日産おすすめ人気車種ランキング12選|モデル別新車・中古価格

この記事では、日産おすすめ人気車種ランキングを紹介!セダンやSUVなど、各売れ筋モデルの特徴とともに、新車・中古価格も解説しています。

総合自動車メーカーとして、様々なバリエーションの自動車を数多く作り続けている日産。日本国内だけではなく、北米や欧州での人気も高く、いちはやくEVの量産も手掛けてきて、業界をリードしてきました。そんな日産の自動車の人気モデルをランキング形式でご紹介しましょう。

※参考:中古車を検索するならグーネット中古車(Goo-net)

日産自動車について

日産,NISSAN

日産とは、日本の自動車メーカーの1つです。創業時から高い技術力を持っていたため、「技術の日産」と呼ばれてきました。各時代のモータースポーツでスカイライン、フェアレディZといったモデルが活躍し、シルビアなどのリーズナブルなスポーツカーも販売していたことから、男性を中心として高い人気を得てきました。ルノー(フランス)、三菱自動車と共にアライアンス契約を結び、プラットフォームの共通化やOEM車両の提供など、様々な形で協力体制にあります。近年はモデル数を絞り込むことで、1台1台の商品価値を高めることに成功。ノート(コンパクトカー)やセレナ(ミニバン)といった車種に人気があつまり、販売台数1位の座を射止めることにも成功しています。

日産が人気の理由・おすすめポイント

日産,NISSAN

現在のメーカー別販売台数ランキングを見ると、3~4位の位置にあることが多い日産。多くのユーザーが魅力的な新車を求めてくる人気の高いメーカーであることがわかります。その理由を探ってみました。

ポイント

  • 古くからのファンが多いカーメーカー
  • 日本でいち早くBEV戦略をはじめた先見性
  • 歴史あるブランドが今でも続いている
  • 販売戦略の上手さがユーザーを惹きつける
  • 仮想空間を使って新しい客層開拓も

古くからのファンが多いカーメーカー

モータースポーツでの華々しい活躍から男性層からの強い支持を得てきた日産は、古くから熱狂的なファンが存在するメーカーです。特に60~90年代のスカイライン、独立ブランドとなったGT-R、初代フェアレディZや、ラリーで活躍したブルーバードなどは価値あるビンテージカーとして大人気。トップモデルは世界レベルで取引されています。

日本でいち早くBEV戦略をはじめた先見性

後日合併することになるたま自動車の電気自動車(1947年)からEVの歴史がはじまった日産。業務用車両としてのEVを作り続け、1996年にはプレーリージョイEVをリース販売。そして2010年には世界初の量産EVであるリーフを販売し、世界に先駆けてEVのチャレンジを続けてきました。現在はEV向け交換用再生バッテリービジネスにも取り組んでいます。

歴史あるブランドが今でも続いている

車の名前は時代ごとに異なる世情に合わせてつけられたものが多くあります。そのため時代の移り変わりとともに消えてなくなったり、改名していくケースがありますが、スカイライン(1957年~)、フェアレディZ(1969年~)、キャラバン(1973年~)、マーチ(1982年)といったように、日産には古くから脈々と続く名を受け継いだモデルがたくさんあります。

販売戦略の上手さがユーザーを惹きつける

何度かの経営危機を乗り越えてきた日産は現在、選択と集中というキーワードのもと販売拠点の集中化や、コンパクトカー・EV・スポーツカーをコアモデルとして集中投資を行ってきました。その結果、広告・販売戦略の改善・コストダウンにも繋がると同時に、数々のモデルのネームバリューが高まり、大ヒットモデルが次々と生まれていきました。

仮想空間を使って新しい客層開拓も

日産の興味深いところは、新しい客層へのアプローチも果敢に行っていること。銀座にあるショールーム・日産クロッシングのビルや内装、展示物に奥のカフェスペースで提供されるマキアートまでも、VRChatという仮想空間に再現したバーチャル日産クロッシングを作り上げ、他社に先駆けていち早くメタバース内でのプロモーション活動を行っています。

