エントリーポルシェの同門対決 ボクスターT対ケイマンGTS4.0勝負の行方

2.0リッターターボの6速MTと4.0リッターNAの7速PDKで気持ちよく走れるのはどちら? ポルシェ718ボクスターT対718ケイマンGTS 4.0の同門対決

今回の比較試乗は718ボクスターT(右)と718ケイマンGTS 4.0。クーペとコンバーチブルというボディ形状の他、エンジンやトランスミッションなどパワートレインにも大きな違いがある。
今回の比較試乗は718ボクスターT(右)と718ケイマンGTS 4.0。クーペとコンバーチブルというボディ形状の他、エンジンやトランスミッションなどパワートレインにも大きな違いがある。
本格ミッドシップスポーツのお手本と言うべき存在の718シリーズ。911と同様にバリエーションが広く、モデルごとの個性が異なるのが魅力だ。300psのボクスターTと400psのケイマンGTS4.0を乗り比べ、その魅力と走りの違いを検証した。

Porsche 718 Boxster T
×
Porsche 718 Cayman GTS 4.0

ともに718だが対極の比較試乗

718ボクスターTの6速MTモデルと718ケイマンGTS 4.0の7速PDKモデルを比較した。前者は水平対向4気筒2.0リッターターボエンジン、後者は水平対向6気筒4.0リッター自然吸気エンジンという違いもある。
718ボクスターTと718ケイマンGTS 4.0を比較した。前者は水平対向4気筒2.0リッターターボエンジンに6速MT、後者は水平対向6気筒4.0リッター自然吸気エンジンに7速PDKという違いもある。

ポルシェが「T」のネーミングを現代に復活させたのは、タイプ991IIの911でのことだった。ナロー時代の911Tの如く華美な装備類を削ぎ落としてスポーツ性を際立たせた“ツーリングスペック”だ。

そのTの名は、すでに2020年に718シリーズにも与えられていたのだが、その中でも718ボクスターT、そして本命と思われる6速MTモデルも、これまで試乗のチャンスが得られずに居た。それが今回、ポルシェジャパンが新たにPRカーを用意したということで、ようやくお手合わせが叶った次第である。

同時に連れ出したのは、718ケイマンGTS 4.0。水平対向6気筒4.0リッター自然吸気エンジンを搭載する、718シリーズの中でもボクスターTとは言わば対極に位置する存在である。今回のPRカーは、これも初めて試すことになる7速PDKモデルだ。

目覚ましいワインディングでの走り

718ボクスターTは水平対向4気筒2.0リッターターボエンジンを搭載するコンバーチブルモデル。試乗車は6速MTを搭載していた。
718ボクスターTは水平対向4気筒2.0リッターターボエンジンを搭載するコンバーチブルモデル。試乗車は6速MTを搭載していた。

先代911カレラTでは、わずか20kgとは言え軽量化が施されていたが、718ボクスターTは車重1350kgと、実はむしろ15kg増となる。とは言え、ドアノブの代わりにお馴染みのストラップが使われ、Sport-Tex生地のスポーツシートが採用されるなど、仕立てはシンプルさが強調されている。

その上で標準装備のリストには、20mmローダウンのPASMスポーツシャシー、スポーツクロノパッケージ、ポルシェ トルクベクトリング(PTV)、ダイナミックギヤボックスマウント(PADM)などが並ぶ。一方、エンジンは2.0リッター水平対向4気筒ターボで、最高出力300ps、最大トルク380Nmというスペック含めて、718ボクスターと共通だ。

走り出そうとして面食らったのが、そのエンジンの低速トルクの細さだ。小排気量の水平対向でしかもターボとなればこの点で不利なのは分かるが、それにしても2500rpm以下では線が細く、発進の際にエンストしてしまったことは、実は1度や2度ではなかった。2速で交差点を曲がっている途中にもストールしそうになるほどで、街中はこのクルマ、決して得意ではない。

この辺りは718ボクスター登場時の印象と変わらないなと感じたが、ワインディングロードでの走りっぷりは一転、目覚ましいものだった。まず印象が思い切り好転したのがエンジンで、トルクバンドに入りさえすれば力感は逞しく、吹け上がりも軽快。以前に較べるとボロボロと荒っぽい感覚が薄れ、4気筒のいい部分が強調された小気味いいビート感で一気にトップエンドまで回り切る。

エンジン音、トルク感、回転計の動きに常に注意をはらい、ショートストロークの6速MTを駆使してエンジンの美味しい回転域を保ちながらコーナーの連続を駆け抜けていると、スポーツドライビングの根源に立ち返ったかのような気持ちになり、思わずペースが上がってしまう。

