悪路を踏破する頼もしい相棒が続々登場【軽トラカスタム2024 #005】

軽トラでオーバーランダースタイル満喫っ! 荷台に「ノセマッシ 」で無限に広がる可能性

・荷台のカスタムアップデートが可能なノセマッシ
・オフ系ホイール「プラスチックボム」にオプション設定されるインサートはカモフラ柄
・オールテレーンマッドテレーンの良いとこ取りをしたラギッドテレーン「RT HYBRID」

軽トラの利便性を無限大に増幅するギア満載「NOSEMASSI 」

軽トラでありながら荷台に色とりどりのギアを架装することで、単なる働くクルマからホビー感覚満点に生まれ変わったスーパーキャリイ。これは北米やオーストラリアといった広大な大地をクルマで旅する様式美、オーバーランドにインスパイアされた昨今のトレンドど真ん中のスタイル。

そんなオーバーランドを実践するにあたっては、道なき道を突き進むのが常套手段。宿屋はおろかコンビニすら存在しない地の果てでは、スタック(走行不能)状態になるのが命取りなのは言うまでも無い。そんな悪路で心強い味方になってくれるのがモンスタタイヤのオールラウンダー「RTハイブリッド」であり、同時にスタイリッシュに軽量化を実現してくれるホイール「プラスチックボム」の存在だ。

そして、あらゆる極限状態にも対応できる頼れるギアを実装できる「ノセマッシ」は、軽トラでオーバーランドするには欠かせないアイテム。ラックの高さも自由に変更でき、アイデア次第で無限の可能性を得られるはずだ。

ちなみにハザード製作の撮影車両はTSDの「ジムキャリィ」フェイススワップキットを装着し、オーバーランダーらしいイカツイ顔つきで自己主張している。これはカッコイイ。

●商品:アクティブカーゴシステム
●仕様:レイトナーシステムに対応
●適合:S500Pハイゼット、DA16Tキャリイ

JWL-T規格クリアのタフなホイール

中心から放射線状に伸びるスポークが大きなアールを描くことで、ひとまわり大きなサイズ感とコンケイブした印象を見る者に与えるプラスチックボム。各スポーク間の脱着式インサートプレートでイメチェンも可能。もちろん車検にも対応する。

【RIVAI OFFROAD・Plastic Bomb(リヴァイオフロード ・プラスチックボム)】
SIZE INSET PRICE
12×4.0J 42 1万2000円
13×4.0J 43 1万3000円
14×4.5J 43 1万6000円
15×4.5J 43 1万7000円
●COLOR:マットブラック
●INSERT PLATE
ブラックカモフラ(12インチ:1万2000円)(13インチ〜:2万6400円)ベージュカモフラ・グリーンカモフラ(2万6400円)

デザインと機能性を両立

オーストラリアで生まれたMONSTAタイヤの新機軸はRTハイブリッド。オンロード志向のオールテレーンとオフロード指向のマッドテレーンの良いとこ取りをしたラギッドテレーンは、オフロードの走破性に静粛性もハイブリッドさせた逸品。

【Monsta Tyres RT HYBRID(モンスタタイヤ アールティーハイブリッド)】
●SIZE:155/65-14、165/65-14

軽トラカスタム2024 まとめはこちら

KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.36 Kトラパーツブック2024 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

ソロキャンに最適だったハイゼット、まるでロッジのような車内もオシャレすぎる!

働くクルマの代表格である軽トラのパネルバンのキャビンをウッディにDIY。 ポイントはクルマ…

軽トラの荷台が田舎の実家に!? 障子に畳、コタツもあります!

トラックの荷台にシェルを載せた「トラキャン」ことトラックキャンパーの魅力をアピールする「おに…

これが軽トラの荷台ってホント!? ソファにテーブル、まるでリビングじゃん!

トラックの荷台にシェルを載せた「トラキャン」ことトラックキャンパーの魅力をアピールする「おに…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon