグ。デミグラスソースは小菅のヒラタケ入りで味わい深い。
東京・奥多摩ツーリング
素朴な味わいが自慢の「小菅ショコラ」。お豆入りで食感が楽しい。

小菅村で捕獲された鹿を使った「鹿肉ハンバーグ」は色鮮やかなサラダとボリュームたっぷりのハンバーグがセットになったメニュー。ジビエ独特の臭みが少なくなるように、新鮮なうちに解体されているそう。小菅産のエゴマがかかったショコラとともに頂きました。

澄んだ空気の中でいただく自然食メニュー。体にも、とても優しい気がします。
東京・奥多摩ツーリング
天気が良い日はテラス席が気持ち良い。
東京・奥多摩ツーリング
ヤマメの郷らしく、道の駅にはヤマメのオブジェも。

ソースやトッピングまで小菅産の旬の食材を使うことにこだわる源流レストラン。美味しく食べてもらいたいという思いがこもった料理の数々はどれも絶品でした。ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を縮小することもあるそうなので、事前に最新情報を調べてから訪れることをおすすめします。

東京・奥多摩ツーリング
山の幸と川の幸を堪能できるお店でした。

山あいの村・小菅村を堪能する旅。今回は地元食材を味わえるイタリアンレストランで、山の恵みを味わいました。次回は山梨県道18号を南下し、小菅村のお隣・丹波山村にあるライダーズカフェ「多摩里場」を訪れます。

●源流レストラン
〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村3445番地
TEL:0428-87-0765
営業時間:平日 11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)
土日祝 11:00〜16:00(ラストオーダー15:30)
定休日:水曜日
東京・奥多摩ツーリング

ライター紹介

東京・奥多摩ツーリング
村上菜つみ

村上菜つみ

モデル・モータージャーナリスト。
ツーリング雑誌の編集部員を経て、フリーランスとして独立。
オートバイや車での気ままな一人旅を好み、各地のグルメや名湯をレポートし続けている。
月刊モトチャンプにて旅企画「ぶらり二輪散歩」連載中。
FB:https://www.facebook.com/natsumi0606/
Instagram:mi_natsu66

著者プロフィール

村上菜つみ 近影

村上菜つみ