AVL、First Hydrogen:2台の水素燃料電池駆動の小型商用デモンストレーターバンを製造

AVLとFirst Hydrogen社はパートナーシップを組み、英国市場向けの小型商用燃料電池デモンストレーター車両を提供している。

 2030年の野心的な排出削減目標は、世紀の半ばまでに純ゼロに到達するという目標を達成するために設定された。今後数か月にわたって、特に国連気候変動会議2021(COP26)で、グローバルリーダーがこれらの目標を達成するための計画を打ち出すのを目にするだろう。燃料電池(FC)と水素推進力は、このネットゼロの未来をサポートする重要な要素であり、AVLとFirst Hydrogenのパートナーシップは、このゼロテールパイプ排出技術を探求し、推進する。

 このプロジェクトでは、2台の水素燃料電池を動力源とする小型商用デモンストレーターバンを開発および製造する。これらのバンは、小型商用車の燃料電池技術の機能を紹介し、将来の商用化のためのプラットフォームを提供するために使用される。作業はすでにAVLのエンジニアリングセンターバジルドンで開始されており、2022年の第3四半期に納品される。車両には最新世代のBallardFCgen-LCS燃料電池が搭載され、500キロメートル以上の航続距離が得られる。

 AVLは、3つの専用燃料電池技術センターに25人以上の英国を拠点とするエンジニアと500人のエンジニアを擁し、確立された専門知識、コラボレーション、およびノウハウを利用する、水素駆動燃料電池車開発の強力なパートナー。AVLグループからの追加サポートを利用して、英国チームは以下を実行する。

  • 燃料電池システム(FCS)システムの仕様、設計、サプライヤーの選択、およびシステムマッチング(FCスタック、コンプレッサー、バッテリー)を含む仮想統合
  • プラントバランス(BoP)仕様と高圧水素システム仕様
  • テストベッドおよび車載でのFCSキャリブレーションの最適化
  • 完全な車両パッケージデザインと車両試運転を含む物理的統合
  • 燃料電池コントロールユニット、タンクコントロールユニット、車両コントロールユニット用のコントロールモジュールSW + HW開発
  • AVL DriveによるパフォーマンスベースラインとNVH /ドライバビリティの評価

 First Hydrogenとのプロジェクトは、AVLの燃料電池開発への取り組みを強化する。昨年、同社はAPCが資金提供したFCVGen1.0プロジェクトを完了し、エンジニアリングセンターバジルドンを特注のH2キューブにアップグレードした。これにより、安全で効率的な英国の燃料電池および水素推進プロジェクトの実行が可能になる。

 AVL Powertrain UKのエンジニアリングセンターマネージャーであるBernadette Longridge博士は、次のように述べている。
「AVLチームは、First Hydrogenチームと協力して2台の水素燃料電池デモンストレーター車両を提供できることを誇りに思います。このプロジェクトは、軽商用車エリアであり、世紀半ばまでに燃料電池がネットゼロの目標をサポートする可能性を示すための重要なステップです」

 First Hydrogenの会長であるNicholas Wrigley氏は次のように述べている。
「AVLおよびBallard Power Systemsとのこの重要なパートナーシップを発表できることをうれしく思います。私たちのモビリティ戦略は、既存のEVプラットフォームを使用して2つのプロトタイプデモンストレーターを設計および構築することで構成されています。これらのデモンストレーターは英国で道路法に準拠し、燃料電池モビリティ市場とテクノロジーの学習を迅速に追跡し、将来の水素モビリティのニーズに対応するリアルタイムのテストベッドを見込み顧客に提供します。また、バン、タクシー、中型トラックなど、さまざまな配送を含む車両群を商業化するための特注の燃料電池プラットフォームの設計も開始します。これらは、First Hydrogenチームによって英国で設計され、英国市場および輸出向けに英国で製造されます。First Hydrogenはまた、英国やその他の地域でのグリーン水素生産の実行可能性を評価し、モビリティの顧客に燃料を含むフルサービスを提供できるようにしています」

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部