日産おすすめ人気車種ランキング12選

以下では、日産おすすめ人気車種をランキング形式で紹介します。

※参考:中古車を検索するならグーネット中古車(Goo-net)

人気1位:日産 ノート

日産 ノート

ガソリンエンジンは発電のためのみ使用して、電動モーターで静かに素早い加速を見せるノートは、e-POWERというシリーズハイブリッドのメリットを強くアピールしたモデルです。他方式のハイブリッド車と比較して、大きく重いガソリンエンジンの排気量を小さくすることが可能ですし、EVと比較して充電時間を必要としないというメリットを持ちます。アクセルペダルを離すと強力な回生ブレーキが働き、バッテリーにエネルギーをチャージすることから燃費にも優れます。

車種 日産 ノート
グレード X
年式 2022年8月
全長×全幅×全高 4045×1695×1520mm
ホイールベース 2580mm
車両重量 1220kg
サスペンション形式 前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 HR12DE
総排気量 1198cc
内径×行程 78.0mm×83.6mm
圧縮比 12.0
最高出力 82ps(60kW)/6000rpm
最大トルク 10.5kg・m(103N・m)/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 36リットル
WLTCモード燃費 28.4km/L
新車価格 2,210,000円
中古車価格帯 9~289万円
カタログページ 日産 ノート

人気2位:日産 ルークス

日産 ルークス

4人家族がストレス無く移動できる最小空間。軽ミニバンのなかでも背が高いスーパーハイトワゴンとなるのがルークスです。プロパイロットやインテリジェントアラウンドビューモニターを採用。左右の視界の広さが66度もあり、細い路地から高速道路まで楽に走れます。小さい子供がいる家庭や、買い物の荷物が多いときにも安心。リアスライドドアはハンズフリーで開き、後席ロングスライド機能より、シート位置を自由に決められます。

車種 日産 ルークス
グレード S
年式 2022年9月
全長×全幅×全高 3395×1475×1780mm
ホイールベース 2495mm
車両重量 950kg
サスペンション形式 前:マクファーソン式
後:トーションビーム式
エンジン型式 BR06-SM21
総排気量 659cc
内径×行程 62.7mm×71.2mm
圧縮比 12
最高出力 52ps(38kW)/6400rpm
最大トルク 6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 27リットル
WLTCモード燃費 20.9km/L
新車価格 1,460,000円
中古車価格帯 69.7~165万円
カタログページ 日産 ルークス

人気3位:日産 デイズ

日産 デイズ

日産の運転支援技術プロパイロットと搭載した軽ミニバン。普段ハンドルを握らず、運転に慣れていない家族でも不安なくドライブできる1台です。最小回転半径が4.5mで、道幅6m以下の細い路地でもすっと曲がれます。パワートレインはマイルドハイブリッド。発進時にモーターがアシストすることで、軽自動車とは思えないダッシュ力を実現。運転中に感じた異変や、事故に巻き込まれたときに通報ができるSOSコール機能も搭載しています。

車種 日産 デイズ
グレード S
年式 2022年9月
全長×全幅×全高 3395×1475×1650mm
ホイールベース 2495mm
車両重量 840kg
サスペンション形式 前:マクファーソン式
後:トーションビーム式
エンジン型式 BR06
総排気量 659cc
内径×行程 62.7mm×71.2mm
圧縮比 12
最高出力 52ps(38kW)/6400rpm
最大トルク 6.1kg・m(60N・m)/3600rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 27リットル
WLTCモード燃費 23.2km/L
新車価格 1,330,000円
中古車価格帯 12.5~150万円
カタログページ 日産 デイズ