リニアなエンジンとPDKの抜群の相性

718ケイマンGTS 4.0は水平対向6気筒4.0リッター自然吸気エンジン搭載のクーペモデルで、試乗車は7速PDKモデルであった。
718ケイマンGTS 4.0は水平対向6気筒4.0リッター自然吸気エンジン搭載のクーペモデルで、試乗車は7速PDKモデルであった。

フットワークも秀逸で、操舵に対して軽やかにノーズが反応し、そして次の瞬間にはクルマ全体がきれいに旋回モードに。そしてアクセルを踏み込めば・・・もちろん、その時にしっかりエンジンをトルクバンドに留めてあれば、まさに脱兎の如くの立ち上がりで、次のコーナーに向かって飛び出していく。

改めて実感するのが、コンパクトで重心の低い水平対向4気筒2.0リッターターボエンジンを用いたミッドシップレイアウトの好バランスぶりで、実は車検証を見ると前軸重は630kg、後軸重は750kgと記されている。まさにミッドシップスポーツカーの模範というべきパッケージングが、この軽快で且つ不安の無い走りっぷりに繋がっているわけだ。

続いて718ケイマンGTS 4.0に乗り換える。珠玉の水平対向6気筒4.0リッター自然吸気ユニットは低回転域からトルク十分。しかもPDKということで、発進は当然容易だし、何しろ力強い。

その先も、回転計の針がどこを指していようが、あるいはギヤが何速に入っていようが、踏み込んだ瞬間から力強いパワーとトルクがリニアにもたらされ、即座に加速態勢に入れる。しかも余裕があるというだけではなく、回すほどに高まっていくパワー、粒が揃っていくサウンドによって、内燃エンジンでしか絶対に味わえない種類の、凄まじい快感がもたらされるのだ。

PDKとのマッチング、そして実現された快感度も期待以上だった。スポーツドライビングの際の切れ味に不満が無いのはもちろん、余裕を活かしたクルージングも心地良い。

車重は車検証記載値で1470kgと、718ボクスターTの90kg増となるが、パワーとトルクの余裕もあり重いと感じることはない。当然、重いのは主にリヤ側だが、これだけ力があると、そのある種のどっしり感は印象としても、そして実際のトラクションのかかりとしても、プラスに働いていると言って良さそうだ。

どちらのモデルに乗っても、しっかり構築された独自の世界

718ボクスターTと、718ケイマンGTS 4.0の2台を試して改めて感心させられたのは、どちらのモデルに乗っても、完成された独自の世界がしっかり構築されていることだった。とりわけ718ボクスターTは、1996年デビューの初代にも通じる軽快感で、あるいは現状ベストのボクスターかもしれないと思った。そう言えば、低速トルクが薄くすぐにエンストしてしまう辺りも両車はそっくりである。

718ケイマンGTS 4.0ともども、もはやオールドファッションのクルマであることは事実だろう。けれど激動の時代だからこそ、敢えてそういうクルマが眩しく、尊く見えてしまったのだ。

REPORT/島下泰久(Yasuhisa SHIMASHITA)
PHOTO/田村 弥(Wataru TAMURA)
MAGAZINE/GENROQ 2022年 9月号

SPECIFICATIONS

718ボクスターT

ボディサイズ:全長4379 全幅1801 全高1264mm
ホイールベース:2475mm
乾燥重量:1350kg
エンジンタイプ:水平対向4気筒ツインターボ
排気量:1988cc
最高出力:220kW(300ps)/6500rpm
最大トルク:380Nm(38.7kgm)/2150-4500rpm
トランスミッション:6速MT
駆動方式:RWD
サスペンション:前後マクファーソンストラット
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前235/35ZR20 後265/35ZR20
最高速度:275km/h
0-100km/h加速:5.1秒
車両本体価格:921万円

718ケイマンGTS4.0

ボディサイズ:全長4405 全幅1801 全高1276mm
ホイールベース:2475mm
乾燥重量:1405kg
エンジンタイプ:水平対向6気筒
排気量:3995cc
最高出力:294kW(400ps)/7000rpm
最大トルク:420Nm(42.8kgm)/5000-6500rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション:前後マクファーソンストラット
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前235/35ZR20 後265/35ZR20
最高速度:293km/h
0-100km/h加速:4.5秒
車両本体価格:1152万円

【問い合わせ】
ポルシェ コンタクト
TEL 0120-846-911

【関連ウェブサイト】
http://www.porsche.com/japan/

ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンスの走行シーン

電動レーシングカー「ポルシェ 718 ケイマン GT4 eパフォーマンス」、グッドウッドで初披露 【動画】

6月23~26日に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、ポルシェは…

著者プロフィール

島下 泰久 近影

島下 泰久

1972年神奈川県生まれ。走行性能だけでなく先進環境安全技術、ブランド論、運転など、クルマ周辺のあらゆ…