世界一のEV販売台数誇る「BYD」を生で見る【東京オートサロン2023】

EV界の黒船襲来!? BYDが満を持して東京オートサロンに初出展! 【東京オートサロン2023】

BYD出展ブース
東京オートサロンに初出展したBYD。注目の電動SUV「ATT 3」は1月31日から販売開始予定。
EVシフトが進む中、満を持して中国のEVブランドが日本にも上陸し、東京オートサロンにも初出展を果たした。まだ市場投入前の新型モデルを一挙に3台も展示したBYDのブースを紹介する。

BYD Auto Japan

中国初のEVブランド、東京オートサロンに初出展

昨年の1月~10月期には世界でもっとも多くの電気自動車を販売したという、名実ともに世界を代表するEVブランド、BYD。これまで中国をはじめアジア太平洋地域や欧州、中南米でも着実にマーケットを築いてきたが、2022年7月からは日本国内でも乗用車販売をスタートし、ついに東京オートサロンへも初出展を果たした。

BYDの日本法人であるBYD Auto Japanは、“X TOKYO”をテーマにエキゾチックな東京の風景を鮮やかな色使いで表現。独自の世界観を演出していた。

展示モデルは、e-SUVの「ATTO 3」、e-Compactの「DOLPHIN」、e-Sedanの「SEAL」という3車種。いずれも国内発売前の新型モデルというのがポイントだ。ATTO 3は1月31日に販売開始予定で、車両価格は440万円~と発表されている。全長4455×1875×1615mm、ホイールベース2720mmというコンパクトなボディに150kWの電気モーターを搭載し、WLTCモードで航続距離485kmを計上するATTO 3は、国内のEVマーケットを刺激するだろう。

立て続けに2モデルを国内導入予定

そして同じく2023年の中ごろにはe-Compact「DOLPHIN」を、2023年下半期にはe-Sedan「SEAL」を順次投入予定。それぞれ個性的なエクステリアを採用するが、インテリアもこれまでのどんなブランドとも異なるユニークな造形がなされている。設計の自由度が高いEVならではの利点を存分に活かしているのがBYDの強みだ。

DOLPHINとSEALは、出展時にはまだ国内の公道走行ができない状態のようだが、細部まで作り込まれた展示車両を見る限り国内の路上を走り出すのは時間の問題だろう。何しろ世界の巨大自動車ブランドたちを差し置いてEVの世界販売台数トップを記録したパイオニアである。今後ますます進むであろうEVマーケットを睨み、東京オートサロンでBYDの実車を確認してはいかがだろうか。

BYDの世界戦略EVの「アット3」。欧州9ヵ国での販売も決定しており、EuroNCAPの安全性評価で最高評価の5つ星を獲得するなど、高い安全性が裏付けられているという。

来年1月発売の最新中国BEV「BYDアット3」は日産リーフとアリアの中間を狙い澄ましたほどよい価格か?

BYDオートジャパンは、BEVのミドルサイズSUV「ATTO 3(アットスリー)」の税込希望…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部