新型BMW X1登場! 内燃機関モデルとマイルドハイブリッドモデルから順次投入

コンパクトSUV「BMW X1」フルモデルチェンジ! 全幅1845mmの手頃なサイズは健在でPHEVやBEV仕様もラインナップ 【動画】

フルモデルチェンジを果たした、BMWのエントリーSAV「X1」の走行シーン
フルモデルチェンジを果たした、BMWのエントリーSAV「X1」。2022年の10月から順次ガソリンとディーゼル、PHEVが市場に投入される。
BMWが展開するスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)のエントリーモデル「X1」がフルモデルチェンジを果たした。3世代目に進化したX1は、より洗練されたデザイン、快適な室内空間、高度なデジタル化に加えて、初のプラグインハイブリッド(PHEV)を追加。さらに、フル電動モデル「iX1」も同時に公開された。

BMW X1

10月から内燃機関モデルの販売をスタート

新型X1は、ガソリン、ディーゼル、48Vマイルドハイブリッド、PHEV、さらには電動モデルの「iX1」と幅広いモデルバリエーションが展開される。
新型X1は、ガソリン、ディーゼル、48Vマイルドハイブリッド、PHEV、さらには電動モデルの「iX1」と幅広いモデルバリエーションが展開される。

新型X1は、コンパクトながら日常域だけでなく長距離移動までカバーするクロスオーバーSUVだ。マッシブなエクステリア、機能を追求した多用途性、先進的なデザインが与えられたインテリアで、BMWの「SAVラインナップ」におけるエントリーモデルでありながら、プレミアムなキャラクターがより強調されることになった。

2022年10月、まず2タイプのガソリンエンジンモデル「X1 sDrive18i」「X1 xDrive23i」と、同じく2タイプのディーゼルエンジンモデル「X1 sDrive18d」「X1 xDrive23d」から欧州市場での販売をスタート。7速DCTを標準装備し、FWD仕様とBMW xDrive=インテリジェント4WD仕様から選択可能だ。上級グレードには48Vマイルドハイブリッドシステムが搭載される。

続いて2022年11月にプラグインハイブリッドモデル「X1 xDrive25e」と「X1 xDrive30e」、BEVモデル「 iX1 xDrive30」が投入される予定。X1はドイツ・レーゲンスブルク工場で製造され、内燃機関、プラグインハイブリッド、BEVの3モデルがひとつの組立ラインからデリバリーされるのはBMWとしては初となる。

BMWのSAVファミリーを強調するエクステリア

フルモデルチェンジを果たした、BMWのエントリーSAV「X1」のフロントセクション
XシリーズのエントリーモデルとなるX1だが、薄型LEDライトや大型化されたキドニーグリル、スクエアなホイールハウスなど、BMWのSAVモデルであることをアピールするエクステリアが採用された。

3代目へと進化したX1のエクステリアは、悪路での走破性の高さを思わせるスクエア形状のホイールアーチ、SAVファミリーであることをアピールする前後セクションなど、これまで以上にSAVとしてのアイデンティティを強調するデザインが採用された。なお欧州仕様の全長×全幅×全高は4500×1845×1642mmで、先代と比較してそれぞれ53mm、24mm、44mm拡大し、ホイールベースは2692mmと、同じく22mm延長された。それでも日本市場にちょうどいいサイズというのは変わらないだろう。

フロントセクションはスリムなLEDヘッドライトと大型化されたキドニーグリルを中心に、サイドへと向かって放射状に広がるX字ラインが特徴。ロワ・エアインテークには目を惹くクロムストリップが導入されたことで、より力強い印象となった。また、マトリクス・ハイビーム、パルス式ターンインジケーター、可変配光機能を備えたアダプティブLEDヘッドライトもオプションで用意される。

コンパクトながらも長いルーフライン

フルモデルチェンジを果たした、BMWのエントリーSAV「X1」のエクステリア。
ボディディメンションは全長4500×全幅1845×全高1642mm、ホイールベース2692mmと、先代モデルより若干のサイズアップを達成。