人気4位:日産 セレナ

日産 セレナ

2000ccクラスまでのミニバンのなかではトップクラスの広さをもつ室内空間。子供を含む2家族8人が同乗できる3列8人シート。直4 2000ccのガソリンエンジンと、基本的にEVモードで走るe-POWERから選べるパワートレインがあり、コンパクトだけど快適なミニバンを求める方から常に注目されているのがセレナです。全グレードに全方位運転支援システムを標準搭載。後ろから近づいてきた車両との衝突を回避するためにハンドル操作をアシストする機能も搭載されています。

車種 日産 セレナ
グレード X
年式 2022年12月
全長×全幅×全高 4690×1695×1870mm
ホイールベース 2870mm
車両重量 1670kg
サスペンション形式 前:ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 MR20DD
総排気量 1997cc
内径×行程 84.0mm×90.1mm
圧縮比 12.5
最高出力 150ps(110kW)/6000rpm
最大トルク 20.4kg・m(200N・m)/4400rpm
燃料供給装置 ニッサンDi
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 54リットル
WLTCモード燃費 13.4km/L
新車価格 2,770,000円
中古車価格帯 89.9~279.9万円
カタログページ 日産 セレナ

人気5位:日産 キックス

日産 キックス

人気の高いコンパクトSUV市場にやっちゃえ日産と勝負をかけてきたのがキックスです。ハイブリッドシステム専用車。最新型のノート、オーラに搭載された第二世代目のe-Powerが採用され、素早く、力強い加速を見せてくれるのが大きな魅力。アクセルオフしたときの減速力も洗練され、より自然で滑らかな走りが楽しめるようになりました。小気味よいハンドリングもキックスの特徴です。最小回転半径5.1mで、路地裏の小道も走りやすいクルマです。

車種 日産 キックス
グレード X
年式 2022年7月
全長×全幅×全高 4290×1760×1605mm
ホイールベース 2620mm
車両重量 136kg
サスペンション形式 前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 HR12DE
総排気量 1198cc
内径×行程 78.0mm×83.6mm
圧縮比 12.0
最高出力 82ps(60kW)/6000rpm
最大トルク 10.5kg・m(103N・m)/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 41リットル
WLTCモード燃費 23km/L
新車価格 2,800,000円
中古車価格帯 169.8~279.8万円
カタログページ 日産 キックス

人気6位:日産 リーフ

日産 リーフ

グローバルでの販売台数は50万台を超え、世界中でEVトレンドを作ってきたのがリーフです。0km/hの発進時から強烈なトルクが出せるモーターゆえ、街中でも高速道路での合流時も思いのどおりに加速して、スムースに車の流れにのることができます。現行モデルの航続距離は満充電時に322km(バッテリー容量40kWh)~458km(バッテリー容量62kWh)で、「EVは長距離が走れない」という風潮にNOを突きつけています。

車種 日産 リーフ
グレード X
年式 2022年12月
全長×全幅×全高 4480×1790×1560mm
ホイールベース 2700mm
車両重量 1520kg
サスペンション形式 前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 99999
総排気量
内径×行程
圧縮比
最高出力
最大トルク
燃料供給装置
使用燃料 電気
燃料タンク容量
WLTCモード燃費
新車価格 4,080,000円
中古車価格帯 17~259.8万円
カタログページ 日産 リーフ

人気7位:日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

山間のオフロードにも、都市空間のオンロードにもマッチするコンパクトSUV。歴代シリーズのなかで最も質感が高く、フォーマルな装いで乗っても満足できる仕上がりです。全長4660mmですが7人乗りの3列シート仕様も選択可能。2列シート仕様のラゲッジスペースは通常時で575リットルと余裕があり、ライフスタイルに合わせて最適なモデルが選べます。アウトドアホビーが好きな方は1500W電源の存在に注目してください。電動シャワーも使えますから、海で遊んだあとでもすぐにさっぱりできます。

