スバルがXVの後継となる新型「クロストレック」を世界初公開!国内発売は2023年以降

9月15日、スバルは新型クロスオーバーSUV「CROSSTREK(クロストレック)」を世界初公開した。2023年以降を予定している日本市場への導入を皮切りに、順次世界各国市場にて展開される予定だ。

日本仕様では初となる広角単眼カメラを加え、高い安全性能を実現

ボディカラー:オブショアブルー・メタリック

スバルは新型クロスオーバーSUV「CROSSTREK(クロストレック)」を9月15日に世界初公開した。2023年以降を予定している日本市場への導入を皮切りに、順次世界各国市場にて展開される予定だ。

クロストレックは、コンパクトなボディ、スバル独自のシンメトリカルAWDをベースとした本格的なSUV性能、ラギッドかつスポーティなデザインを組み合わせることにより、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用出来る多用途性を実現したクロスオーバーSUV。

第3世代となる新型では、これまで市場によって使い分けていた、「クロストレック」、「スバルXV」の車名を、グローバルで「クロストレック」に統一。従来型の個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感にもより磨きをかけた。また、新世代アイサイトに加え、広角単眼カメラも日本仕様として初めて採用することで、高い安全性能を実現。日常はもちろん、休日のアウトドアやアクティビティにチャレンジしてみたい。いつでも、どこにでも行けて、自由に、そしてこれまで以上に満ち足りた時間を過ごしたい。そんな気持ちを後押しする「とことん使えて、頼りになる相棒」と呼べるクルマに仕上げられた。

ボディサイズは全長4480×全幅1800×全高1580mmで、ホイールベースは2670mm。最小回転半径は5.4mで、最低地上高は200mm確保された(値はいずれも日本仕様のプロトタイプ)。

フロントビューは、厚みを感じさせる高いフード位置により、逞しさを表現。さらにシャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立てられた。

サイドビューは、クラッディングエリアを拡大し、高い走破性を予感させるとともに、ダイナミックなラインや造形を盛り込んだボディにより、頼もしさと躍動感を両立。上級グレードには、18インチアルミホイールが採用された。リヤビューは、キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感が表現されている。

ボディカラーは、新色のオフショアブルー・メタリックとオアシスブルーを含む、全9色を設定。

ボディカラー:オアシスブルー

インテリアは、マルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなインパネデザインを採用したほか、センターコンソール上面の位置を高くして包まれ感と上質感を表現するとともに、操作性も向上。さらに工夫を凝らした収納も充実させて、使い勝手の良さを感じさせるインテリアに仕立てられた。

センターパネルに配置する11.6インチセンターインフォメーションディスプレイは、レヴォーグやWRX S4などでも採用しているもので、大画面がもたらす使い勝手の良さや、先進的ですっきりとしたデザインはそのままに、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化。普段使っているスマートフォンと同じ感覚でシームレスに扱えるインフォテインメントシステムに進化した。

人体工学に基づいて設計したインナープルハンドルにより、自然な姿勢で開閉できるようにしたドアトリムも、新型の特色に挙げられる。上級グレードには、ファブリック(シルバーステッチ)。標準グレードには、トリコット(シルバーステッチ)を採用。メーカー装着オプションとして本革シートが設定された。

荷室は従来型と同等の、大きな荷室開口部と必要十分な荷室容量を確保。6対4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張することで、大きな荷物や長尺物の搭載も可能だ。

ユーティリティ面では、リヤゲート下部のトリムやサイドシルプレートに、山をモチーフとしたテクスチャーを採用。優れたデザイン性だけでなく、滑り止めやキズの防止という実用性も兼ね備えている。見るたびに「CROSSTREKと過ごすアクティブな時間」への期待が高まる。また、サイドシルプレートは形状を最適化し、ルーフに荷物を載せたり、屋根を拭き上げるために足をかける際の安定性を高めている。

安全性能の面では、おもに4つのポイントが挙げられる。まずはスバル初となる「フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ」の採用。ハイ&ロービームランプ、ポジションランプに加えターンランプもLED化。さらに交差点での右左折時などに進行方向を照らす、LEDコーナリングランプをスバル車として初採用。夜間の視認性を向上させている。

次に「デジタルマルチビューモニター」。4つのカメラ映像を合成して車両周囲360°を映し出す3Dビュー/トップビューを採用し、車両周囲の視認性を向上。また、画面表示には新採用のセンターインフォメーションディスプレイを使用して、従来型のマルチファンクションディスプレイより大きく高精細な画面により、見やすさと使いやすさを向上させている。

そして「新型ステレオカメラユニット」。画角を従来型の約2倍と大幅に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトを改良し、より広く遠い範囲まで認識できるようにしている。また、フロントガラス取り付け式に変更するとともに、レンズフードを採用し、謝ってレンズに触れることがないようにしている。

スバル日本市場初となる「広角単眼カメラ」も採用。低速での走行時に、新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現している。

パワートレインは、2.0ℓ4気筒エンジンにモーターを組み合わせる「e-BOXER」を採用。CVTのリニアトロニックとともに、振動や騒音を低減する改良が施されている。

サスペンションはフロントがストラット、リヤがダブルウイッシュボーンで、ブレーキは前後ともにベンチレーテッドディスク。タイヤサイズは225/60R17または225/55R18が設定された。

スバル・クロストレック世界初公開!広角単眼カメラを追加した最新アイサイトを採用。発売は2023年春

スバルといえばボクサーエンジン……というファンも多いだろうが、近年では「アイサイト」に代表さ…

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部