ランボルギーニのカルダレッリ&ペッパーが圧巻の2連勝

ランボルギーニ、GT選手権で無類の強さを発揮! ついにGTシリーズ三冠を達成

2021年シーズンのGTワールドチャレンジ・アメリカ、ランボルギーニが三冠を達成!
GTワールドチャレンジ・アメリカのレースシーン
10月1~3日、フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイにおいて、2021年シーズンの「GTワールドチャレンジ・アメリカ(GT World Challenge America powered by AWS)」第11戦/第12戦が開催。K-PAXレーシングのランボルギーニ ウラカン GT3 EVOをドライブした、アンドレア・カルダレッリとジョーダン・ペッパーのコンビが、今シーズン9勝目を獲得し、見事ドライバーズタイトルを決めた。

Lamborghini Huracan GT3 EVO

SRO主催GTシリーズで2度目の王座

2021年シーズンのGTワールドチャレンジ・アメリカ、ランボルギーニが三冠を達成!
ペッパーとカルダレッリのGTワールドチャレンジ・アメリカ制覇により、2019年のGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパに続き、ランボルギーニが2度目のSRO主催GTシリーズ王座を獲得した。

K-PAXレーシングのランボルギーニ ウラカン GT3 EVO 3号車をドライブしたカルダレッリとペッパーは、セブリングでのレースを終えた時点で、最終戦を残してドライバーズ選手権、チームズ選手権、マニュファクチャラーズ選手権の3つのタイトルを決めた。

ランボルギーニは、2019年のFFFレーシングによるGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパ制覇に続き、SRO(ステファン・ラテル・オーガニゼーション)主催のGTカーシリーズで2度目のタイトルを奪取。また、カルダレッリにとっては2017年のブランパンGTシリーズ、2019年のGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパに続く、3度目の王座獲得となった。

カルダレッリとペッパーがセブリング2連勝

2021年シーズンのGTワールドチャレンジ・アメリカ、ランボルギーニが三冠を達成!
タイトル獲得が掛かったセブリング・ラウンドで、カルダレッリとペッパーは2連勝。自分たちのドライバーズタイトルだけでなく、チームズ選手権とマニュファクチャラーズ選手権も決めている。

ランボルギーニのファクトリードライバーでもあるカルダレッリとペッパーは、シリーズランキング2番手のマイケル・ダイナンとロビー・フォーリー(BMW)に63点のアドバンテージをつけてセブリングのレースウィークを迎えた。

カルダレッリとペッパーの3号車はポールポジションから第11戦をスタート、ライバルのBMWが1周目でマシントラブルからリタイアしたため、スターティングドライバーを務めたカルダレッリが難なくトップの座をキープする。3号車は完璧なピット作業と完璧なタイヤマネージメントを披露し、余裕のトップフィニッシュ。この時点で3戦を残してドライバーズタイトルを決めた。

10月3日に行われた第12戦、3番手グリッドからスタートした3号車のカルダレッリとペッパーは、セーフティカーが導入される荒れたレースで順調にポジションを上げて、前日に続く2連勝を達成。前日のドライバーズ選手権に続き、マニュファクチャラーズ選手権(ランボルギーニ)、チームズ選手権(K-PAXレーシング)の3冠を達成している。

GTワールドチャレンジ・アメリカは、最終戦(第13戦)「インディアナポリス8時間レース」が10月15~17日に開催される。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部