ダイナミックに伸びたシルエットは、表情豊かな造形と、コンパクトでありながらも長いルーフラインが特徴。リヤから見ると、スリムなテールゲートウインドウ、水平方向のライン、印象的なLEDテールランプ、フレア形状のホイールアーチがBMWらしいSAVの外観を創出すると謳う。

ベースモデルの足もとには17インチ軽量アロイホイールを、「xLine」と「M Sport」には18インチ軽量アロイホイールが標準装着。オプションで19インチや、X1シリーズでは初となる20インチホイールも用意される。外装色は2種類のソリッドカラーと10種類のメタリックをラインナップし、さらにBMWインディビジュアルのフローズンカラーも選択できるようになった。

iXをベースに開発された快適なインテリア

フルモデルチェンジを果たした、BMWのエントリーSAV「X1」のインテリア。
電動モデルのiXをベースに開発されたインテリアは、高い着座位置により快適性が大幅に向上。「BMW Maps」ナビゲーションシステムやオートエアコンなども標準装備される。

インテリアは、BEVモデルのiXをベースに開発され、高めの着座位置と先進的な雰囲気が、コンパクトでありながらも個性的かつプレミアムな雰囲気を醸し出す。シャープなインストゥルメントパネル、BMWカーブド・ディスプレイ、コントロールパネル一体型フローティング・アームレスト、センターコンソール前部の間接照明付きスマートフォントレイなど、キャビンデザインは従来モデルから一新されている。

新開発のシートは標準のファブリックに加えて、センサテック・パーフォレーテッドレザーとヴェルナスカ・レザーをオプションで用意。メモリー機能付きスポーツシート、マッサージ機能付きランバーサポートもオプションで選ぶことができる。またパッシブセーフティも強化され、新たにフロントシート間のインタラクション・エアバッグが追加された。

リヤコンパートメントには3つのフルサイズシートが装備され、座り心地は大幅に向上した。40 : 20 : 40分割可倒式リヤシートを畳むことで、トランク容量は通常時の540リットルから最大1600リットルまで拡大。また、駆動用バッテリーを搭載しない純内燃機関モデルはオプションでリヤシートの前後調整が可能で、使い勝手が高められている。

「BMW Maps」ナビゲーションシステム、スポーツレザーステアリングホイール、インテリジェント2ゾーンオートエアコン、ヘッドライト自動点灯機能付きレインセンサーなどを標準装備。USB-Cポートは4基、12V電源ソケットが2基など、先代モデルからユーティリティ性も大幅に向上した。

上級モデルには48Vマイルドハイブリッドを搭載

内燃機関モデルはガソリンとディーゼルをそれぞれ2種類ずつラインアップ。それぞれの上位モデルには、48Vマイルドハイブリッドテクノロジーが搭載される。
内燃機関モデルはガソリンとディーゼルをそれぞれ2種類ずつラインナップ。それぞれの上位モデルには48Vマイルドハイブリッドテクノロジーが搭載される。

新型X1は、BMWグループの新世代高効率ガソリンエンジン2種類と、ディーゼルエンジン2種類を搭載した内燃機関モデルが先行デビューし、電気モーターを7速DCTに組み込んだ第2世代48Vマイルドハイブリッドテクノロジーは上級グレード2機種に搭載される。

2.0リッター直列4気筒ガソリンを搭載する「X1 xDrive23i」は、150kW(204ps)のガソリンエンジに最高出力14kW(19hp)の48Vマイルドハイブリッドを組み合わせることで、システム最高出力160kW(218ps)を発揮。エントリーモデルの「X1 sDrive18i」は、最高出力100kW(136ps)の1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載する。

「X1 xDrive23d」は、2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボに48Vマイルドハイブリッド技術を組み合わせ、最高出力155kW(211ps)を実現。同じく2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボの「X1 sDrive18d」は、最高出力110 kW(150ps)のスペックが与えられている。

BMW X1を動画でチェック!

BMW X4 Mコンペティションのフロントスタイル

獰猛な肉食系「SAC」! BMW X4 Mコンペティションの本性を暴く

BMWのミドルサイズクーペSUV X4に“M”の名を冠した最強モデルが加わった。エレガントな…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部