車種 日産 エクストレイル
グレード S
年式 2022年7月
全長×全幅×全高 4660×1840×1720mm
ホイールベース 2705mm
車両重量 1740kg
サスペンション形式 前:独立懸架ストラット式
後:独立懸架マルチリンク式
エンジン型式 KR15DDT
総排気量 1497cc
内径×行程 84.0mm×90.1mm
圧縮比
最高出力 144ps(106kW)/4400〜5000rpm
最大トルク 25.5kg・m(250N・m)/2400〜4000rpm
燃料供給装置 ニッサンDi
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 55リットル
WLTCモード燃費 19.7km/L
新車価格 3,200,000円
中古車価格帯 25~178万円
カタログページ 日産 エクストレイル

人気8位:日産 NV100クリッパー リオ

日産 NV100クリッパー リオ

スズキの軽キャブワゴン・エブリィワゴンをベースとしたOEM車です。日産のラインナップ拡充のために導入されました。室内の広さはクラストップ級で、大人が4人のっても広々とした余裕を感じるもの。またリアシートを格納することで広大なラゲッジスペースとなり、大人二人で車中泊できるほどのエリアが現れます。パワートレインはインタークーラーターボエンジンですが、WLTCモードの燃費は13.3㎞/Lと悪くありません。

車種 日産 NV100クリッパー リオ
グレード E ハイルーフ
年式 2022年4月
全長×全幅×全高 3395×1475×1910mm
ホイールベース 2430mm
車両重量 960kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
エンジン型式 R06A
総排気量 658cc
内径×行程 64.0mm×68.2mm
圧縮比 9.1
最高出力 64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク 9.7kg・m(95N・m)/3000rpm
燃料供給装置 EPI(電子制御燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 37リットル
WLTCモード燃費 13.3km/L
新車価格 1,780,000円
中古車価格帯 41.9~198万円
カタログページ 日産 NV100クリッパー リオ

人気9位:日産 オーラ

日産 オーラ

ハイブリッドを含む電動車のなかで、2022年最も多くの台数を売り上げた大人気モデルノートのバリエーションモデルがオーラとなります。3ナンバーサイズのボディとなり、スタイリッシュなエクステリアで鮮やかな装いとなっています。パワートレインは1200ccエンジン+フロントモーターを用いたハイブリッドシステムのe-Powerを採用。コンパクトモデルのなかでは大柄に見えますが、車格に見合った加速力を発揮します。

車種 日産 オーラ
グレード G
年式 2022年8月
全長×全幅×全高 4045×1735×1525mm
ホイールベース 2580mm
車両重量 1260kg
サスペンション形式 前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 HR12DE
総排気量 1198cc
内径×行程 78.0mm×83.6mm
圧縮比 12.0
最高出力 82ps(60kW)/6000rpm
最大トルク 10.5kg・m(103N・m)/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 36リットル
WLTCモード燃費 27.2km/L
新車価格 2,650,000円
中古車価格帯 188.9~305.1万円
カタログページ 日産 オーラ

人気10位:日産 スカイライン

日産 スカイライン

古くからのファンを多く抱えている日産名車の系譜。その代表格がスカイラインです。現在ハードスポーツカーのGT-Rグレードは独立した車種となっていますが、4ドアセダンのスポーツカーとしての存在感は色褪せることなく、いまなお鮮やか。パワートレーンは3000ccのV6ターボ、3500ccV6ターボ+モーターのハイブリッドが中心ですが、「羊の皮をかぶる狼」のキャッチコピーを受け継ぐ、405ps・48.4kgmのフルパワーV6ターボを積むメーカーチューンドな400Rも選べます。

車種 日産 スカイライン
グレード GT
年式 2022年10月
全長×全幅×全高 4810×1820×1440mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 1700kg
サスペンション形式 前:独立懸架ダブルウィッシュボーン式
後:独立懸架マルチリンク式
エンジン型式 VR30DDTT
総排気量 2997cc
内径×行程 86.0mm×86.0mm
圧縮比 10.3
最高出力 304ps(224kW)/6400rpm
最大トルク 40.8kg・m(400N・m)/1600〜5200rpm
燃料供給装置 ニッサンDi
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 80リットル
WLTCモード燃費 10km/L
新車価格 4,570,000円
中古車価格帯 73~1385万円
カタログページ 日産 スカイライン

