トヨタが後付け車いす収納装置を発売。純正福祉用品「いつでもウェルキャブ」として展開

トヨタは9月26日、既販車に後付けで装着できる純正の福祉用品「いつでもウェルキャブ」の車いす収納装置を発売した。価格は税込14万9600円。新型シエンタ向けを皮切りに、11月以降は従来型シエンタやアクア、ヤリス、プリウス、ルーミー/タンクといった車種に順次対象が拡大する予定だ。

自身で装置の着脱が可能なため、使用しない時は簡単に取り外すことができ、荷室スペースを有効に活用できる

トヨタは既販車に後付けで装着できる純正の福祉用品「いつでもウェルキャブ」の車いす収納装置を9月26日に発売した。価格は税込14万9600円。新型シエンタ向けを皮切りに、11月以降は従来型シエンタやアクア、ヤリス、プリウス、ルーミー/タンクといった車種に順次対象が拡大する予定だ。

トヨタは、“いつまでも、移動の喜びをあなたと共に”のスローガンのもと、身体の不自由な方・高齢の方、また介助する方など、どなたにとっても快適で安全、かつ簡単で使いやすいクルマを目指し、福祉車両「ウェルキャブ」シリーズの開発に取り組んできた。このたび、ユーザーのライフステージの変化に合わせて既販車に後からでもウェルキャブの機能を追加できる、純正の福祉用品「いつでもウェルキャブ」を開発した。

車いす収納装置(収納時)
車いす収納装置(操作時)

車いす収納装置は、力が弱く車いすを持ち上げるのが困難な方でも電動で容易に車いすを荷室に収納できる、ウェルキャブの装置。今回発売の「いつでもウェルキャブ」の車いす収納装置は、ユーザー自身で装置の着脱が可能なため、使用しない時は簡単に取り外すことができ、荷室スペースを有効に活用できる。

助手席ターンチルトシート

また「いつでもウェルキャブ」には、助手席ターンチルトシート(税込14万9600円/取付費用が別途必要)もラインナップ。8月23日から、従来型シエンタをはじめとした既販車向けに販売がスタートしている。

助手席ターンチルトシート(使用イメージ)
助手席ターンチルトシート(操作時)

助手席ターンチルトシートは、座席が回転し傾くことで、足を地面に着けたまま、またがずに乗ることができ、乗降が容易になる。

トヨタは今後「いつでもウェルキャブ」の販売に加えて、トヨタグループの総合力を活かし株式会社豊通オールライフと共同で、レンタルサービスを一部地域(※)にて10月1日から順次開始する予定。同社の福祉用品貸与事業ネットワークを活用して、より多くの方に移動の自由を提供していきたい考えだ。
※宮城県、山形県(山形市内)、福島県(福島市内・いわき市)、岩手県(一関市)、栃木県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、京都府、奈良県、和歌山県(和歌山市)、滋賀県(大津市)、大阪府、兵庫県(神戸市・姫路市・西宮市 等)、福岡県、佐賀県

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部