すでに生産予定分はソールドアウト

ランボルギーニ ウラカン STO、イタリア・ヴァレルンガ・サーキットにおいて初試乗会を実施

ランボルギーニ ウラカン STO、イタリア・ヴァレルンガ ・サーキットにおいて初の試乗会を開催
ランボルギーニ ウラカン STOの走行シーン
一体型フロントカウルを備えた公道走行が可能なスペシャル仕様「ランボルギーニ ウラカン STO」。ランボルギーニのモータースポーツ部門のスクアドラコルセによって開発されたウラカン STOが、ヴァレルンガ・サーキットにおいてテストを行った。

Lamborghini Huracan STO

新型コロナウイルスにより延期されていた試乗会

ランボルギーニ ウラカン STO、イタリア・ヴァレルンガ ・サーキットにおいて初の試乗会を開催
2020年11月にデジタルワールドプレミアされたウラカン STO。その後に予定されていた試乗会は、新型コロナウイルスにより中止や延期が続いていた。

2020年11月にデジタルワールドプレミアされたランボルギーニ ウラカン STO。その後、イタリアにおいて予定されていた試乗会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大下における行動制限により、幾度となく中止・延期されてきた。

今回、ウラカン STOはイタリア・ローマ近郊のヴァレルンガ・サーキットにおいて、試乗会を実施。そのモータースポーツ由来のパフォーマンスをいかんなく発揮することになった。

搭載される5.2リッターV型10気筒エンジンは、最高出力640hp、最大トルク565Nmを発揮し、7速DCTを介して後輪を駆動する。0-100km/h加速は3秒、最高速度は310km/h、パワーウェイトレシオは2.09kg/hpを記録している。

参加者から集まったポジティブなフィードバック

ランボルギーニ ウラカン STO、イタリア・ヴァレルンガ ・サーキットにおいて初の試乗会を開催
ローマ郊外のヴァレルンガ・サーキットで行われた今回の試乗会では、参加者から多くのポジティブなフィードバックが集まることになった。

全長4.085kmのヴァレルンガ・サーキットで、思う存分ウラカン STOのステアリングを握ったドライバーからは、多くのポジティブなフィードバックが集まることになった。

自然吸気V10ユニットのスムーズなパワーフィール、スーパースポーツとしての全体的なセットアップ、そしてウラカン STO専用に開発されたブリヂストン・ポテンザタイヤによる抜群のグリップ性能により、絶対的なパフォーマンスとドライビングプレジャーが実現した。

イタリアにおける初の試乗会が行われたものの、ウラカン STOはすでに生産予定分がすべてソールドアウト済み。また、世界各国に向けたデリバリーも開始している。

ランボルギーニ ウラカン STOを様々なシチュエーションでチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部