人気11位:日産 エルグランド

日産 エルグランド

ゴージャスなLサイズミニバンの魁となったエルグランド。7人乗りであれば助手席と2列目のキャプテンシートにオットマンやシートサイドテーブル、ロングスライド機能などを装備。リラックスした姿勢で乗車できます。8人乗り仕様では、2列目が6対4分割のベンチシートになります。3列目のシートは前倒し式で格納が可能。荷室をフルに使えますし、運転席からの後方視界にも優れます。駐車時に役立つアラウンドビューモニターも装着できます。

車種 日産 エルグランド
グレード 250ハイウェイスターS
年式 2022年11月
全長×全幅×全高 4965×1850×1815mm
ホイールベース 3000mm
車両重量 1930kg
サスペンション形式 前:独立懸架ストラット式
後:独立懸架マルチリンク式
エンジン型式 QR25DE
総排気量 2488cc
内径×行程 89.0mm×100.0mm
圧縮比 9.6
最高出力 170ps(125kW)/5600rpm
最大トルク 25.0kg・m(245N・m)/3900rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 73リットル
WLTCモード燃費 10km/L
新車価格 3,800,000円
中古車価格帯 98~385万円
カタログページ 日産 エルグランド

人気12位:日産 NV200バネット

日産 NV200バネット

NV200はミドルサイズの商用車/ミニバンです。商用車のVANはラゲッジスペースの広さが特徴で、ミニバンのワゴンは5人乗りの2列シートもしくは7人乗りの3列シートが選べます。いずれにしてもスクエアなボディを持ち、車内空間は車内幅1500mm、車内高さ1315mm、車内長1900mmと広々。キャンピングカーのベース車両としても高い人気を誇ります。床面地上高も520mmと低く、重く、大きな荷物の出し入れも楽に行えます。

車種 日産 NV200バネット
グレード DX
年式 2021年7月
全長×全幅×全高 4400×1695×1855mm
ホイールベース 2725mm
車両重量 1270kg
サスペンション形式 前:ストラット式
後:リーフリジッド式
エンジン型式 HR16DE
総排気量 1597cc
内径×行程 78.0mm×83.6mm
圧縮比 9.8
最高出力 113ps(83kW)/5600rpm
最大トルク 15.3kg・m(150N・m)/4000rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 55リットル
WLTCモード燃費
新車価格 2,143,000円
中古車価格帯 32.0~598.0万円
カタログページ

日産おすすめ人気車種の新車・中古価格比較表

▼スクロールできます

車種 グレード 新車価格 中古価格
日産 ノート X 2,210,000円 9~289万円
日産 ルークス S 1,460,000円 69.7~165万円
日産 デイズ S 1,330,000円 12.5~150万円
日産 セレナ X 2,770,000円 89.9~279.9万円
日産 キックス X 2,800,000円 169.8~279.8万円
日産 リーフ X 4,080,000円 17~259.8万円
日産 エクストレイル S 3,200,000円 25~178万円
日産 NV100クリッパー リオ E ハイルーフ 1,780,000円 41.9~198万円
日産 オーラ G 2,650,000円 188.9~305.1万円
日産 スカイライン GT 4,570,000円 73~1385万円
日産 エルグランド 250ハイウェイスターS 3,800,000円 98~385万円
日産 NV200バネット DX 2,143,000円 32.0~598.0万円

日産おすすめ人気車種を試乗予約してみよう

お手頃価格なファミリーカーも、スタイリッシュなSUVも、そして時代の流れがきているEVも選べる日産の自動車たち。自分にとってベストな一台を見つけるためにも、ディーラーでの試乗を行ってみましょう。オンラインで試乗したい車種、ディーラー、試乗日時を予約できますから、気になる車があったら気兼ねなく申し込んでみましょう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部