スバルUS:スバルが新型ソルテラの新情報を発表

新たに公開されたスバルの電気自動車「ソルテラ」のティザー画像。
スバル・オブ・アメリカ(SOA)が2023年発売予定のスバル・ソルテラの新情報とビジュアルを発表した。ソルテラはスバル初の完全エレクトリック化されたSUVであり、スバル史上最も進化したクルマと言える。日本での発売は2022年となっている。

ソルテラは、スバルとトヨタで共同開発が行なわれており、「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」という新しい電気自動車専用のプラットフォームを初採用した、CセグメントクラスSUVモデルのEV車だ。トヨタから販売されるモデルは「bZ4X」という車名となっている。

e-SUBARU GLOBAL PLATFORMとは

「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」は、スバルとトヨタが共同開発したEV向けの新型プラットフォームである。フロントからリアに至る数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、様々なバリエーションのEVを効率的に展開することを可能としている。従来からスバルが開発してきた安全性・走行性能をEVでも実現すべく、トヨタと共同で開発が行われてきた。

ソルテラの開発は、新型プラットフォームに限らず、商品企画、設計、性能評価など多岐にわたって両社が共同で行い、スバルが誇るAWD技術とトヨタの持つ電動化技術が持ち寄られ、EVとSUVのそれぞれの強みが込められた一台となっている。



ソルテラの名前は、「太陽」と「地球」を表すラテン語を組み合わせた造語からきている。街中、高速道路、ワインディングなど、どんな環境化でも条件を選ばず、高い走破性と優れた操縦安定性を実現している。

ソルテラはアウトバック、フォレスター、XVを中心とするSUVラインナップに加わる、新型EV・SUVとして2022年に日本をはじめとし、米国・カナダ・欧州・中国などで発売予定である。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン